生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 工具いらず!簡単リメイクと小物でこだわりのダイニングテーブルをつくろう

工具いらず!簡単リメイクと小物でこだわりのダイニングテーブルをつくろう

2015年08月21日作成

 views

お気に入り

食事をしたり、パソコンや作業をしたりと、生活になくてはならないダイニングテーブル。どうせなら、手を加えてもっと自分好みにしちゃいませんか?

「でもノコギリや電動ドリルは使い慣れていないし、難しそう…」そんな不器用なあなたでも、大丈夫!工具はほとんど使わないお手軽リメイクのヒントと、置くだけで雰囲気が変わる小物たちをご紹介します。

目次

リメイクのときのポイント

1:完成図を具体的にイメージする

「こんなテーブルにしたい」という明確なイメージがあると、素材選びや方法に迷うことなく準備を進められます。まずはインテリア例をたくさん見て、ビビッときた画像を集めておくこと。それらを観察して、目の前のテーブルをどのようにリメイクしてきたいか考えてみましょう。

2:色合い・雰囲気を合わせる

「白木のテーブルがいい!」とせっかくリメイクしてみても、出来上がったときに「なんだか部屋で浮いている…」となってしまったら悲しいですよね。床・他の家具・壁・カーテンなどの色や素材をよく観察して、雰囲気を合わせることも大切です。たとえば、

  • 床がフローリングなら、似たような木目のシートを使う。
  • キッチンカウンターや食器棚が近いなら、同じ色合いのものにする。

といった具合です。ちなみに部屋で使う色は3色までと決めて配置していくと、すっきりとまとまりますよ。

3:計画を立ててから作業を始める

テーブルをどんな形にしたいかが決まれば、あとは必要な道具を準備するだけ。ホームセンターや専門店に何度も行くのは手間ですし、ネットショップでもまとめて頼まないとそのぶん送料がかかります。入念な下調べをして、無駄なく楽しいDIYを!

カフェ風のテーブルにリメイクするポイント

ひとくちにカフェといってもさまざまなテイストがあるかと思いますが、「木やラタンの素材を中心に、あたたかみのあるナチュラルな雰囲気に仕上げたもの」が「カフェ風」と呼ばれることが多いです。

こんな人におすすめ!

  • よくカフェや雑貨屋めぐりをする
  • ティータイムの過ごしかたにはこだわりがある
  • ナチュラルでかわいらしい雰囲気のお部屋にあこがれる

実例

壁に飾りをほどこした、かわいらしい部屋。左の木枠とテーブルの雰囲気が揃えられていますね。イスの素材やクッションカバーにもこだわりを感じます。

日光がたくさん入る明るいダイニング。レンガとテーブルの木材のくすみ加減が調和しています。ところどころに緑を取り入れれば、かっこよさとあたたかさが両立できます。

こちらはシンプルな、それでいて上質なレザーソファとの組み合わせ。おいしいコーヒーを飲みながら、ほっと一息つきたくなるテーブルです。

リメイクのヒント・おすすめ小物

オイルステイン

木製の天板なら、塗料で色を変えることができます。初心者でも扱いやすい「オイルステイン」は色ムラになりにくく、早く乾くので人気があります。仕上げにニスなどでコーティングするのをお忘れなく。

テーブルの脚パーツ

テーブルは天板だけではありません。少し視点を変えて、脚を新しくするという方法もあります。木製のほかにアイアンなど金属の脚もおすすめ。

木製トレー

飲み物やスイーツは、ただ置くよりもトレーにのせましょう。いつもよりおいしく感じられるかも?

多肉植物の寄せ植え

空間がさみしいときは、緑をおけば解決!ぷっくりとしてかわいらしい多肉植物は目を楽しませてくれます。

北欧風なテーブルにリメイクするポイント

もう少しシンプルで大人っぽさがほしいな…という人は、北欧風のテーブルなら落ち着けるかも。北欧の人々は長い冬を室内で過ごすため、インテリアや家具へのこだわりが強いそうです。IKEAやマリメッコなど、日本でも人気の高いショップがありますよね。

こんな人におすすめ!

  • ムーミンなど北欧のテイストが好き
  • 何年たっても使える、明るい部屋にしたい
  • シンプルで大人な雰囲気の家具に惹かれる

実例

北欧風のインテリアは、茶色や緑といったアースカラーをベースにしています。角の丸みや細くなっていく脚もポイント。

よく見ると、テーブルの脚にひと工夫がされていますね。実際に木の香りがしてきそうな空間です。

ブルーやオレンジの差し色を投入するのも、北欧の雰囲気がよく出てオススメ。ボリュームのあるお花を飾ると一気に華やかさがプラスされます!

リメイクのヒント・おすすめ小物

カッティングシート(木目)

カッティングシートなら、安価なテーブルも北欧風に早変わり。購入・作業の際は、柄の方向に注意しましょう。

アクセントになる派手柄アイテム

こちらはマリメッコの代表的な柄、ウニッコ風の生地。これでクッションカバーやテーブルランナーなどを作れば、友だちを呼んで自慢したくなっちゃいますね。

花瓶

どんなお花を挿しても溶け込んでくれるよう、花瓶は白いものをチョイス。シンプルながらもおしゃれなフォルムでぐっと大人っぽくなります。

モダンなテーブルにリメイクするポイント

ナチュラルさよりもかっこよさを重視したいあなたには、白黒をベースにしたモダンなテーブルがおすすめ。イスのカバーやカーペットも白黒にすれば、よりビシッと決まります。

こんな人におすすめ!

  • モノクロ・原色などはっきりした色合いに惹かれる
  • 整理整頓が苦でない
  • キュート・ガーリーよりもクール・おしゃれといったキーワードがピンとくる

実例

白いダイニングテーブルなら、部屋がぱっと明るくなります。モダンでおしゃれな部屋を目指すならおすすめです!

こちらは黒のダイニングテーブル。手前のベンチタイプのソファーや床と色合いが揃えられています。

白と黒のメリハリがかっこいいですね。年齢・性別を問わず使えるテーブルコーディネートです。

リメイクのヒント・おすすめ小物

カッティングシート(モノクロ)

カッティングシートは、貼りつけるときに机とシートの間に空気が入らないように注意。スクイージーがあると便利です。

ランチョンマット

ランチョンマットがあると片づけが楽な上に、傷からも守ってくれます。モノクロでも柄によって、エレガントにもクールにもなりますよ。

テーブルランナー

テーブルランナーを置くだけでも、簡単に大人っぽく高級感のあるテーブルになります。白黒はもちろん、ブラウンやゴールドもよく合います。

ナプキンリング

メタリックな小物が似合うのも、モードな雰囲気の強み。特別な日にはこんなナプキンリングでテーブルセッティングをしたいですね。

タイルでレトロ調なテーブルにリメイクするポイント

かわいすぎるのもキャラじゃないけど、大人っぽすぎるのも落ち着かない…そんなあなたには、タイルを使ったレトロ調のテーブルリメイクがおすすめ。タイルを選ぶときは、もともとの木材に合わせた明るさの色を!

こんな人におすすめ!

  • ヨーロッパのアンティークものや大正レトロの雰囲気にあこがれる
  • タイルやステンドグラスの色合いが好き
  • カラフルながらも落ち着きのあるアイテムに惹かれる

実例

こちらの写真はコーヒーテーブルですが、パターンの配置や色使いはダイニングテーブルにも使えそうです。

タイルの濃い色と木材の色が合っていますね。イスのクッションやカップもレトロ調でかわいい雰囲気に。

色とりどりの細長いタイルをちりばめた、ハイセンスなテーブル。寒い日でも、ここでお茶をすればあたたかい気持ちになれそうです。

リメイクのヒント・おすすめ小物

タイル

どの色にしようか迷うのも、DIYの楽しみのひとつ。ミックスカラーもいいですが、単色も落ち着きがあって素敵です。

スタンドライト

食後のひと時に、こんなレトロなライトを灯したら風情がありますね。ついつい夜ふかししちゃうかも?

こだわりのダイニングテーブルで生活を豊かに

なんとなく使っているテーブル、ひと工夫すれば自然と愛着がわいてくるもの。毎日使うものがより自分好みになると、日々の暮らしに楽しみが増えますよね。

こんどの休みは簡単リメイクで、こだわりのダイニングテーブルを作ってみてはいかがでしょう?

(image by GIRLY DROP)

この記事で使われている画像一覧

  • 7d7658ec 76c5 43bc 9fcd 342f8a95b331

本記事は、2015年08月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る