\ フォローしてね /

麻雀の符計算のやり方

このライフレシピのもくじたたむ

麻雀の点数計算をややこしくしているものと言ったら、符計算ではないでしょうか。

ですがポイントさえ覚えれば、あとは足し算をするだけなので簡単です。覚えることが少し複雑ですが、きちんと理解すれば大丈夫です。

符の基本

副底(基本点)20符は必ずつくものなので、この20という数字よりも低くなることはありません。

この基本点以外はあがった時の状況に応じて違ってくるので、どんな時にどうなるのかを覚えましょう。

あがり方

メンゼンロン(鳴いていない状態でロンあがりの場合)だと10符、ツモなら鳴き、メンゼンに関わらず2符付きます。

メンゼン 鳴き
ロン 10符 付かない
ツモ 2符 2符
ツモでも、例外としてピンフツモのみの場合は基本点20符のみです。ツモの2符は付きません。

待ちの形

リャンメン、シャボ、カンチャン、ペンチャン、タンキの5種類(多面待ちだとしてもこのいずれかにあたるので)に分かれますが、ここで覚えるべきはどの待ちの形に符がつくか(またはその逆)です。

まず符がつく待ち方、

  • カンチャン
  • ペンチャン
  • タンキ

この3つはそれぞれ2符付きます。多面待ちの場合はリャンメンやシャボなどと複合している場合が多いので解りにくいこともありますが、この3つは符が付くと覚えてください。

逆に、

  • リャンメン
  • シャボ

この2つは符が付きません。一般的に不利な待ち(一概には言えませんが)は点数が高くなりやすいんだなぁといった感じで覚えておくといいかもしれません。

組み合わせ

チュンチャン牌とはタンヤオで使う牌(2~8)、ヤオチュウ牌とはそれ以外(1,9,字牌)です。
雀頭(アタマ) 役牌のみ2符
刻子(ミンコー) チュンチャン牌2符
刻子(アンコー) チュンチャン牌4符
槓子(ミンカン) チュンチャン牌8符
槓子(アンカン) チュンチャン牌16符

雀頭に符が付くのは役牌の場合だけです。ヤオチュウ牌全てではありません。

例えば自分が西家で西が雀頭になっていれば2符付きますが、西がオタ風(自分の風牌でない)の場合には符は付きません。鳴いて役になるものをアタマにすると符が付くと思っていれば良いでしょう。

刻子(同じ牌3つ)や槓子(同じ牌4つ)は倍々になっているので覚えやすいと思います。

ちなみにミンコーやミンカンは鳴いて作ったもの、アンコーやアンカンは自分がツモってきた牌で出来たものです。

例外

上記のポイントを押さえておけば自分で点数計算が出来ます。ですが、基本に当てはまらない例外もあるのでそちらも合わせて覚えておきましょう。

チートイツ

2飜 1600(400/800) 2400(800オール)
3飜 3200(800/1600) 4800(1600オール)
4飜 6400(1600/3200) 9600(3200オール)

チートイツは特別で、点数が固定されています。

食いピンフのロン上がり

食いピンフ、つまり鳴いたけど形としてはピンフと同じ、4面子がシュンツで雀頭が役牌以外という形です。鳴いているのでもちろんピンフは付きませんが、形はピンフと同じですね。

この場合は30符と決まっています。食いタンでよく出くわす場面だと思うので、覚えておきましょう。

実践

例外以外は、符の基本で書いたとおりに符を足していき、1の位を切り上げで計算します。

例えば30符ならそのまま30符ですが、32符になった場合は切り上げなので40符とするということです。

足していくだけなので覚えてしまえば難しいことはないと思います。どういったときに符が付くか、ということと、例外だけはきっちり覚えておきましょう。

おわりに

符で挫折してしまう人も多いようですが、点数計算は大半は覚えてしまえば簡単な事ばかりです。

ポイントだけ押さえて覚え、自分で点数計算できるようにしておきましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。