生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夏といえば流しそうめん!家庭用流しそうめん器まとめ

夏といえば流しそうめん!家庭用流しそうめん器まとめ

2015年07月07日作成

 views

お気に入り

流れてくるそうめんを箸でつかみ、つゆにつけてツルッと食べる。流しそうめんは夏の風物詩ともいえますが、実際に竹を用意するなんて普通の家庭では難しいですよね。実は一度もやったがことない、という人も多いのではないでしょうか?

しかし、最近では家庭用の流しそうめん器もたくさん発売されていて、家庭で流しそうめんができる時代なんです。

そこで今回はたくさんある家庭用流しそうめん器の中からおすすめのものをご紹介していきます。

そもそも流しそうめんっていつからあるの?

だれでも知っている流しそうめんですが、いったいどこで、だれが始めたのでしょう。それは江戸時代後期からといわれています。

最古の記録は江戸時代後期

そうめん自体は奈良時代に唐から伝わった唐菓子の1つ「索餅」がもとになったという説が有力です。流しそうめん最古の記録が出てくるのは、その奈良時代から千年以上あとの江戸時代後期。

当時、薩摩藩の支配下にあった琉球(沖縄県)で薩摩藩の役人を接待する際に、崖の上から落下する泉流の上源からそうめんを流し、それをすくって食べて楽しんでいたようです。昔から接待があり、流しそうめんがその接待方法なんて、現代も昔も人を楽しませようという心意気はかわりませんね。

「流しそうめん」と「そうめん流し」

竹を使った流しそうめんは鹿児島県の高千穂峡が発祥と言われ、昭和34年に全国へアピールしたことで広まっていきます。しかし、その鹿児島県を含む九州南部ではその後、使い勝手が悪く使用期限も短い竹の流しそうめんは廃れ、円環の容器でそうめんを回転させる形式が広まりました。

そうめんを回転させる形式は「そうめん流し」と呼ばれ、特に九州南部では竹の流しそうめんも「そうめん流し」と呼んでいるようです。そして、家庭用の流しそうめん器もこの「そうめん流し」形式のものが多くなっています。

おすすめ家庭用流しそうめん器

それでは、おすすめの家庭用そうめん器をご紹介していきます。

清流

参考価格:1,478円~

円形の容器に水の流れを作り出してそうめんを流すのが家庭用そうめん器の基本形。清流はそこから無駄な部分を一切なくすことで、他にはない安さを実現しています。そして、無駄をなくしたシンプルな見た目が洗練された印象を与えているのもおすすめポイントです。

見た目には風情を感じられませんが、中央部分には薬味を置くスペースもあり、ただ流して食べるだけであれば、何の過不足もありません。

流しそーめん ファミリーセット

参考価格:6,952円~

「流しそーめん」というそのまま過ぎるネーミングのこの商品は、見た目を竹っぽくすることで風情を出しています。ファミリーセットには本体と同じ柄のつゆ入れと桶もついていて、より本物感を味わうことができます。

家族みんなで食べるとなるとそうめんをたくさん茹でておく必要があるので、それを入れておくことのできる桶も意外と重宝しますよ。

風流

参考価格:4,538円~

最初にご紹介した「清流」と同じ会社の商品なので名前は似ていますが、作りは反対に複雑で革新的です。他の商品がただ回っているだけの「流れるプール型」なのに対して、風流は「ウォータースライダー型」となっています。

実際の流しそうめんに近づけたことで、より楽しみながら食べることができ、風情も感じられます。ただ、構造が複雑になったことで、組み立てに時間がかかるかもしれません。

超ヒエヒエ 北極流しそうめん しろくまファウンテン

参考価格:4,000円~

この商品はおもちゃメーカーであるタカラトミーアーツが製作しているだけあって、見た目もかわいらしく、凝った作りになっています。水を吸い上げ、上に乗っているシロクマの口から出すことで、見た目の面白さとともに、水の流れにアクセントをつけています。

また、シロクマの足元や下の段に氷を置くことで水が冷やされ、常に冷たいそうめんを食べることができます。見た目と機能性を兼ね備えた、さすがタカラトミーといいたくなる商品ですね。

本物の竹でできた流しそうめんセット

そんなおもちゃのようなものではなくて、本物の竹でないと意味がない!という本物志向の人もいますよね。そういう人のため商品ももちろんあります。

SKK 流しそうめん用 プラ竹(青竹)

販売価格(約2mセット):11,178円(税・送料込み)

本物志向の人向けプラスチック製の竹です。見た目はかなり竹に近づけているので、雰囲気はもう竹です。長さも2mなら家庭でも使えますよね。

プラスチックだと軽くて持ち運びや準備が楽ですし、カビが生えにくく衛生管理がしやすくなります。そのぶん値は張りますが、しっかり保存をすれば何年も使えますよ。

長さも1mごとに選べるようになっています。

世界流しそうめん協会の流しそうめんセット

販売価格(2m):4,500円(税抜)

世界流しそうめん協会プロデュースの流しそうめんセットです。こちらはもちろん本物の竹です。世界流しそうめん協会だけあって、素材も天然国産にこだわっています。

ただし、竹は水分を多く含み、時期によってはすぐにカビが生えてしまうので、基本的には一度きりの使い捨てを想定されているようです。

世界流しそうめん協会の公式サイトはこちら

流しそうめんの「竹」

販売価格(約1.8m):4,000円(税・送料別)

こちらは本場讃岐うどんのお店を紹介するサイトが販売している流しそうめんの竹です。なぜ讃岐うどんの紹介サイトが?と疑問に感じると思いますが、香川県には竹山がたくさんあり、それを有効利用できないか、と考えた結果なのだそうです。

そして、ここのサイトでは木製食器用のコーティングを施した竹水路も販売しています。コーティングすることで水を浸透させないようにし、カビを発生させにくくしています。ただ、コーティングした竹水路はセットでの販売をしておらず、竹脚は別で注文する必要があります。

コーティングされた竹水路はこちら

竹蓮太郎

販売価格(熱湯処理済み・約5m):12,000円(税込み・一部地域を除き送料無料)

ダジャレのような商品名ですが、竹炭や竹酢液など竹関連の商品を扱っている会社です。熱湯処理をしてあるものとしていないものを販売していますが、熱湯処理をすることで竹食い虫の駆除とカビ防止の効果があります。

竹脚のついたセットでは長さが5mのものしかなく、家庭で使うには不向きですが、長さについてはまずは問い合わせをしてみましょう。

レンタルの流しそうめんセットもある!

流しそうめん・素麺流しのレンタル

レンタル料(2.9m 1泊2日):2,700円(税・送料別)

やってみたいけど買うほどのものではない、保存しておく場所がない、という人にはレンタルという方法もあります。レンタルであれば、金額も抑えられ、衛生面でもオゾン殺菌など滅菌機による殺菌除菌が行われているので、安心して使えます。

楽しく食べればさらにおいしく!

家庭用流しそうめん器のレビューを見ると、子どものそうめんを食べる量が倍になった!というような声がたくさんありました。これは、楽しく食べるとおいしく感じるということの証明ではないでしょうか。

そうめんは流さなくても食べられますが、食事は見た目や雰囲気も大事です。ぜひマイ流しそうめん器を手に入れて、夏の風物詩を満喫しましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 06816aa0 0da4 4e42 9ac4 3ace5352623d
  • 3a1ce0ad 4365 4294 a094 4392fbd081c2
  • 24394e07 b0bf 40c4 aeb2 3094aa36ba28
  • Ca694dfc ccbd 42bc 82ff a28780bf1631
  • 6323a18e 26a7 4db4 b40f e5d6a5359241

本記事は、2015年07月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る