生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 結婚式を失礼なくこなすコツ

結婚式を失礼なくこなすコツ

2010年12月13日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

結婚式は結婚する2人の幸せを祝うすばらしい会です。できることなら、粗相はしたくないですしほかの人を不快にはさせたくないですよね。

今回は結婚式を何事もなくこなすために、知っておきたい結婚式のマナーを紹介したいと思います。

招待状について

返事はすぐに

当たり前のことですが、招待状が届いたら早めに返事しましょう。遅れてしまうと、料理など人数が把握できずに迷惑がかかってしまいます。

出欠がはっきりしない場合も、その旨を早めに教えてあげてください。

欠席の場合はすぐに返事はしない

しかし、すぐには返事しないほうがよい場合もあります。それが欠席する時ですね。

送り主からしたら、招待したらすぐに断りの返事がくるって寂しくなりますよね。遅らせすぎは迷惑がかかりますから、4~5日後くらいに返事しましょう。

参列のマナー

服装について

服装は基本的には正装です。注意しなければならないのは女性は白いドレスを着てはいけないということですね。

花嫁とかぶってしまうためです。花嫁が一番目立たなければいけませんから、女性は白い服は控えましょう。男性は洋装ならスーツで大丈夫です。

遅刻は厳禁

当然遅刻はNGです。当日はすこし早めに着くくらいを目標に、余裕をもって出発しましょう。

荷物はハンドバッグのみ

荷物は基本的には小さなハンドバッグのみとなります。冬などでコートがある場合はクロークに預けましょう。

雰囲気作りに協力する

会場では知らない人でも積極的に話しかけ、和やかな雰囲気作りに協力しましょう。

そして新郎新婦と話す際は、招待してくれたことの感謝と、お祝いの言葉を忘れずに言ってあげてください。

退場の時

見送ってくれる方々にきちんと挨拶

ゲストが帰る際は新郎新婦やその親戚の方が見送ってくださいます。すれ違うたびに「今日はありがとうございました」とお礼を言うようにしましょう。

おわりに

いかがでしょうか。結婚式のマナーの基本を紹介しました。これから結婚式に参列する予定がある人の参考になれば幸いです。

本記事は、2010年12月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る