生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 現役CA に聞いた!荷造りのストレスを軽減できるパッキング術とは

現役CA に聞いた!荷造りのストレスを軽減できるパッキング術とは

皆さんは海外旅行の荷造り、どうしていますか?始める前から憂鬱で、出発ギリギリまで放置しているなんて方も多いんじゃないでしょうか。今回はパッキングにまつわる悩みを解決すべく、海外のフライトに慣れているCAさんからお話を伺ってきました。荷物を上手に減らすコツや、帰国時のお土産用スペースを上手に残しておく方法など、マネしたいアイディアがたくさんです。コツをつかんでパッキングの苦手意識を克服しましょう!

2015年10月30日作成

 views

日頃の忙しさを忘れてパーッとハネを伸ばせる海外旅行、楽しいですよね。飛行機もホテルも予約して、あとはお休みを待つだけ…。いや、でもその前に荷造りがあった......!「パッキングという言葉を聞くだけで憂鬱」「どこから手をつけていいか分からない」という方の悩みを解決すべく、CAさんに上手な荷造り術を伺ってきました!

今回お話を伺ったのは、数多くのフライトを経験されている日本航空株式会社の現役CA物部佳奈子さん(以下、物部さん)。たくさん海外を飛び回っているCAさんならではのアイディアが詰まっているのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

目次

パッキングを始める前に

海外旅行ともなると荷物もたっぷり。空のスーツケースを目の前に、途方に暮れる方も多いのではないでしょうか。パニックになる前に、落ち着いてパッキングを始められるコツとは?

持ち物リストを作ろう

物部さん「持ち物リストを作ってからパッキングを始めたほうがいいと思います。CAもリストを作っている人が多く、玄関に貼っておくことで忘れ物を防いでいます。」

一見、基本中の基本のようですが、案外ここを飛ばして荷造りをしている方も多いはず。リストはどのように作成しているんでしょうか。

物部さん「朝から一通り、1日の行動を順に追ってリストアップしていきます。予定に合わせて何が必要かを頭に描いておくと、忘れ物がなくなるかもしれないですね。」

何を持っていったら良いか分からないという方は、旅行先でどんな予定があるのかを想像してみましょう。

パッキングのコツ

リストを用意したら、今度は荷物を詰める段階です。スーツケースはスペースが限られているので、荷物をただ放り込めばいいという訳にはいきません。荷物がうまく収まってくれなくて、嘆いている方も多いのではないでしょうか。

パッキングをするためのポイントは次の2つに集約されます。

  • スペースを上手に活用すること
  • 荷物は極力少なめにすること

CAさんのアドバイスをもとに、上のポイントを抑えた荷造りをしましょう。

1.防寒具で空きスペースを調節!

旅行に行くときは、帰りにお土産などで荷物が増えることを想定してスペースを空けておいたほうがいいですね。でも、スーツケースに余分な空間があると中で荷物が移動してしまい、中の荷物が傷ついてしまいます。

そんなときは、かさばりがちな防寒具が上手に隙間を埋めるのに一役買ってくれるそう。

物部さん「ダウンなどの防寒具をスーツケースに入れておきます。現地で買い物をして荷物が増えた場合は、防寒具を外に出して手荷物に移し替えます。」

空きスペースの容量をスマートに調整することで、行きも帰りも無駄なく収納できるんですね。

さらに、スーツケースの中で破損しがちな壊れ物は、防寒具の中に包むことで安心して持ち運べます。壊れ物はスーツケースの端に入れて固定させることがポイントなんだとか。

2.現地調達で荷物を減らそう!

海外旅行となると、色々な場面を想定してしまい、なんでもかんでも持っていきたくなります。でも、荷物は少なくが原則。必要最低限の荷物で済ませるために、パジャマやシャンプーなどは現地のホテルのものを使うCAさんも多いそうです。

持っていかないと心配…と荷物を増やすよりは、「最悪、旅先で調達すればよいか」くらいの心持ちでいることも大事です。

物部さんも、「これまで大半のものは現地で買えた」とのこと。ただし、例えばホカロンなど日本にしかないようなものは、必要だと思ったら持っていくといいでしょう。

荷造りに役立つ!便利グッズ

出来る限りコンパクトにまとめたい荷造り、便利グッズなんかがあるとグッと楽になります。CAさんが実際によく使っているというお役立ちグッズをご紹介していただきました。

コンパクトな荷造りにお役立ち

  • ジップロック

大変重宝するという透明のジップロック。ものを小分けにするのに便利なので、多めに持つようにしているそうです。100円均一などで簡単に手に入るのも嬉しいですね。

  • 折りたたみ式手荷物用バッグ

コンパクトにたためて、ファスナーが付いているタイプのバッグはおすすめ。口の開いたトートバッグだとスリの格好の的になってしまいますが、口が閉まれば安心して使うことができますね。

また、帰りの荷物がスーツケースに収まらない!なんていうときはこちらに荷物を移して手荷物にすることもできます。

  • 圧縮袋
物部さん「東南アジアなど暑い地域では、ホテルの冷房が効きすぎて寒い、ということもあります。旅先が欧米でも、想像しているより寒いことも多いので、季節・国問わず防寒具は役に立ちます。」

渡航に必須の防寒具をかさばらずに収納できるので、圧縮袋はとても役にたつそうです。掃除機などを使わずに圧縮できるタイプのものが便利です。

  • コンタクトレンズケース

女性は、化粧品がどうしても多くなってしまうのが悩みどころ。少しでも減らすためにひと役買ってくれるのが、意外にもコンタクトレンズケース。

物部さん「余ったコンタクトレンズのケースにクリームなどを入れると、水分もこぼれないのでとても便利です。」

コンタクトレンズのケース、新しい洗浄液を買うと毎回ついてきますよね。コンパクトなサイズで、2種類入れられるので、捨てずにとっておきましょう。

他にも、化粧品を減らすコツとして、試供品を持っていくのもおすすめです。

珍しいお役立ちアイテム

  • 風呂敷

物部さん「意外かもしれませんが、風呂敷を使っているCAは多いです。洋服を入れたり、現地で買ったワインを包んで持って帰るなど、様々な用途に使えます。」

普段あまり馴染みがない風呂敷ですが、いざ使うとその汎用性の高さに驚かされます。例えば洋服を入れて持って行き、ホテルの部屋で広げて使い、帰りはそのままキュッとまとめてしまえば良いので非常に便利ですね。大きさも自由自在なので、衣類だけでなく小物をまとめたりと好きな用途を選ばないのも魅力的です。

  • シャワーキャップ

シャワーキャップの用途がちょっと変わっています。物部さんは旅先で楽に歩けるようにと、フラットな靴を持っていくそうですが、なんとその靴を入れておくのがシャワーキャップ。ちょうどすっぽり靴が入るサイズなので、使い勝手が良いそうです。

アイテムを使って、荷造りの苦手意識を克服!

誰もが面倒くさいと感じるパッキングですが、ここを通らずして旅行には行けません。始めにリストを作るなど、今回ご紹介した内容を、まずはやってみてください。それを繰り返しているうちに、毎回使う物が分かってきて、どんどん荷造りが簡単になるのではないでしょうか。

便利グッズを活用し、大変な作業もスムーズに。あなたも荷造り上手になって、旅を楽しんでくださいね!

取材協力

日本航空株式会社
商品・サービス企画本部
開発部客室サービスグループ
キャビンアテンダント
物部 佳奈子さん

(image by ぱくたそ)
(image by amanaimages12 3)
(image by nanapi編集部)

この記事で使われている画像一覧

  • 42800ead 8375 407b b4f3 7755b5d01e96
  • 8c64d878 f7d3 433f b53a f4676ed9265a
  • 5ae75f93 208b 4530 a04a 2229f0e559e3
  • 5282d5c2 ee5c 4bef b2ea e716f932677a
  • 3efda22f 9806 4067 b0c9 3097bd37c6d6
  • 73b2be43 e6d7 45c3 a0b7 c72351a6ce3c
  • 2e5137fd 6609 4c4c ad0f 5369e89628bc
  • C7ae1eff c8e2 41b6 bba0 1032276ecf63
  • 345849f6 6e57 4ea7 a908 60be3a3dc349

本記事は、2015年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る