\ フォローしてね /

大阪・京都・神戸から考える関西弁の違い

近頃ではテレビで当然のごとく関西弁が流れていますが、一昔前にはわざわざ直されるような時代があったとか・・・

一口に関西弁と言っても京都、大阪、神戸などそれぞれの土地で少しづつちがっているのをご存知でしたか?まずはその代表的なものを。

何をしているの?

大阪弁

なにしてんねん?  

やや強めのアクセントに聞こえます。

京都弁

なにしてはりますの?なにしてはんのん? 

たまりませんねぇ。。。女子が言うと、これは武器になりますな!

神戸弁

なにしとぉん? 

神戸は語尾伸ばします。やや気の抜けたようなしゃべり方に聞こえるようです。この他、「○○している=○○しとぉ」と、神戸人はほぼ語尾に「とぉ」を付けています。

とても

めっさ、むっさ、もっさ、げっさ、がっさ

これは関西全般に、どれを使っても相手が関西人であれば納得してくれることでしょう。年代的にちょっと???という方であってもニュアンスはわかってもらえます!

関西人たちも、どれがどうなんだかきっとわかっていませんが・・・それでも同じニュアンスの言葉もたくさん使うことによってコミュニケーションを豊かにしようとしています、たぶん。

腹が立つ

業沸く(ごうわく)

明石では(地域限定しすぎですね)「腹が立つ=業沸く(ごうわく)」といいます。若い頃には常用しておりましたが・・・ある程度の年齢になると使えないですね。それからかわいい女の子にはあまり使ってもらいたくない…ですね。

キャンディ

アメちゃん

誰の漫才ネタだったか忘れましたが・・・関西では「キャンディ=アメちゃん」というのが当たり前です。かなり怖いご職業の方もアメちゃんというとか・・

オバ様たちは必ずカバンの中にキャンディを入れていて、知らない子供にも目が合うと「アメちゃん、あげよか?」とくださるのが小さい時からの当たり前の風景だからでしょうか。(半ばねっとりしたようなキャンディが当然のごとく手のひらに押し付けられるわけです。)

小さい頃から、やはり今に至るまでキャンディは「アメちゃん」と言ってしまいます。

おわりに

他の地域の方から見れば、どれも一括りの関西弁なのでしょうが、ところどころの発音やイントネーションでもっと狭い地域が限定できるのが方言の楽しい所。

小さい子供たちの中にはご家庭の方針で絶対関西弁を使わない!という子もいるようですが・・・それはとっても残念な気がします。どこの方言もずっとずっと昔からその土地の人が使い続けてきた言葉なのですから大事にしていきたいですね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2011/03/28-346211.php)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。