生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新潟県佐渡島の方言

新潟県佐渡島の方言

2010年12月13日作成

 views

新潟県の西方に位置する佐渡島。そこはかつて、罪人を島流しにした島で、金を掘っていた島です。

京都から流される罪人が多かったため、佐渡島には数多く京文化が残っています。

そんな素敵な島、佐渡から本土へ渡って、全く通じなかった方言をご紹介します。

目次

ごむしんだ

ゴムが死んだわけではありません。「ごむしん」はお願いだからという意味です。

会社に入社したての頃、コピーのやり方を教えてもらおうと先輩に「ごむしんだから教えてください。」と言ったところ、「はっ?」と言われ、意味を説明しようとあたふた。

うまく説明できずやっと通じたら大笑いされました。

むつごい

命乞いの仲間ではありません。「むつごい」は味が濃い・あまったるいという意味です。

いろいろな意味で使われます。例えば「あの人むつごい!」は、あの人気持ち悪い!という意味になります。味の面だけでなく、容姿や行動を気味悪がる時にも使われます。

だちかん

これは、らちがあかない・だめだの意味です。

機械が故障した時に「こりゃあ、だちかんわ。」と言ったらそこに
いた人たちに???という顔をされました。

そりゃそうですよね、通じないのも無理はないでしょう。でも、意味を説明したら、「面白いから次から使おう。」という人も。方言パワーにはびっくりです!

よんどこない

呼んでもこないではありません。「よんどこない」はみっともない・恥ずかしいという意味です。

転んだりすると、その場にいた人が助けてくれるのですが、「よんどこねぇなぁ」と言われます。

だんだん

これを言うときは、だん↑だん↑みたいに「だん」一つごと上にあげて発音します。「だんだん」の意味はそろそろ・ぼちぼちの意味です。

どこかの方言で「ありがとう」の意味があるとやっていましたが、地方によって違うんですね~。初めて聞いた時びっくりしました。

おわりに

まだまだ方言はありますが、特におもしろいと言われたものをご紹介してみました。方言って、言葉の響きに暖かみがあってとてもいいものですよね。

本記事は、2010年12月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る