生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「初日の出旅行」に行こう。忘れられない朝日が見られる絶景スポット7選

「初日の出旅行」に行こう。忘れられない朝日が見られる絶景スポット7選

元旦といえば、やっぱりお目にかかりたいのは絶景から見る「初日の出」!1度くらい、息を呑むような絶景から見てみたいですよね。近場や東京近郊から離れて、1年のスタートを感動とともに過ごせる「初日の出旅行」をしてみてはいかがでしょうか。写真を見てるだけで行きたくなる、そんなとっておきの初日の出スポット7つをご紹介します。

2015年11月11日作成

 views

今年も残りわずか、年末年始の過ごし方は、もう決まりましたか?新年を迎えるのに、「初日の出」は欠かせませんよね。

来年の初日の出はちょっと趣向をこらして、「初日の出旅行」をしてみてはいかがでしょうか。ここでは、全国の有名スポットの中から、「海から見える」、「山から見える」スポット、また「縁起の良い」スポットも加えて、初日の出旅行にピッタリの7箇所をご紹介します。

目次

海から見る初日の出スポット

納沙布岬/北海道根室市

  • アクセス(車):釧路空港から国道44号経由で150km
  • 日の出時刻:6:50

本土最東端の岬である「納沙布岬」は、「道内で最も早く朝日に会える岬」として有名なスポット。大海原からの日の出が、北方領土の島々を照らし出す様子はとても幻想的で、愛好家からの評価も高いのだそう。

イベント会場では午前5時から花咲ガニのてっぽう汁の販売やお茶などの無料配布、伝統芸能ねむろ太鼓などが披露されるので、お祭り雰囲気も味わえそうです。

雨晴海岸/富山県高岡市

  • アクセス(車):能越道高岡北ICから国道160・415号経由で10km
  • 日の出時刻:7:03

「日本の渚・百選」にも指定された雨晴海岸は、富山湾越しに3000m級の山々を臨むことができる富山きっての名勝地。「けあらし」(海面などに出る白いゆげ)が現れると、一層風情が増して、荘厳な美しさを感じさせてくれます。

古くから歌人に愛され、義経の伝説も残る歴史ある地なので、歴史好きにもおすすめのスポットです。

山から見る初日の出

札幌もいわ山ロープウェイ/北海道札幌市

  • アクセス(車):札樽道札幌北ICから45分
  • 日の出時刻:7:02

藻岩山は、札幌市街はもちろん石狩湾や石狩平野まで臨むことができるとあって、人気の初日の出スポット。ロープウェイで山頂展望台まで登ると、標高531mから朝日が徐々に平野を染め上げていく光景を眺めることができます。

元旦はロープウェイを5時から特別運行しているのでぜひ山頂まで登りましょう。北海道神宮までは車で約20分、見たあとは初詣というコースもおすすめ。

鷲羽山/岡山県倉敷市

  • アクセス(車):瀬戸中央道児島ICから県道21号経由で6km
  • 日の出時刻:7:10

瀬戸内海屈指の展望ポイントとして知られており、眼下には瀬戸内海の島々と瀬戸大橋が悠々と広がっています。初日の出を見ながら遊歩道を歩くのがおすすめコース。

縁起のいい初日の出が見られるスポット

豊後二見ケ浦/大分県佐伯市

  • アクセス(車):東九州道津久見ICから国道217号経由で15km
  • 日の出時刻:7:16

並びそびえるのは「夫婦岩」と言われる男岩と女岩。長さ約65m、重さ約2トンというギネス級のしめ縄によって結ばれています。この2つの岩の間から朝日が登る光景を夫婦揃って眺めれば、一層2人の絆が深まりそう。夫婦で訪れるにはもってこいのスポットです。

本栖湖/山梨県南都留郡富士河口湖町

  • アクセス(車):中央自動車道河口湖ICから国道139号を本栖方面へ車で20km
  • 日の出時刻:6:50

あの「千円札の富士」のビューポイントとあって、多くの人で賑わう超人気スポット。富士五湖の中で最も深く、透明度が高い湖面に、富士山と初日の出が映り込む光景は、まさに絶景としか言いようがありません。

白鬚神社/滋賀県高島市

  • アクセス:J名神高速京都東ICから50分
  • 日の出時刻:7:00

縁結びや延命長寿などの神様として名高い白鬚神社。1年のスタートを切る場所としてはとても縁起が良さそうです。

琵琶湖に浮かぶ大鳥居の向こうから登ってくる日の出の神秘的な美しさをひと目拝もうと、毎年多くの参拝客が足を運ぶ名スポットです。

人気スポットは早めに場所取り!

絶景スポットはもちろん人気も高く混雑は免れません。写真にしっかりベストショットを収めたいなら、大晦日からスタンバイしておけば確実です。無理な場合も、遅くても朝4時ごろには到着しているように準備しておくことをおすすめします。

新年の象徴である初日の出を素晴らしい景色とともに迎えて、幸先のいい1年迎えましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 2bd89b11 e0ac 483e b302 6b32ba505d14 thumbnail

本記事は、2015年11月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る