\ フォローしてね /

塩麹豆腐でつくる、身体がほっとあたたまる豆乳スープの作りかた

豆腐に塩麹を塗って数日間置いておくだけで、クリーミーでコクのある豆腐に変身するのをご存知でしょうか?そのまま食べても、もちろん美味しいのですが、寒い季節はスープで食べると体が温まっていいですよ。スープは塩と出汁で旨味をきかせた豆乳に、長ネギをたっぷり入れました。お好みでラー油をかけて食べるのもオススメです!
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • こんな人に!

    テレビや雑誌で塩豆腐が取り上げられて話題だけど、塩麹の方がまろやかな塩気で優しい風味です。凝ったことにハマっている料理中級者以上の方におすすめ。

  • ここに注意!

    漬けていると水分が出てくるので、必ずこまめに水だけ捨てること。放置すると雑菌が繁殖する元になります。管理しないとカビてしまうので、一週間漬けたらすぐ食べきるのが良いです。

材料(2人分)

  • 木綿豆腐:1丁(250g)
  • 塩麹:大2
  • 白ねぎ:1本
  • にんじん:1/3本
  • 豆乳:200ml
  • 出汁:200ml
  • 塩:ひとつまみ

作り方(調理時間:20分 ※水切りと漬け込む時間は除く)

STEP1:塩麹豆腐をつくる

20~30分ざるにあげて水切りした木綿豆腐を用意します。

保存容器の底に塩麹大さじ1を塗り、その上に木綿豆腐をのせます。さらに豆腐の上に塩麹大さじ1を塗ります。

絹ごしでも作れますが、木綿の方がクリームチーズ感が出ます。

豆腐に密着するようにラップをかけます。

STEP2:豆腐を冷蔵庫に入れる

フタをして冷蔵庫に入れ、5〜7日ほど漬けます。出てきた水分は、その都度そっと容器を傾けて捨てます。

5日から食べられますが、7日漬けるとチーズ感が増します。

STEP3:野菜の下準備をする

白ねぎは約5cmを白髪ねぎ用に切って氷水にさらして水気を切ります。それ以外の白ねぎは輪切りにします。

にんじんはすり下ろします。

白髪ねぎとにんじんは最後にトッピングで使います。

STEP4:材料を煮る

鍋に豆乳と出汁、塩を入れて中火にかけ、沸騰したら輪切りにしたねぎを入れて、再び沸騰したら弱火にして約5分コトコト煮ます。

STEP5:塩麹豆腐を切り、温める

塩麹で漬けておいた豆腐を4等分にします。スープの中にそっと入れて中火にかけ、5~10分間豆腐を温めます。

STEP6:完成!

器に盛り付けて、白髪ねぎとにんじんを飾ったらできあがりです。

作り方のコツ

シンプルな材料だからこそ、余計な味付けはせずに、それぞれの素材が持つ旨みをじっくり味わってください。

夏場はスープを冷やして冷製にするとひんやりして美味しいです。ぜひ作ってみてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。