生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 他の人と被らない本当に喜ばれるお歳暮って?センスが良いと思われるコツ

他の人と被らない本当に喜ばれるお歳暮って?センスが良いと思われるコツ

2015年11月18日作成

 views

お気に入り

そろそろお歳暮シーズン。今年は何を贈ろうかと頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

せっかく贈るなら本当に喜んでもらえるお歳暮を贈りたいもの。シーンごとに喜ばれるお歳暮をまとめてみました。

状況別 本当に喜ばれるお歳暮とは

贈ってはいけないとされるもの

喜ばれるお歳暮の前に、贈ってはいけないとされている品物を確認しておきましょう。

一般的にお歳暮で贈ってはいけないとされているのは以下のようなものです。

−靴、スリッパ、靴下など(相手を踏みつける意味がある)
−時計や筆記用具、鞄など(「勤勉奨励」の意味があるので、目上の方に「もっと勉強しなさい」と言う意味になってしまう)
−ハンカチ(手巾(てきれ)が手切れに通じるので、縁を切りたいという意味になってしまう)
−刃物(縁を切る意味になってしまう)

また、案外見落としがちですが取引先に贈る場合に気をつけたいのが、ライバル、競合会社の商品を贈ってしまうこと。関連会社で食品会社を経営している場合もあるので、競合関係はよく調べて贈るようにしましょう。

続いて、贈り先の状況別に喜ばれるお歳暮について説明します。

お子さんが多い家向け

お子さんが多い家には、全員に行き渡る数が足りたものを贈ることが大事ですが、食事の用意が大変なお母さんの手間が楽になる鍋セットなども喜ばれます。

沢山入った冷凍餃子や点心のセット、レトルトのカレーの詰め合わせなどは、みんなで食べられる上に食事を作る手間も省けるので、家族みんなに喜ばれるでしょう。

取引先向け

会社だと大きな冷蔵庫がないところもあるので、分からない場合は以下の3点を気にしてみましょう。
- 包丁がいらないもの。
- 小分けしやすいもの。
- 生鮮食品などは贈らない。

部署の人数が分かるなら、全員に行き渡るような小分けできるお菓子や、「小腹が空いたときに嬉しいもの」が喜ばれます。

子供のいない夫婦向け

共働きでガッツリ働いているご夫婦だと、調理する時間がないことも。食材を贈る場合は冷凍保存ができるものが良いでしょう。魚や肉の粕漬けや味噌漬は保存が効く上にあとはご飯だけ用意すればいいので、忙しい夫婦には喜ばれますよ。

一人暮らしの方向け

料理をするかどうか分からない方に生鮮食品や調理が必要なものを贈るのはNGです。冷蔵庫が小さい場合があるので、フルーツなどを贈るよりも常温で保存が効くものが良いでしょう。スープやお粥などは体調を崩したときにお歳暮でストックがあるととても便利です。一流ホテル監修のものなどであれば、万人受けする味付けなので安心ですね。

グルメな方向け

グルメな人に美味しいものを贈るのは緊張しますね。舌が肥えていたり、添加物に気を遣っている方が多いのでせっかく贈っても口に合わない場合もあります。

そんな人に贈るなら、高級ミネラルウォーターはいかがでしょうか。水は毎日飲みますし、健康に気を遣う方にも嬉しいもの。硬水だとミネラル分が多すぎて飲みにくいものがあるので、軟水を選ぶのがオススメです。

また、難しいのが「ワイン好き」な方向けのお歳暮です。ワインを贈ってしまいたくなりますが、好みがくっきり分かれるものなのでワイン好きにワインを贈るのは難易度が高いです。それよりはワインに合うおつまみなどオードブルを選んでみるのはいかがでしょうか。チーズの詰め合わせなども喜ばれるでしょう。

高級アイスクリームなども良いかもしれません。日持ちもしますし、万が一口に合わなかったとしても来客用にすることもできるので困りません。

年配の老夫婦向け

少量で、美味しいものを選ぶと喜ばれます。年配になってくるとどこか体の悪いところは出てくるので、甘いものや塩辛いものは体調を気にされて我慢している方も多くなります。血圧や血糖値に配慮された食品や減塩タイプの食品など気遣いが感じられるものも良いでしょう。

歯が悪い場合もあるので、おせんべいや堅いもの、咀嚼しにくい乾燥した食べ物は避けたほうが親切です。脚が悪い方や買い物に行きにくい場所に住んでいる方に贈るなら、好きなときに食べられる個包装の減塩タイプの干物や瓶づめ、レトルトの食品、とろみのついたスープなどは食べやすいので喜ばれます。

喜ばれるお歳暮のポイント

贈る相手の状況を考える

例えば、予算が同じ3,000円のお歳暮であっても会社宛に送るなら20缶入りの缶ジュースの方が喜ばれ、2人暮らしの夫婦に贈るならなかなか自分で買わない2本入りの高級ジュースの方が喜ばれるのではないでしょうか。

少人数宛に贈るときは、少量で高級で美味しいものを。大人数宛に贈るときは、小分けしやすく皆に行き届くものを。

また、健康志向の方やアレルギーがあるお子さんも増えているので、しっかりと原料表示がされているものを贈ると親切です。

そんな風に相手の状況を考えて選ぶことで、本当に喜んでもらえるお歳暮になりますよ。

(image by amanaimages 1 2 3 )

この記事で使われている画像一覧

  • D187028a 3d95 4d46 b1c4 8fb4207adc62
  • 15743fa4 93f0 4272 b1b8 3181c556ca33
  • F6e01f21 b119 4afe b006 31b32bb54383

本記事は、2015年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る