生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 秘書検定を取る方法

秘書検定を取る方法

2010年12月13日作成

 views

はじめに

社会人の女性に人気の資格である秘書検定を知っていますか?秘書検定は、正式名称は「秘書技能検定」といい、文部科学省認定のもと、財団法人実務技能検定協会が実施する資格試験です。

秘書検定だからといって、秘書になる人だけが目指す試験ではありません。最近では、事務職に就職や転職を希望する人はもちろん、自らのスキルアップのために、この秘書検定を受験する人も増えています。

今回は、秘書検定について紹介します。今まで秘書検定を知らなかった人も、これから取得しようと思っている人にも読んでほしい記事です。

秘書検定を取る方法

まず秘書検定とは

秘書に関連する資格は、公的資格・民間資格などさまざまですが、その中でも最もよく知られ、また最も人気の高いのが秘書検定です。

秘書検定の試験内容は、秘書の仕事に就いていると想定した問題がほとんどですが、マナーや待遇、ファイリングや名刺の整理等、職務知識を広く問われる内容となっています。

秘書検定の各級は、1級、準1級、2級、3級という4つのグレードに分けられていて、秘書検定1級は超が付くほどの難関とされています。また、秘書検定3級は比較的合格しやすくなっており、多くの人が受験しています。

秘書検定

秘書検定の受験目安

秘書検定を受けるときに、何級から受けたらよいのかわからない人も多いと思います。

一番低いのが3級です。社会に出たことがない人、学生さんには3級から受ける人が多いです。

社会に出て、マナーやビジネス経験を学んだ人は2級から受験しても合格しやすいそうです。

3級は、秘書の業務について理解し、初歩的な秘書業務を行うのに必要な知識・技能を持っている、とされます。

また、2級は、秘書の業務について理解し、一般的な秘書業務を行うのに必要な知識・技能を持っている、とされます。

どのように勉強すればよいのか

秘書検定は2級、3級は筆記試験のみ。準1級、1級は筆記試験および面接試験があります。

2級、3級を受ける人は、過去問がある問題集を勉強することをオススメします。何冊も購入するのではなく、1つの問題集を何回もミスがなくなるまで勉強することをオススメします。

1級、準1級を受ける人は、身だしなみや、言葉遣い等も気をつけなければいけません。

根気よく勉強し続けることが大事になります。以下に2つの秘書検定問題集を紹介しておきます。
秘書検定試験2級実問題集〈2010年度版〉
秘書検定試験3級実問題集〈2010年度版〉

おわりに

資格は現在たくさんあります。女性に人気のある試験である「秘書検定」。受験しようと考えている人は、今回の記事を是非参考にしてみてください。

本記事は、2010年12月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る