生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. これはガチ!マニアに聞いた、「本当に出る」心霊スポット

これはガチ!マニアに聞いた、「本当に出る」心霊スポット

「心霊スポット」というと、山奥のトンネルや郊外の廃病院など、どこか人里離れた場所を想像しませんか?実は心霊スポットは全都道府県に均等にあり、ほどほどに怖い場所から絶対に立ち入ってはいけないような危険な場所まで様々。今回は心霊スポット探検家のてんぽうさんに、危険な心霊スポットの見分け方から、もし何か起こってしまったときの対処法まで色々と聞いてきちゃいました。なにかあってからでは遅い!肝試しをする前には是非チェックしておくことをおすすめします。

2015年09月24日作成

 views

お化け、幽霊、ゴースト、呼び名は様々ですが、代わり映えしない日常に刺激を求めようとするとき人は彼らを求めます。

触らぬ神に祟りなしと先人も教えているのに、何が人を駆り立てるのでしょうか?日常からの脱却をお化けによって図ろうとしている人たちは、きっと心霊スポットをインターネットで片っ端から調べているはずです。私は怖いので勘弁です。

ただ、何も知らずに行ったら本当にやばいところだったということもあります。程々のところに行って程々に楽しむべきだと私は思います。そこで今回は「ここだけは絶対に行くな」という場所を、お化けスポット探検家のてんぽうさんに伺いました。

廃墟や廃屋は基本的に霊以外にも物理的な危険がたくさんあります。もし行く場合は、てんぽうさんが実際に危険と遭遇したブログを絶対に事前に読んでおきましょう。

目次

お化けスポットってどんなところ?

まず、一般的にお化けスポットと言われているところはどんなところなのか、それはどこにあるのか、またどんなものを用意したらいいのか…といった基本的な情報をまず押さえておきましょう。

お化けスポットとは?

てんぽうさんにとって心霊スポットは「非日常な体験ができるところ」らしいです。だからこそ、若い学生たちが集まるのかもしれません。

例えば、どんな建物でもそこで人が活動をすることを前提に建てられます。しかし、お化けが出るといわれる場所は、基本的に人が完全にいなくなっています。「人がいるはずの場所にいない」ということが「なにかいそう」という不思議な気持ちを湧き起こすのかもしれませんね。

また、てんぽうさん曰く、霊的な体験をするかしないかには個人差があり、同じところにいっても全くなにも感じない人もいるそうです。だからといって安心してはいけません。あなたが霊的耐性を持っているかどうかはわからないのですから。

お化けスポットはどこにあるの?

お化けが出るところというと、道なき道を進んだ先にある洋館だとか、地図から消えた村だとか、あるいは忘れ去られたお寺といった、どこか田舎っぽさを感じます。しかし案外そうでもないそうです。

てんぽうさん「お化けスポットは全都道府県に均等にあります

なるほど…私たちに逃げ場はないわけですね。どこにでもある、あるいは私達の身近にこそ潜んでいるのがお化けスポットかもしれません。ちなみに、都市部からアクセスのいいお化けスポットなどはヤンキーのたまり場になっているそうです。どうあがいても身の危険しか感じません。

そして、日の出ているときに行けば怖くない!と思っているそこのあなた!甘いですよ!

てんぽうさん「場所にもよりますが、太陽が登っていて明るくても、全体を見渡せるがゆえに恐怖を感じるスポットもありますよ」

百戦錬磨のてんぽうさんですら、お昼時に恐怖を感じる場所があるのです。それによくよく考えると、ホラー映画に出てくるお化けスポットだってクライマックスこそ夜に訪れますが、昼でも十分恐怖を煽ってくるじゃないですか。そういうことです。

お化けスポットに持っていくものとマナー

もうお化けスポットに行くことは決定しているのなら、せめて不必要な危険に晒されないように、十分な準備はしてください。

てんぽうさん「たとえ真夏であっても長袖、そしてタオルは必須です。また、くるぶしまで隠れる運動靴と軍手も用意しておいてください。あとは明るいLEDライトなんかがあるといいと思います」

着の身着のまま赴いては後悔することになりそうです。害虫などもいるかもしれませんし、足場が不安定かもしれません。しっかり準備をしましょう。

てんぽうさん「騒ぐのは問題外ですがタバコなど火の始末はしっかりとしてください。不審火で火災になる心霊スポットがあまりにも多すぎるので。あと、現場にあるものには一切触れたり壊したりしないというのも重要なポイントです」

恐怖に支配されて大声を出したくなる気持ちもわかります。もし、誰かが暴れだしたとしたら、それはきっと妖怪のせいです。そういうところに足を運んでいるので、わかりきったことです。けれど、いくら警察に「妖怪が…」と言ったところで「そうなのね!」とは言ってくれません。

それに、もし荒らされていたら、次にその場所を訪れる人ががっかりしてしまいます。どんなところでも最低限のマナーを守りましょう。

本当に危険なお化けスポット

ということで、ついに本当に危険なお化けスポットをご紹介します。本当に危険なところなようなので、「行くな!」ということです。前フリではありません。本当に行かないことをおすすめします。

東京都青梅市:旧旧吹上トンネル(あくまで旧旧の方)

この場所をてんぽうさんから教えてもらい、早速検索してみたところ「あ、あかん…」というのが正直な感想です。雰囲気だけで人を殺せる、そんな場所です。私なら視界の端にこのトンネルが写っただけで泣き出す自信があります。

てんぽうさん「お化けの出るトンネルとしては最もメジャーな場所で、あらゆるメディアで紹介されています。私も実際にお化けの写真や動画をたくさん撮影しました」

極めつけはお化けの写真のお墨付きです。いわゆる霊障というものが、どのくらい人体に悪影響を及ぼすのかわかりませんが、行かなければその心配をすることもないので、行かないようにしましょう。

この章の冒頭で使われている写真が旧旧吹上トンネルです。

長野県某所

某所という書き方がすでに怖いです。説明を聞くと、お化けスポットというよりも、呪いのスポットと化している模様。

てんぽうさん「以前は空き家だったんですが、現在は人が住んでいるので場所と名前は伏せます。ここは映画『パラノーマル・アクティビティ』と同じく、住むと呪われる家です。実際に多くの死者が出ています。現在、何も知らずにここに住んでいる方も少なからず霊障を受けています」

感想としては「不憫すぎるでしょ、その人」に尽きますね。夢のマイホームが『パラノーマル・アクティビティ』に支配されるなんて、想像するだけで震えが止まりません。偏見とはわかっていますが、皆さん、長野には気をつけてください。

長野県:祟りの火葬場跡

また長野です。どうしたんでしょう、長野県は。山々に囲まれた美しい自然とおいしい食べ物、そして避暑地。そんな、この世の楽園はどこへ行ってしまったんでしょうか…。

てんぽうさん「この一帯は戦国時代の合戦跡地でもあります。だから、お化けが多いんだと思います」

合戦跡地なんですね。少し納得です。戦国時代には男の子なら誰しも一度は胸を熱くするものですが、現代へ霊的な贈り物までしてくれなくてよかった。ぜひ成仏してほしかった。胸熱の対価が莫大です。

祟りの火葬場跡を訪れたてんぽうさんに実際に起こった霊現象をノベル形式で紹介したブログはこちらから!

本当に危険なお化けスポットに行ってしまったとき

長野に限らず、日本全国に本格的なお化けスポットは点在しています。「ここなら大丈夫だろう…」なんて思っていても、あなたが知らないだけで危険なお化けスポットだったという可能性もあります。そこで、うっかりそんなお化けスポットに行ってしまったときの対処法を伺いました。

お化けと遭遇したら?

お化けスポットにいけば、必ずと行ってほど写真を撮ってしまうのが悲しい人の性というものです。けれど、本当にお化けが写っていたとき、人は背筋が凍りついて慌てふためいてしまうでしょう。

しかし、鉄則は「騒がない、あわてて逃げない、パニックにならない」だとプロが語っています。騒いで慌てたところで写ってしまったものはしょうがないですし、お化けと遭遇したら泣いて謝っても許してくれるとは思えません。まずは冷静になりましょう。

ダメ元で、「お化けに謝るのは効果ありますか?」と聞いたところ、ダメそうでした。

お化けスポット帰りに死亡事故に遭うというケースもあります。それがお化けの仕業なのか定かではありませんが、少なくとも自らその危険性を高めることはありません。まずは冷静になって、深呼吸でもして、無駄な危険は徹底的に排除しましょう。

危険な場所の見分け方

ただでさえ情報が錯綜しているお化けスポット。事前情報が頼りにならないケースも多いはず。実際に赴いたときに、本当に危険なところだと判断できるようになっておきましょう。

てんぽうさん「お化けスポットになってから実際に死者が出ている場所は避けましょう。そういったところには、警察の現場検証による黄色のテープ跡などが残っているので、それらが見つかったら危険な場所です」

これは間違いないですね。なんの因果かはわかりませんが、事件が起こっているなら危険であるというこれ以上ない証拠でしょう。連れ合いの人のテンションがどれだけ高まっていたとしても、説得してその場から離れましょう。ただし、落ち着いて。

取り憑かれたら…?

万が一、本当にお化けに取り憑かれてしまったら?そんなときの対処法も伺いました。

てんぽうさん「私はそういった体験をしたことがないのですが、実際に拝んでもらって改善した例を知っています。長野県上田市にある白蛇神社、天狗神社などは効果があるそうです」
信濃金龍山天狗神社
TEL:0268-24-0568
住所: 〒386-1106 長野県上田市小泉下半過3545-1

白蛇は古来から縁起のいいものとされ信仰の対象にもなっています。天狗に至っては強そうです。もし、お化けに侵されダメになりそうなら一目散に駆け込みましょう。

ただし、絶対に大丈夫という保証はありませんので、ご注意を!

ほどほどに怖いおすすめのお化けスポット

これまで、本当に危ないところとそこへ行かない方法を中心に紹介してきました。しかし、肝試し欲を止めることができないあなたのために、ほどほどに怖いけれど比較的安全なお化けスポットを聞いてきました。行くならぜひこっちにしましょう!

埼玉県:畑トンネル

比較的有名なお化けスポットのようで、若者を中心に人がよく集まっているそうです。人が多ければ、なにかあってもなんとかなりそうです。

「こんな例もあるので気を付けて…(笑)。」という一言ともに、てんぽうさんのブログ記事を送っていただきました。どうやら人が多く集まるからこそのトラブル?に遭遇したようです。お化けとは関係ない穏やかな出来事ですが、それはてんぽうさんだけかもしれません。

てんぽうさんが畑トンネルを探検したときのブログはこちらから!

神奈川県逗子市:小坪トンネル群

関東でもかなりメジャーなスポット。インターネットで調べるとたくさんの情報があるので、事前準備もしっかりできます。

てんぽうさん「交通量が多く普通のギャラリーが多いです。また、NHKのTV番組で検証されたこともあります」

交通量が多いので事故には気をつけたいですね。動画やブログで様々な人が足を運んでいますが、ドキドキ感を残すためには、まずは何も見ずに足を運んでみるのがいいかもしれませんね。

東京都港区:青山墓地

ついに来ました、墓地です。たしかに騒ぐ人もいなそうですし、きちんと整備もされているので目立った危険はなさそうです。しかし、言ってはなんですが、the・死者しかいないスポットですね。

てんぽうさん「タクシー怪談で有名ですが、高層ビルが立ち並び、公園が隣接しているので、結構人出が多いところです」

人出が多いのなら、大声を上げれば誰かしら駆けつけてくれそうです。無難に一番怖くて一番安全な場所ではないでしょうか?

ほどよく肝を試して、楽しい心霊スポットめぐりを!

廃墟や廃屋などは雰囲気もあり、探検する楽しさもあるかもしれませんが、基本的に人の手が入っていない建物なので、怪我をする危険があります。そういった意味でも、うかつに近寄らないほうが良さそうです。また、人気のないところでは、助けを呼ぶこともできないので、肝試しといえど、安易に近づかないことをおすすめします。

せっかくのレジャーが怪我やお化けで台無しにされてはもったいありません。君子危うきに近づかずとはいいますが、そんなこと言っていたら肝試しにならないこともわかります。せめて、危なすぎるところは避けて、肝を潰してしまうようなことにはならないようにしましょう。

取材協力

てんぽうさん:『心霊スポット研究所』というブログで、数々の心霊スポットの探検レポートを公開している。実際にお化けの撮影にも成功しており、ブログに公開されている。

(image by amanaimages)
(写真提供:てんぽうさん)

(ライター:渡邉悠太)

この記事で使われている画像一覧

  • 291a5d51 abd0 4597 be6f c4ab5f7ef2da thumbnail
  • C9874cf7 e0c3 469a a126 ccab9eb22d70 thumbnail
  • 53c2283c ec05 484c 8743 e614180179f0 thumbnail
  • 30c3db59 0295 4b5a 8a2c 882426c505b6 thumbnail
  • Fb3bdfc4 ed0e 4a4a bef9 9f73e51aa335 thumbnail

本記事は、2015年09月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る