生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 記念に残したい!フォトウェディングの体験談

記念に残したい!フォトウェディングの体験談

2016年03月31日作成

 views

結婚式は、「費用が掛かる」や「準備が大変」、「二人とも式をする意思がない」など、さまざまな理由から結婚式をしなかった方々も多いのではないでしょうか?

筆者たちも結婚当初、家庭の事情や準備などを考えると腰が重くなってしまい、入籍だけで済ませ、ずっと結婚式をしないまま数年が経ちました。

それでも、一度は着てみたかったウェディングドレス。そして着せてあげたいと思っている主人。なんとか写真だけでも撮れないかな…と、意を決してフォトウェディングに挑戦してみました。結果、満足のいく仕上がりになり、いい思い出になりました。

この記事では、そんな筆者たちのフォトウェディングの体験談をご紹介します。

目次

費用はいくらかかるの?

  • 写真の枚数
  • フォトブックに仕上げる費用
  • ドレス、タキシードなど衣装のレンタル代
  • 特殊な場所を借りて行う場合はその場所代

費用は上記などにより、約2万円程度から約20万円程度までと幅があります。大抵は上記をまとめての金額設定のところが多いです。

また、さまざまな希望を叶えるために各種オプションが用意されているところもあります。

簡単なもので記念に撮れればいいという程度でしたら、衣装と写真(10枚程度)がパック料金になって約3万円程度からありますので予算や希望にあわせて検討しましょう。

筆者たちの場合、予算は7〜8万円で考えていました。

実際の写真から好みの撮影場所や構図をイメージしよう

どんな写真になるのか、大まかなイメージを掴むためには写真館のホームページに上がっている写真がとても参考になります。

そこで、こんな場所で撮影したい!こんなアングルで撮影したい!という気に入ったイメージの写真を見つけることから始めましょう。カメラマンさんごとの得意な構図や角度もあったり、逆に同じような写真ばかりの場合もありますので、そのあたりも要チェックです。

数人の身内と一緒に撮りたい人、子供も一緒に撮影したいが泣いたらどうしよう…など、実際に相談してみると写真館の方々はいろいろなアイデアを持っています。

筆者たちも最初は漠然としたイメージで探し始めましたが、いくつもの写真を見ているうちに、以下のような希望が出てきました。

  • 好みのウェディングドレスを着て、ティアラをつけて写真を残したい!
  • 青空の下で撮りたい!
  • 出来れば夜の撮影もしたい!
  • ウェディングドレスとカラードレスの2種類が撮りたい!
  • できればチャペルの写真も欲しい!
どうしても譲れない希望をはっきりさせて、希望に合うところを探しましょう。

事前にキャンセル料金や日程変更について確認しよう

万が一、撮影日に体調を崩したり、どうしても外せない急用ができたときのために必ずキャンセル料や日程変更について確認しておきましょう。

キャンセル料については写真館によって、かなりの差があります。都内ではキャンセル料が高いところが多い印象でした。

当日のキャンセル料金が100%負担もあれば50%のところもありますし、前日キャンセルでも20〜80%の負担が発生するところもあれば、前日までに連絡をすれば無料で日程変更可能というところもあります。

屋外で撮影予定だけど雨が降ったらどうなるの?

屋外の撮影を希望していても当日に雨が降れば屋内のスタジオ撮影のみになることが多いようです。それでも費用は変わらないところがほとんどでした。

筆者たちがお願いしたところは、都心から少し離れており、相談に行くと隣接されている撮影場所がびっくりするぐらい狭く、少し古い感じがしました。

でも、ホームページの写真や実際の他の方の写真を見ると、全然そうは見えない=カメラマンの腕がいい!と思い、Webサイトの写真を撮ったカメラマンさんを指名させていただきました。

また雨天の場合延期ができる。しかもそれに関わる費用は一切発生しないとのことで、青空の下で撮りたかった希望が叶えられそうだったこともそこの写真館を選んだ大きな理由でした。実際、最初の撮影予定日は3日前に雨の予報がでたため、1週間後に変更させて頂きました。

可能であれば地元だけでなく、隣県などのスタジオも探してみましょう。

ドレスはどうする?衣装代に含まれるもの・含まれないもの

ドレスが着れればいいわ〜!と思っていても、実際に見せてもらうと欲が出るもの。好みのドレスがなかったり、予想以上に選択肢がなかったり…。

また、ドレスにあわせた化粧をするためのスタイリスト代が別にかかったりする場合もあるので必ず確認しておきましょう。例として、以下のものが挙げられます。

  • イヤリング、ネックレス、ティアラ
  • 手袋(新郎の分も)
  • ブーケ
  • ドレスにあわせた化粧

筆者たちの場合、小さな写真館だったこともあり、着れそうなサイズの段階で主人のタキシードは3択、ウェディングドレスは5択、カラードレスは15択程度でした。

イヤリング、ネックレス、手袋、ブーケも費用内で貸していただけることを確認しました。また気に入ったものがあれば持ち込めば使用できるとのことでした。

ただ、レンタルドレスはある程度の着幅があるようで、Webサイトでモデルさんが着ていた7号サイズのカラードレスが、普段9〜11号の筆者でも普通に着れてしまいました。気に入った衣装があった場合、サイズが違っても試着させてもらうといいでしょう。

カラードレスとタキシードをお借りすることが決まったものの、最後まで悩んだのがウェディングドレスでした。正直、好みのものがなく、またティアラもないとのことでした。

レンタルドレス専門店の相場

写真館のウェディングドレスに気に入ったものがなかったので、いくつかのレンタルドレスの専門店に問い合わせてみました。

ウェディングドレスのレンタルは、

  • すぐに痛まないように縫製がしっかりしている(手間がかかっている)
  • ドレスのクリーニング料金も含まれる

などの理由により、受け取り日+使用日+返却日の3日間の貸し出しで約20万円以上が相場だそうです。

またキャンセル料があったり、撮影日を変更したい場合も他の方の予定が入っていれば希望のものが借りられない可能性も高いです。

筆者たちも予算とあまりにもかけ離れた金額でしたし、天候によっては日程をズラす可能性があったのでレンタルドレス専門店で借りることはやめました。

意外と安い!?ウェディングドレスの販売価格

実は、既製品のウェディングドレスは約3万円前〜10万円程度で買えます。ネットで通信販売もあります。

そこで、近所のウェディングドレスの販売店を見に行ってみました。実際に見ると3着ほど理想のウェディングドレスがあり、3着とも試着をさせていただけることになりました。

試着ではウェストのコルセットも貸してくださり、簡単に髪をアップにし、ドレスに合うような手袋、イヤリング、ネックレス、ティアラをその都度見繕ってつけてくれ、そのまま大きな鏡の前へ。1つのドレスが一目惚れ…こういうのが着たかった!

気に入ったものでも、いざ着てみると似合わないものもあり、普通の洋服以上に、似合う、似合わないがあるなと実感しました。

フォトウェディングを検討した最初の理由が「(好みの)ウェディングドレスを着て写真を撮りたい!」ということだったこともあり、気に入らないドレスならフォトウェディングをする意味がない、ということで、予算オーバーになりましたがウェディングドレス、ティアラ、イヤリング、ネックレスは購入することにしました。費用は全部で約5万円でした。

ドレスは必ず試着させてもらいましょう!

写真は何枚ぐらい撮るの?全部もらえるの?

最初から撮影枚数が決まってることや多めに撮って選んだ中からフォトブックにすることが多いようです。

オプション料金を払うと全部の写真を画像データとして記録したCD-ROMなどをもらえる場合もありますので忘れずに事前チェックしておきましょう。

その際、もらえる画像は1枚の大きさはどの程度なのか、拡張子などを確認しておくことをお勧めします。

大抵の場合は撮影時の高画質なデータのまま頂けるようですが、もし縮小されたデータなどを渡されると、せっかくの記念写真が低画質だったために、後で焼き増しをしたらガッカリ…ということもあるかもしれません。

筆者たちもオプションで約300枚ほどの写真を全て撮影時のサイズ(4992×3328ピクセル)のままJPEG形式の画像データとしていただきました。

撮影当日の流れ

  • ヘアメイクをしてウェディングドレスを着る(1時間半)
  • ウェディングドレスで撮影(1時間半)
  • カラードレス用にヘアメイクを直してに衣装チェンジ(1時間半)
  • まだ明るいうちに数十枚撮影(30分)
  • 日暮れを待ちながらウェディングドレスの写真からフォトブックに入れる写真を選ぶ(30分)
  • 夜の撮影(2時間)
  • カラードレスの写真からフォトブックに入れる写真を選ぶ(1時間)

もっと少ない予算だったり、場所や時間を限定すれば準備をいれても3〜6時間程度だったりすることも多いようです。筆者たちは叶えたい希望が多かったので現地到着14時、写真館を出たのが21時半と非常にハードな撮影でした。

小さいながらチャペルもあり、外も芝生のところ、庭のおしゃれな椅子や門などもありました。スタジオの中やガラス張りの廊下なども利用し、普通に腕を組んだものや手をつないだもの、自然に話してるところを隠し撮りしてくれていたり、顔を近づけたものなど、さまざまなパターンを撮影。

撮影場所自体は非常に狭いのですが、カメラマンさんの腕もあり出来上がりの写真を見るとまったく狭さはわからず、広々とした多彩な場所で撮影したように見えて納得の出来上がりとなりました。

晴天にも恵まれ、最初は緊張していましたがスタッフの方々が最後まで笑顔で声をかけて下さり、とてもリラックスした表情の写真が撮れました。

完成まで

フォトブックとデータについて

後日約300枚分ほどの画像データを全て記録したCD-ROMを頂きました。また選んだ写真25枚ほどを厚い布表紙のついたフォトブックにしていただき、大切な思い出となりました。

最終的にかかった費用

  • 撮影料:6万円(夜間撮影、ウェディングドレスレンタル代、ヘアメイク、タキシードレンタル代、フォトブック作成代、場所代を含む)
  • 天候などの理由により日程変更料:無料
  • CD-ROMでの画像データ料:オプション5000円
  • ウェディングドレス、ティアラ、イヤリング、ネックレスを別途購入代:約5万円

ドレスは使用後、購入店で無料クリーニングをして箱に入れていただき保管してもらい、写真館でかかった費用は、合計約11万5千円でした。予算は大幅にオーバーしましたが、ほぼ希望通りの出来上がりになりました。

ひとつ後悔といえば、ヘアメイクが当日に打ち合わせたため思っていたものと少し違うことでした。

これは事前にしっかり打ち合わせをしたり、参考になりそうな画像を持ち込んだり、ヘアメイクを出張してくれる専門の方を探したりする方法もあったと思います。

おわりに

フォトウェディングは結婚式より敷居が低く、ご夫婦の新たな思い出に残るイベントです!迷っている方はまずはどこかの写真館に相談してみるとイメージがわきやすいので是非トライしてみましょう。

みなさまも素敵なフォトウェディングになりますように!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20160329153409 56fa21e11dea4

本記事は、2016年03月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る