生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初めてハワイへ!ESTA申請の流れ

初めてハワイへ!ESTA申請の流れ

2010年12月13日作成

 views

はじめに

年末年始のお休みや春休みを利用して、ハワイへ旅行する予定の方もいらっしゃると思います。ハワイを含め、アメリカへ旅行する際には事前にESTA(電子渡航認証システム)の申請が必要です。

米国大使館ESTA公式ウェブサイトで必要事項を入力すると、ほぼ即時に認証されます。ツアー会社などに代行依頼すると、それだけで5000円程度かかることがありますので、ぜひ自分で申請してみましょう。

9月8日以降は、自分で申請した場合でも14ドルの支払いが必須になります。使用できるクレジットカードは、マスター、ビザ、アメリカンエクスプレス、ディスカバー(JCB)です。

ESTA申請の流れ

1:申請書の入力、送信、番号の確認

米国大使館ESTA公式ウェブサイトから、入力画面へ移動し、必要事項をローマ字で記入していきます。すべての項目にヘルプがついていて説明をすぐ読むことができます。

手元にパスポートとクレジットカードを置いておくと、見ながらスムーズに入力できます。

送信後、申請番号が発行されます。申請番号は情報を更新する際に必要となりますので、このページを印刷するか控えておいてください。

2:支払い

Pay(支払い)ボタンをクリックしてCBPオンライン支払いフォームに進んでください。クレジットカード情報の入力が必要です。間違いがないかよく確認してから情報を送信します。

3:申請状況の表示(3種類)

回答はほぼ即座に表示されます。「渡航認証許可」は、ESTAが承認されたので、ビザ免除プログラムでの渡米が可能です。申請番号と有効期限が表示されていますので、印刷して保存しておいてください(空港で提示する必要はありません)。

「渡航認証保留」の場合、ESTAは審査中です。再度ESTAサイトにアクセスし、申請状況を確認しましょう(申請後72時間以内に確認可)。「渡航認証拒否」の時は、ESTAは承認されませんでしたので、最寄の大使館・領事館でビザの申請が必要です。

おわりに

少し手間がかかりますが、一度認証許可されると2年間、またはパスポートの有効期限などの再申請をしなければならない状況が発生するまで有効ですので、ぜひご自分で挑戦してみてください。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101213165333

本記事は、2010年12月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る