生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. さとり世代に急増中!女子にも人気の「ライトマザコン」とは?

さとり世代に急増中!女子にも人気の「ライトマザコン」とは?

2015年06月23日作成

 views

お気に入り

「マザコン」といえば、モテない男の代名詞。「付き合いたくない男性ランキング」に毎回ランクインするのはもはや恒例行事となっています。

そんな「マザコン」に、最近どうやらニュータイプが登場しているとか。その名も・・・「ライトマザコン」!

「ライトマザコンってなに?」「なんだかゲームにでてくるドラゴンの名前みたい」「どうしていま増えてるの?」。今回は、そんな新種の「ライトマザコン」にまつわる疑問を解明していきたいと思います。

いま一度ふりかえろう、「マザコン」の歴史

マザコンとは、ご存じ「マザー・コンプレックス」の略称。母親に対して過度の愛着をもった男性をしめす言葉ですが、なぜこんなにも「マザコン」が世に広く嫌われるようになってしまったのでしょうか。

「マザコン」の名をお茶の間に広めたヒーロー!「冬彦さん」

「マザコン」という言葉が世間に浸透するきっかけとなったのは、1992年に放送されたテレビドラマ、「ずっとあなたが好きだった」。このドラマのなかで佐野史郎が演じるマザコン男、田代冬彦が「あまりにもキモすぎる!こわすぎる!」ということで、一躍話題となりました。

この一大ブームは「冬彦さん現象」と呼ばれ、「マザコン」「冬彦さん」というワードはその年の流行語にも選ばれたほどです。

女性ウケ最悪!絶対に付き合いたくないマザコン男

「大事なことはお母さんに決めてもらう」「彼女よりもお母さんが好き」という、冬彦さんのようなマザコン男は、とにかく女性ウケ最悪。いつまでたってもお母さん離れができず、自立していない男性だというイメージを持たれてしまっています。

女性にアンケートを取った「一番付き合いたくないダメ男ランキング」でも、「ギャンブル依存症」「浮気症」「モラハラ男」などとともに、「マザコン」も見事7位にランクイン!

「マザコン」という言葉があまりにもネガティブなイメージをともなって広まったため、「マザコンだなんて絶対にいわれたくない」と思っている男性も多いのだそう。仮にマザコンであったとしても、それがバレないように表面的には隠しているけなげな男性も存在するようです。

ニュータイプ!「ライトマザコン」の登場

マザコン男子にとっては生きづらいであろう昨今。ですが、最近になって、みずからマザコンを公言する男子が増えてきているようです。

ライトに(気軽に)マザコンを公言することから「ライトマザコン(ソフトマザコン)」と名付けられたこのニュータイプ。いったいどのような特徴をもっているのでしょうか。

ライトマザコンの特徴

  • 母親と毎日電話する
  • 母親を下の名前で呼ぶ
  • 母親との写真をSNSにアップする
  • 友達とも気軽に母親の話をする、など

基本的にはこれまでのマザコンと大差ないようですが、自分がマザコンであることに負い目を感じず、周囲にも大っぴらにしているのがこのライトマザコン。

いったいなぜ、このようなライトマザコンたちが発生することとなったのでしょうか。背景をみていきましょう。

なぜライトマザコンが増えているのか

今年新成人をむかえた若者の人数は、のべ126万人。第二次ベビーブーム世代の子どもたちが成人したため、じつに21年ぶりの増加となりました。

博報堂若者研究所リーダー・原田曜平氏は、この新成人世代にとくにライトマザコンが多いと指摘しています。

若者世代にライトマザコンが多い理由

その1:若者の反抗期がへった

新成人である若者たちは、平成不況のまっただなかに生まれ育った「さとり世代」ともよばれています。

ものごとを冷静に見つめる傾向のある「さとり世代」の若者たちは、そのクールさゆえに親や社会に反抗するのをあきらめたり、空気を読んで行動するようになりました。反抗期がなくなったことで、親子の関係性が幼いころから変化することなく続いていった結果、ライトマザコンを生まれることとなったのです。

その2:若くてきれいな母親が増えた

「太っていてノーメイクで、女としての色気もへったくれもない」というような昔の母親像とはちがい、ここ最近は「美魔女」と呼ばれるような、若くて見ためもきれいな母親がとても多くなりました。この「美魔女世代」は、いいかえれば「バブル世代」。景気のよかった時代を経験しているため、いまでも消費生活が身にしみついています。母親になってからも、外見にお金をかけることに余念がないのです。

たしかに、若くてきれいなお母さんとだったら一緒に出かけるのもはずかしくないですよね。それどころかむしろ、SNSなどに写真をアップして友達に自慢したくなるような、自慢の存在にすらなりうるでしょう。

その3:SNSでコミュニケーションが気軽に

面とむかって親子の会話をするのはちょっぴりはずかしいものですが、SNSの普及にともなって、家族同士でも気軽に連絡を取りあうことができるようになりました。メールで絵文字を使ったり、LINEでスタンプを送りあったりすれば、ささいなコミュニケーションも友達のような感覚でおこなうことができます。

その反対に、スマホを使いこなすことができずに四苦八苦しているお母さんたちも、「かわいい!」と注目をあびています。

母親から、誤字脱字がひどくてついつい吹き出してしまうようなメッセージを送られたことはありませんか?そんなドジっ子お母さんたちの爆笑まったなしな誤字メールをあつめた、『おかんメール』という本が発売されました。娘・息子とコミュニケーションを取ろうと奮闘するも、慣れないスマホでミスを連発してしまうお母さんたちが「かわいくて萌える」と話題です。

東京ガスのCM「家族の絆・母とは」篇でも、「きょうはチャーハン」を「きょうはチーハン」と打ちまちがえてメールしてしまうお母さんの姿が描かれています。女優・渡辺えりさんが演じているこのお母さんは今時の美魔女タイプではありませんが、こちらのCMを見て多くのかたが母の愛に涙したのではないでしょうか。

東京ガス : 東京ガスのCM・動画ライブラリー <TOKYO GAS TV>

東京ガスのCM・動画ライブラリー <TOKYO GAS TV>です。

tv.tokyo-gas.co.jp
器用なお母さんも不器用なお母さんも、かわいい。お母さんいつもありがとう・・・。

ライトマザコンは、意外と女子ウケがいいらしい?

こんなライトマザコンですが、女子たちからは「お母さんを大事にしていたり、仲がよかったりするのは全然あり!」と、意外と好反応。「母親を大切にしている男性は、将来自分がお嫁さんになったときにもやさしく接してくれそう」なのだとか。

たしかに、家族仲がよいのはいいことですし、いざライトマザコン男子と結婚することになったとしたら、和気あいあいとした家庭を築けそうですよね。女子のみなさん、身近にライトマザコン男子がいたら、意外と狙い目かもしれないですよ。

(image by amanaimages1)(2)(3)(4)

この記事で使われている画像一覧

  • 38702a4f 2de8 4594 994f 3c6136201ad4
  • 5597f09e 87d9 4890 b51a 10c1417722c6
  • 91dc8025 3176 411b 9262 f9a2084f75fd
  • 8c51566c ea40 4a00 b5d7 94ea91c2b879
  • 2a30dead 6c0d 4cee b2a5 34836a6ef23f

本記事は、2015年06月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る