生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3. 100円で生活が劇的に変わる!便利すぎる「100均文房具」まとめ

100円で生活が劇的に変わる!便利すぎる「100均文房具」まとめ

2015年11月27日作成

 views

普段から文房具にお金をかける、という方はどのくらいいるでしょうか。消耗品なので、定期的に購入はしているけど、いつも使っているものを買い換えているだけという方は多いと思います。

それに、1つ1つの値段はそこまで高くないとしても、興味を持った商品やシリーズを揃えようとすると、それなりの金額になってしまっていますよね。安くて、デザインが良くて、機能的な文房具があれば最高なのに……。というのは多くの方の意見だと思います。

実は100円ショップの文房具が、そのすべてを満たしているということで注目されています。お昼のテレビ番組でもその特集が組まれたりもしました。

そこでここでは、安くて、デザインが良くて、機能的な100円文房具をジャンルごとにご紹介します!

目次

100円ショップのおすすめ文房具 ノート編

セリア B6 フリーノート

ロフトで販売されている超人気手帳「ほぼ日手帳」と同じ使い方ができるノートです。本家の方はカバーとセットにすると、3000〜4000円ほどかかってしまいますが、同じくらいのボリュームでこちらは100円です。

そのボリュームと自由性ゆえに挫折者が続出したほぼ日手帳ですが、高いお金を払っても続かなければ意味がありませんよね。ですので、後々ほぼ日手帳に切り替える前に、まずはこのフリーノートで練習してみるのも1つの手ではないでしょうか。

ダイソー ホワイトボードノート

こちらも先ほどの、ほぼ日手帳の簡易版と同じような商品です。欧文印刷株式会社が発売した「Nu Board(ヌーボード)」という商品が、ホワイトボードノートの先駆けと言われており、それとほとんど変わらないダイソーの商品がコレ!

ホワイトボードを使ったことのある方ならわかると思いますが、あのツルツルしたかき心地はやみつきになりますよね。消すのも簡単なので、本当にストレスが溜まりません。しかし、持ち運びの点や保存性という点ではノートに負けていた部分があります。

それらをすべて解消したのが、こちらのノートです。シンプルで使い勝手のいいホワイトボードノート、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか!

100円ショップのおすすめ文房具 筆記具編

セリア ZEBRA 万年筆 フェンテ

まず、ZEBRAという文具メーカーの万年筆が100円で買えるということが嬉しいですよね。シャープペンシルやボールペンだけでは物足りない、もっと形から入ってみたいという方にもおすすめです。

フェンテはペン先が硬いため、筆圧の強弱によって線の太さを調節することがほぼ不可能。ですが逆に、筆圧に左右されることなく一定の太さで線を書けるのが強みです。インク残量が目に見えてわかるデザインも嬉しいですね。

もちろん万年筆という以上、インクの滑らかな感覚や書き心地を見事に再現しています。上で紹介した、「ほぼ日手帳もどき」との相性も抜群です。合わせて購入してみてください!

ダイソー コロけし

日テレお昼の情報番組、『ヒルナンデス!』でも紹介されたアイデア文房具です。転がすだけで書いたものを消せる、というキーワードはとてもインパクトがありますよね。「そんなものがあるなら、消しゴムなんていらないじゃないか!」と。

ところがどっこい、消えるんです。なんせ先端のローラー部分は、粘着性のあるポリエステル樹脂。そこに鉛筆の粉を付着させることで、紙に書いたものが消える、というわけです。ローラーに付着した鉛筆の粉は、セロハンテープやガムテープなどで落とせるので、繰り返し使えるのが嬉しいポイント。

しかし、消す力が粘着力頼みなので、濃い鉛筆だと粉が残ってしまったり、筆圧が強いと跡が残ってしまったり、とうまく消えないこともあるそうです。それでも赤ちゃんなどが誤飲しがちな、消しゴムのカスがでないというポイントは大きいです。クリーン性を重要視される方は、買いですね!

ダイソー マスキングメモ

ダイソーのマスキングテープと言ってしまえばそれまでですが、ポイントはその使い方にあります。マスキングテープと聞くと、便箋などをデコレーションするときに使う印象がありますが、こちらは真っ白です。

メモの名の通り、書き込むことができるので、そのままノートやパソコンなどに貼り付けて付箋として使うことができます。そしてさらに、FAXの送り状など相手に直接渡さない書類であれば、修正テープ代わりとしても利用できるのです。4種類の幅があるので、いろんな状況に対応できそうですね。

弱粘着性なので、一度紙に貼った後も、剥がして新しいものを貼ることができます。一見シンプルなのに、ものすごい応用力。書類を扱う方は、1つ持っておいておいても損はしませんよ!

100円ショップのおすすめ文房具 デスク周り編

ダイソー まわるホッチキス

ホッチキスが回ったところで何がいいのかわからない、という方も多いと思います。書類を綴じるだけなら、普通のホッチキスでも問題ありませんよね。しかし、紙の内側や中心に近い部分を綴じようとしたときに、針が届かなかったり、針が斜めになってしまい困ったことはありませんか?

それを解決してくれるのが、回るホッチキスなのです。スタンプ部分が回転することで、従来のホッチキスと違い垂直に針を打ち込むことができます。そうすることで、折った紙を綴じて簡単に冊子を作成できるようになりました

書類を1ヶ所だけ綴じるのではなく、冊子状にすれば、見栄えもグッド。仕事の効率も上がるかもしれませんね!

ダイソー コンパスカッター

コンパスとカッターを合体させて、円を綺麗に切ることができるようになったのが、このコンパスカッターです。あまり円形に切り抜きたいと思ったことはない、という方もいると思いますが、持っていると意外と便利なんですよ!

厚紙やデコレーションしたダンボールをコンパスカッターで丸く切り抜けば、コースターとしても円形の台としても使えます。また、目盛りがしっかりついているので、半径の長さも正確に指定することができます。

切れ味も良いので、うまく切れずに紙が破れることもありません。どうしても周りの紙を切らずに、円形に切り抜きたいという方は、ダイソーへGO!

ダイソー 強力吸盤テープカッター台

テープを固定してくれる、どこにでもあるようなテープカッター台です。しかし、これは従来型の本体重量で固定するタイプのテープカッターではなく、強力な吸盤で本体を固定するテープカッターなのです!

重りがない分、本体のデザインはシンプルかつコンパクト。しかも吸盤で固定するため、デスク横の壁などにくっつけて使うこともできるのです。机の上がごちゃごちゃしていて、テープカッターを置くスペースがない、という方。省スペースにもなるので、ぜひ使ってみてくださいね!

ダイソー やわらかものさし

その名前通り、くねくねと形を変え、曲面でも長さを測ることができるものさしです。

丸いものや反ったものの長さを測りたいと思っても、いちいちメジャーを用意するのは面倒ですよね。しかもメジャーだとするっと簡単に動いてしまうので、使い勝手の悪さがありました。しかし、「やわらかものさし」は、素材がそれなりに硬いため、曲面でもしっかり固定することができます

それに、曲げて使われることを考えて作られているので、どういった使い方をしても目盛りが伸びたりしません。平面でも曲面でも正確さを失わないのも、100円とは思えないポイントですね!

セリア 印鑑ホルダー ぱかっとポン

ワンタッチで捺印できる、というのがキャッチコピーの商品です。テレビ番組でもおすすめの文房具として紹介され、その直後から在庫切れが続出しているくらいに人気なのです。

まず、捺印に朱肉台を必要としないのがポイント。開くキャップの裏に朱肉がついており、開けた瞬間から印鑑が押せる状態になっています。印鑑自体もこのホルダーで固定されているので、わざわざホルダーから取り出す必要もありません。

朱肉台につけて滲んでしまったり毎回押した後にティッシュで拭いたり、という面倒な動作をすべて省いてくれる、超お役立ちアイテムです!

100円ショップはアイデアの宝庫

家やオフィスで普段使っているような文房具ですが、100円ショップにはまだまだ知られていないアイデア文房具が眠っているのです。

物によっては100円でも、似たような文房具より有用だったりするので侮れません。持っていて絶対に損しないアイテムばかりなので、常に新作などはチェックしておきましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 971fabbc 55c5 4999 bf3c 11145a1487cd thumbnail

本記事は、2015年11月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る