生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. お中元でみんなと差をつけちゃお♪プチ贅沢なクラフトビールまとめ

お中元でみんなと差をつけちゃお♪プチ贅沢なクラフトビールまとめ

2015年07月07日作成

 views

お気に入り

夏が近づいてくると気分は自然と高揚しますが、中にはお中元を贈らなければと重い気持ちになる方もいるはずです。

ここ最近のお中元に関する調査では、「ビール」が贈りたい・贈られたいお中元両方のトップに輝いているようです。暑い季節はキンキンに冷えたビールをグッといきたくなるのは、日本全国どこも同じということですね。

少し前までは「プチ贅沢」が流行ったことにより、ビールでもちょっと豪華な気分にひたれるプレミアムビールが人気でした。しかし最近そのプレミアムビールに代わり人気が出始めているのが「クラフトビール」。キリン、アサヒ、サッポロなどビール各社がこぞってクラフトビールの制作に力を入れ始めているのです。

クラフトビールには居酒屋でよくやる「とりあえず一杯」の手軽さではなく、自分の好みで味を選べるという新たな贅沢の形があります。2015年のお中元にはクラフトビールを贈り、その贅沢感のおすそ分けをしてみてはいかがでしょうか。

今回はお中元にオススメのクラフトビールについてご紹介します。

クラフトビールとは?

クラフトビールの始まり

最近有名になりつつあるクラフトビールですが、まず「クラフトビール」という名称のビールがあるというわけではありません。

小規模なビール醸造所で職人がこだわって作っているビールのことを、クラフトビールと指します。小規模ながら磨き抜かれた高品質なビールを、「手工芸品」に例えて「クラフト」ビールと呼ばれるようになりました。

そこから発展し、ビール職人による品質を重視したビール造りに敬意を評して「クラフトビール」と呼ぼうという流れになっているようです。

クラフトビールの種類

職人の数だけクラフトビールがあると言っても過言ではありませんが、クラフトビールには基本の形というのがあります。

  • ピルスナー
  • ペールエール
  • IPA(India Pale Ale)
  • ヴァイツェン
  • フルーツビール
  • スタウト
  • バーレーワイン

フルーツビールとバーレーワインを抜いた5つが基本形とする説もありますが、この7つを知っておけば問題ないでしょう。

お中元におすすめのクラフトビールまとめ

ノースアイランドビール・ピルスナー

ピルスナースタイルのクラフトビールです。ピルスナースタイルとは最も有名で人気なビアスタイルと呼ばれており、日本の「スーパードライ」や「プレミアムモルツ」、「エビス」などもこのピルスナースタイルなのです。

ノースアイランドビール・ピルスナーは程よいホップの香りに加えてのどごしが爽快、と多くの人に好まれるバランスの良さがあります。

相手の好きなビアスタイルがわからない、という場合にはこちらのピルスナースタイルから選ぶとハズレはなさそうですよ!

その他のピルスナースタイルのクラフトビールはこちら

サンクトガーレン・ペールエール

ピルスナーと比べて、香りも味も濃いクラフトビールです。しかし、ビール好きな人ほど苦いビールがたまらなく好きなのだとか。

ペールエールが人気なのは、ただ苦くて濃いだけではなく、華やかな香りが強烈に人を惹きつけるようです。ピルスナースタイルではないビールを飲んでみたい方に、おすすめのビアスタイルですよ!

ビール好きで苦いの好きだと言っている人へ贈るなら、間違いなくペールエールをおすすめします!

その他のペールエールはこちら

志賀高原・IPA

IPAはペールエールの名前を使っていますが、派生というわけではありません。その始まりは、18世紀末だと言われています。イギリスからインドへビールを輸送する際、劣化しないようにホップを大量投入しており、そのため苦味の極めて強いビールになってということです。

そして、アルコール度数も高いのですがフルーティーな香りも強く、飲む人を選ぶビールかもしれません。

志賀高原・IPAはホップの苦味とモルトの甘い香りが特徴的なビールですが、ペールエールでは物足りない・お酒が強いという人にはペールエールよりもIPAを送りましょう!

その他のIPAはこちら

箕面ビール・ヴァイツェン

本来は大麦が原料のビールですが、ヴァイツェンは小麦から作られており、タンパク質が豊富なのが特徴です。タンパク質の影響で白濁しており、クリーミーな味わいが好きな人は多いです。

フルーツ系の香りが強く、バナナなどの南国フルーツの香りが代表的。香りがよく、苦味がないため、ヴァイツェンしかビールは飲まないという方もいるほどだということです。

多く親しまれているピルスナーも苦手だ、という方は挑戦して見る価値ありです。普段あまりビールを飲まない方に贈れば、ハマってくれるかもしれませんよ!

その他のヴァイツェンはこちら

南信州ビール・アップルホップ

天然果汁やフルーツ香料を加えて作られるビールです。ただ混ぜるだけでなく、果物を麦汁に漬け込んでから作るフルーツビールなどもあります。

香りや味の強弱はそれぞれで、使用される果物もバラエティに富んでいて、代表的なところだとリンゴ、桃、イチゴ、梨、フランボワーズなどが挙げられます。どれもビールの風味とマッチして美味しそうですよね。

南信州ビール・アップルホップはまさにリンゴの産地ならでは、といったビールです。たまには嗜好を変えたビールを贈りたい時はこちらをどうぞ!

その他のフルーツビールはこちら

いわて蔵ビール・スタウト

そして見た目が一番印象的なのが、こちらのスタウトビール。真っ黒です。

この見た目のせいでファンを逃しているのがスタウトの悲しいところ。実は見た目とは裏腹に、濃くはなく苦味も少ないのです。むしろ、泡はとてもクリーミーで甘く感じるのだとか。

スタウトに甘みはほとんどないからこそ、舌で感じることができるのかもしれませんね。苦味よりも、香ばしさを楽しむビールと言えます。

いわて蔵ビール・スタウトも王道のスタウトビールです。濃い味付けの料理などを食べた後に飲むと最高だと言われています!スタウトビールに挑戦したいという知り合いがいる方はぜひ!

その他のスタウトはこちら

スワンレイクバーレイ

ワインに尊敬の念を込めて作られたことから、バーレイ(大麦)ワインと名付けられたようです。長期熟成させているところもワインに似ていますね。しかし、ワインとはいえあくまでビールです。

ビールにしては高アルコールで、しかも濃厚とかなりクセのあるビールです。その代わり、ホップの苦味などは弱めになっています。香りもビールとは違って、カラメルのような熟成の香りがするのだとか。

スワンレイクバーレイはイーストの風味、アルコールの風味、熟成の風味など多くの香りと味が渾然一体となった美味しさということです。お中元で贈ったらきっと驚いてもらえそうです。

クッと飲んで酔いたい時はおすすめのビールですよ!

その他のバーレイワインはこちら

味がどれも個性的!クラフトビールを送る際のポイント

多くのビールを紹介しましたが、クラフトビールはその銘柄ごとに強い個性を持っています。送るときには3本〜6本ほどまとめて送ることが多いと思われるので、さまざまな味をチョイスしてクラフトビールの奥深さを楽しんでもらいましょう。

一緒に飲みに行くことがあり、好みを知ることができる間柄なら、1本ぐらいは送る人の好みに近いものを入れておくといいでしょう。

クラフトビールの世界は奥深い

いかがでしょうか。7種類のクラフトビールをご紹介しましたが、調べてみるとさらに細かい種類があることに驚かされます。

世界中でビールが愛される理由は、この奥深さにもあるのかもしれませんね。贈るついでに自分用も買ってみて、奥深いクラフトビールの世界に足を踏み入れましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 70ae573f b129 4cea b528 1feafc64d986

本記事は、2015年07月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る