生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 無茶ぶりから射撃音まで!起こすためなら何でもする目覚まし時計8選

無茶ぶりから射撃音まで!起こすためなら何でもする目覚まし時計8選

2016年01月26日作成

 views

お気に入り

目覚ましをとめて時計を見たら7時だったのに、一瞬まぶたを閉じただけで8時にタイプスリップしてた。そんなミラクルを体験したことはありませんか?聞き慣れたアラーム音、音を止めやすい設定に慣れてしまうと、目が覚めるほどの刺激にはならないのかも。

最近は、アラームを止めるためのミッションを強要したり、コーヒーを淹れて優しく起こしてくれたりと、目覚まし時計もかいがいしく進歩しているよう。お寝坊なご主人をなんとしても起こそうとする、容赦ない目覚まし時計をあつめてみました。

目次

脳の覚醒をうながされる系

与えられた指示をクリアしないと鳴り止まない

米マイクロソフトがリリースしたAndroid向けアプリ「Mimicker Alarm」。与えられた時間は30秒。指示された表情で自撮りするか、色を探して写真を撮るか、早口言葉を言わなければアラームは鳴り続けるんだとか。もちろん時間を過ぎてもダメ。これもご主人を起こすためです。

参考:Microsoft Garage Project - Mimicker Alarm

射的が当たらないと鳴り止まない

ご主人が的の中心に命中させるまで、意地でもアラームを止めてくれません。惜しくてもオマケはなし。縁日のおじちゃんよりも厳しい、鬼コーチによる寝起きのトレーニング。毎朝続けたらスナイパーとしての腕も上がりそうです。

音がスゴイ系

陸上自衛隊起床ラッパ&各車両射撃音で起こされる

こちらはもともと自衛隊の基地内でのみ限定販売されていたものだそう。陸上自衛隊の起床ラッパと74式戦車・榴弾砲 FH70・武装ヘリコプター AH1Sの射撃音など、本物のナマ音を収録しているのでマニアも納得の迫力音なんだとか。起床は戦争です。

肉体にムチ打つ系

ダンベルでトレーニングしないと鳴り止まない

ダンベル自体は電池込みで約545gと、重いものではないようですが、自分で設定した回数を持ちあげないと鳴り止まないそう。ダンベルをあげる回数は自分で設定させてくれるところに、ちょっぴり優しさをにじませています。

飛んで逃げたプロペラを拾ってこないと鳴り止まない

ご主人を布団から引きずり出すために、かいがいしく飛び立ちます。もちろん偶然どこかの隙間に挟まってしまっても、着地点を見失って探しまわることになっても、アラームは鳴り続けます。

起き上がらないと鳴り止まない

こちらは資金調達サイトKickStarter(キックスターター)で話題になっている商品です。マットを踏み続けなければ、アラームが鳴り止まない設定なんだとか。自分の好きな曲をパソコンからダウンロードして流すことも出来るそう。しかし布団派は寝たままマットの上に転がれば、アラームを止められそうなので、ベッド派専用のアイテムのような気もします。

優雅な朝を楽しむ系

淹れたてコーヒーの香りでつられる

こちらはコーヒーの粉とミルクさえセットしておけば、指定の時間にかいがいしくコーヒーをいれてくれるという、やさしさあふれる仕組みのようです。ちょっとバック・トゥ・ザ・フューチャーの自動朝食マシンを思い出します。あの香りで目ざめるなんて、コーヒー好きにはたまりませんね。

該当サイト:Barisieur — Joshua Renouf

朝日が起こしにくる

朝日の光に近い、まぶしい光で起こしてくれる目覚まし時計。こちらの明るさは蛍光灯では出せない数値なんだとか。徐々にまぶしくなっていくサンライズ機能で、爽やかに目ざめることもできますが、設定すれば爆光の点滅+大音量アラームモードで、強烈な目ざめを迎えることもできるそう。ご主人のご要望に合わせてアメとムチを使いわける、デキる目覚ましですね。

眠気と戦うための相棒をさがそう

現代人は眠る直前までPCやスマホの明るい光を見ている影響で、睡眠リズムが乱れ、寝つきにくく目ざめにくい夜型の傾向があるそう。二度寝の誘惑にも負けずに時間通り起きられる、名パートナーが見つかると良いですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 45710f4e 4d07 462c aac7 67d5189bd184

本記事は、2016年01月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る