生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 簡単なのにおしゃれ!「ポテサラ入りのスタッフドバゲット」の作り方

簡単なのにおしゃれ!「ポテサラ入りのスタッフドバゲット」の作り方

2015年07月21日作成

 views

スタッフドバゲットは、バゲットをおしゃれに食べることができるメニューです。バゲットをくりぬいて中身を詰めるだけなのですが、より簡単に作るため、ポテトサラダを作る過程を簡単にしました。

簡単なのにおしゃれに見える「ポテサラ入りのスタッフドバゲット」の作り方を紹介します。

材料(ミニバゲット1本分)

  • ミニバゲット(20センチ程度)・・・1本
  • きゅうり・・・1本
  • じゃがいも・・・中1個
  • ロースハム・・・1パック
  • 牛乳・・・大さじ3
  • マヨネーズ・・・大さじ3
  • 味塩こしょう・・・少々
ミニバゲットに材料を詰めて、少し余る程度でした。パンの長さによってポテトサラダの材料は調整してみてください!

作り方(調理時間:15分)

STEP1:じゃがいもを加熱する

じゃがいもは軽く洗い、皮付きのままスチーマーに入れて1000Wで7分。竹ぐしを刺してすっと通るまで加熱します。

じゃがいもは皮つきのまま加熱すると簡単!火が通ったら、やけどに気をつけながら皮を剥いておきましょう。

流水をかけつつ、皮を剥いておきます。

STEP2:バゲットをくりぬく

バゲットは中をくりぬきます。ナイフを差し込み、少しずつくりぬくとうまくいきます。

STEP3:ポテトサラダを作る

きゅうり、ハムは細かく刻んでおき、ボウルに入れておきます。

じゃがいもをその中に入れて、マッシャーで潰します。

STEP4:ポテトサラダを仕上げる

マヨネーズ、牛乳、味塩こしょうを入れて混ぜてポテトサラダを作ります。

STEP5:バゲットに詰める

くりぬいたバゲットにポテトサラダを詰めます。

バターナイフで詰めると簡単に詰めることができました。

STEP6:完成!

バゲットはカットしてできあがり!「ポテサラ入りのスタッフドバゲット」ができました!

作り方のコツ・注意点

スライスしたバゲットは指先も汚れず、食べやすいです。難しそうに見えますが、中身を作って詰めるだけでできます。

中に詰めるもの次第でワインにも合いそうなスタッフドバゲット、これから注目の料理ですね。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150712101145 55a1bed158c11
  • 20150712101231 55a1beff4e020
  • 20150712101403 55a1bf5beb395
  • 20150712101428 55a1bf7498adf
  • 20150712101503 55a1bf973a88f
  • 20150712101628 55a1bfec9225e
  • 20150712101713 55a1c01941955
  • 20150712101754 55a1c042da1ed
  • 20150712101145 55a1bed158c11
  • 20150712101338 55a1bf429c2ff

本記事は、2015年07月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る