生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 初詣の基礎知識

初詣の基礎知識

2010年12月13日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

一年の初めにきちんとお参りすることは、日本人に身についた習慣のひとつです。真冬の引き締まった空気のなかで、静かに手を合わせて願をかける、特別な行事ですね。

ここでは、この「初詣」の基礎知識をご紹介します。

ポイント1: 初詣とは

初詣(はつもうで)とは、年が明けてから初めて寺社(神社・寺院)などに参拝することを言います。

一般的に、正月三が日に参拝するのを「初詣」といいますが、1月中に参拝すれば特に問題はないともいわれます。また、回数に関する規定もありません。多数の神社仏閣に参詣すれば、様々なご利益があるという説もあります。

初詣の場所は、神社でもお寺でもどちらでも構わないとされています。除夜の鐘をお寺でつき、そのあと神社で初詣、という方も多いようですね

ポイント2: 願い事

初詣での願い事にも、特に規定はありませんが、年間を通した願をかけるのが一般的といえるでしょう。 
- 家内安全 家族が健康で家庭が穏やかに過ごせるように祈ります
- 商売繁盛 これまで無事に商いが出来たことへの感謝と、今後の安全と発展を祈ります。
- 学業成就 日頃の学業がはかどるように、また資格試験や受験の合格を祈ります

願い事によってお参りする場所を選び、何カ所も回る方も最近は増えているようです。

ポイント3: 注意すること

大きな神社仏閣は、年が明ける直前の大晦日深夜から大変な混雑となります。ご家族連れや、大勢で出かける場合は注意が必要です。

また、日が昇る直前が一番気温が下がります。大晦日からお参りをし、そのまま朝まで過ごす場合などは、きちんとした防寒対策が必須です。

都市部では初詣の旅客のためにダイヤを変更し、終夜運転を行う場合も多いです。事前に確認して出かけましょう。

おわりに

いかがでしたか?いつも同じ場所に出かける方も、毎年行き先が変わる方もいらっしゃると思います。

初詣の習慣がない、というかたも、試しに一度出かけてみませんか?新しい気持ちで新しい一年に向き合えると思いますよ。

本記事は、2010年12月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る