生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 若者必見!お得にワンランク上のハワイ旅行

若者必見!お得にワンランク上のハワイ旅行

2016年03月05日作成

 views

ハワイは多岐にわたって楽しめることから、リゾート地として老若男女から大人気の旅行先です。しかし旅行費用が高額なことから、大学生など若者には少し手が出にくいですよね・・・。

昨年9月に旅行した筆者の体験を元にお得にハワイを楽しむためのポイントを紹介したいと思います。

ハッピーアワーを利用しよう

ハワイの飲食店では、ほとんどのお店がハッピーアワーを開催しています。時間帯は主に15時~18時。閉店間際の時間帯も開催しているお店もあります。ハッピーアワーの時間に入店すると、食事やお酒が30~50%OFFで楽しめます。

ハッピーアワー開催のおすすめレストラン&バーをご紹介します。

RumFire-ラム・ファイヤー(シェラトン・ワイキキ内)

画像を表示

ラムファイヤー(シェラトン ワイキキ) (ホノルル) の口コミ672件 - トリップアドバイザー

ラムファイヤー(シェラトン ワイキキ)(ホノルル)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!ラムファイヤー(シェラトン ワイキキ)はホノルルで107位(2,250件中)、4点の評価を受けています。

www.tripadvisor.jp

ロケーションが抜群です。オーシャンビューの席で、ワインやビール、ハワイアンカクテルが6ドル前後で楽しめます。

ウルフギャング・ステーキハウス(ロイヤル・ハワイアン・センター内)

画像を表示

ウルフギャングズ・ステーキハウス (ホノルル) の口コミ1,400件 - トリップアドバイザー

ウルフギャングズ・ステーキハウス(ホノルル)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!ウルフギャングズ・ステーキハウスはホノルルで132位(2,250件中)、4点の評価を受けています。

www.tripadvisor.jp

丸の内、六本木などにも店舗を構えるウルフギャング・ステーキハウスのワイキキ店です。サーロイン・ステーキ、サイドディッシュ、デザートの3点セットが$34.95で楽しめます(夜に行くと同じメニューで倍くらいかかります)。

チーズバーガー・イン・パラダイス

画像を表示

チーズバーガー・イン・パラダイス (ホノルル) の口コミ2,309件 - トリップアドバイザー

チーズバーガー・イン・パラダイス(ホノルル)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!チーズバーガー・イン・パラダイスはホノルルで96位(2,250件中)、4点の評価を受けています。

www.tripadvisor.jp

上の2つのお店は旅行ガイドブックなどでも紹介されており、やはり混雑しています。しかし、このお店はワイキキビーチの目の前のロケーションですが、お店も広いことから比較的すいています。気取らずにちょっとビールとおつまみを・・・という方!いかがでしょうか?

ハワイではお酒は21歳以上しか飲めません。年齢確認も日本より徹底されていますので、パスポートのカラーコピーや国際免許書、国際学生証を持ち歩くことをオススメします。

市バス(The Bus)を利用しよう

ハワイには市バスが様々な路線で走っています。料金は一律2.5ドル。人気の観光地、ノースショアやハレイワ、ハナウマ・ベイやアラモアナ・センターへも市バスを使って行くことができます。しかも嬉しいことに、2時間以内だと乗り継ぎが無料です。乗り継ぎが予想されるときは運転手さんに「トランスファープリーズ」と伝えましょう。時間の記された紙を渡してくれます。

ワイキキ以外へ観光するときに、現地オプショナルツアーを予約する方も大勢いると思いますが、ホテル前から往復送迎してくれるだけで、30ドル~50ドル近くかかります。市バスで行くと往復5ドルですね!残りのお金でちょっと贅沢なランチを楽しんだりお土産を奮発できます。

さらに市バスだと時間にとらわれずに、移動したい時間に移動できるのも嬉しいですね!

市バスではキャリーケースのような大きい荷物を持って搭乗することはできません。空港からの移動や、ショッピングしすぎたときには、シャトルやタクシーを使いましょう。

(image by amanaimages 1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 7799d833 5b2b 46e7 bf65 d36147e77a5a thumbnail
  • 946b81b4 b8b1 4eb7 9bcf 6a1e47c71e88 thumbnail

本記事は、2016年03月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る