生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. マスターすれば和服美人!振り袖でおしとやかに階段を昇り降りする方法

マスターすれば和服美人!振り袖でおしとやかに階段を昇り降りする方法

2015年12月24日作成

 views

成人式では振り袖を着る女性が多いですね。見ているだけならとても美しく楽しいものですが、着ている方はというと楽しいだけではすまないようです。普段着慣れていないものなので、引っ掛けたり、汚したり……。注意が必要なシロモノです。

今回は、振り袖での階段の登り方・降り方を紹介します。マスターすれば振り袖姿で階段を優雅に、突っかからずに昇り降りできるようになります。成人式までに習得して、着物が似合うきれいなお姉さんを目指しましょう!

振り袖で歩いているときに汚しやすい部分って?

袖、裾は要注意!

着物と洋服とで一番違う部分といえば袖の形状。振り袖ともなればかなり長く地面まで付きそうなほど。階段の昇り降り以外にも、初心者は汚したり引っ掛けたりがしょっちゅうだそうなので気をつけましょう。

また、裾も油断できません。最近は足首まで隠れるロングスカートもあるので平気平気!と思っている人もいるかもしれませんが、着物と洋服は別物です。着物は帯でしっかり固定されており、あまり自由に動き回ることはできません。

マスターすればおしとやかに見える!

このように動きが規制される部分が多いのが着物ですが、その分、動きをマスターすれば洋服でいる時よりもおしとやか、優雅に見せることができます。成人式に向けて大人っぽい自分を演出できるといいですね。

振り袖での階段の昇り降り

ポイント

  • 袖は重ねて持つ
  • おはしょりの下辺りを少し持ち上げる
  • 体は進行方向の少し斜めに向ける

階段だとよりひきずりやすくなってしまう袖。踏んだり引きずったりしないように重ねてつまむか、片手でまとめて持つかしましょう。

おはしょりのちょっと下辺りを持ち上げると歩きやすくなります。階段でも足首が丸見えになると下品なので、あくまでも少しだけ持ちあげましょう。一段づつ足を揃えてちょこちょこ登ってください。

また、体を斜めにすると驚くほど歩きやすくなるとのことです。

参考動画

そこまで難しいことではありません。この動画を参考にして、ちょっとずつ、一歩一歩進んでみてください。降りるときも同じように降りましょう。

振り袖のときはおしとやかに、ゆっくり動こう

着物で動くときは洋服のときよりも制限が多く、慣れるまでは動きにくいですね。振り袖であればなおのことです。しかし、「おしとやかに、ゆっくり」ということを念頭に置いていればそこまで難しいことはなさそう。振り袖初心者の女子たちはしっかり動画を見ておいてくださいね。

(image by 写真AC)

著者:rinko

この記事で使われている画像一覧

  • Ced9a21e 2a4a 45bd ad28 3649df4914ba thumbnail

本記事は、2015年12月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る