生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3. この夏体験したい大人の水遊びをまとめてみた

この夏体験したい大人の水遊びをまとめてみた

2015年06月19日作成

 views

お気に入り

夏といえば暑いものですよね。プールや海に行って涼みたいけど、子供じゃあるまいし年に似合わずはしゃぐのはなんだか恥ずかしい、と思っている人は意外と多いのではないでしょうか。

だけどそんな大人だってたまにははしゃぎたい、思いっきり羽目をはずして遊びたい、と考えているはず。今回は大人だからこそやりたい水遊び、アクティビティを集めてみました。

子供にはできない!これが大人の水遊び

子供じゃビビって滑れない自然のウォータースライダーを滑ってみる

まずおすすめするのが、登ることが困難な峡谷を自分の体とロープを使って下っていく川のスポーツ、「キャニオニング」です。

冷たく澄んだ水と木々の間から漏れてくる陽射しに、心も体も癒やされること間違いなしです。滝壺に飛び込んだり、傾斜が急な滝を滑ったりと、アトラクション要素も満載です。

キャニオニングは埼玉県秩父市にあるアウトドアセンター長瀞などで体験することができます。

バナナボートの先を行く「空飛ぶボート」に乗ってみる

バナナボートで満足しているそこのあなた!まだまだ甘いです。これからの時代はバナナボートではなく、「フライングチューブ」で楽しみましょう!

フライングカイトとも呼ばれるこのアクティビティはボートでチューブを勢い良く引っ張り、チューブを浮き上がらせて爽快感を味わうというマリンスポーツです。浮き上がったときの高度はかなり高く、スリル、迫力のあるおすすめのスポーツです。

フライングチューブは沖縄県石垣市のライズ石垣島などで体験することができます。

海の上を自由に散歩してみる

近年CMやテレビ番組など様々なところで話題になっている、水圧で空を自由に飛ぶことができるマシン。これを使って行うスポーツ、「フライボード」が人気急上昇中であることをご存知でしょうか。

噴射する水の角度を体重移動などで操って行うこのスポーツ、一見すると難しそうですが、10〜15分ほど練習すれば初心者でも扱えるようになるとのこと。水の上で自由にアクロバティックな動きができることが最大の魅力です。

慣れればこんなこともできるようになります。使いこなせれば格好いいの一言につきます。周りの注目を集めること間違いなしです。

フライボードは山梨県の山中湖にある山中湖ハクタカマリンなどで体験することができます。

人魚になってみる

水中を自在に飛び回り、イルカや人魚になったかのように縦横無尽に泳ぐことができる、ノルウェー発の水中アクティビティ、「サブウイング」。

ボートや小型ジェットスキーにロープをつなぎ、サブウイングを掴んだら水中へ突入。その後は自分の呼吸の限界を迎えるまで自由に泳ぎましょう。海底を這うように泳いでみるなど、人が自力では出すことができない速度で海中を泳ぐ新しい感覚を楽しんでみてください。

サブウイングは沖縄県石垣市のbig beach 石垣島などで体験することができます。

海中をドライブする

「泳げないから海には行きたくないな…」と思っている人でも、海に行きたくなるようなアクティビティが登場しました。それが「潜水スクーター」です。

泳げなくても運転免許を持っていなくてもOKで、間近で自然の海中を泳ぐ魚たちを見ることができます。特殊なヘルメットをかぶるため、メガネやメイクをしたままでも潜ることができます。透明度抜群の海を運転すれば、まるで海中をドライブしているような気分になります。

潜水スクーターは沖縄県名護市にある思い出販売所 美ら海などで体験することができます。

すけすけカヤックの底から海中を観察してみる

自分で海に潜って魚を観察するのも良いですが、海の上から見るというのもまた一興です。海の上から鑑賞するということを可能にしてくれるのが「クリアカヤック」です。

カヤックのほぼすべての面が透明になっており、底は海が丸見えです。このため、潜水しなくてもきれいな色とりどりのサンゴ礁や、サンゴに近づく熱帯魚などを見ることができます。海の上から見るサンゴと海草、魚の天然の水族館は格別です。

クリアカヤックは沖縄県国頭郡本部町にあるレクシー沖縄などで体験することができます。

海の上を飛んでみる

海上は海上でも、海鳥になった気分で海を上から眺めてみませんか?パラシュートを使って上空から海の美しさを再確認させてくれるのが「パラセーリング」です。

ボートとパラシュートをロープでつなぎ、ボートでパラシュートを引っ張ることで上空50mまで浮かぶことができます。太陽が照らす海の蒼と空の青、水しぶきの白のきれいなコントラストで、リフレッシュできること間違いなしです。飛行機で見るよりも近く、ボートで見るよりも遠い絶妙な距離を体感してみてください。

パラセーリングは沖縄県那覇市にあるSea Worldなどで体験することができます。

遠出はできないのなら・・・

とはいえ、ご紹介した大人の水遊びにはお金も時間もかかるもの。なかなかそこまではできない・・・という方は、自宅で水遊びを楽しんじゃいましょう!

童心にかえって楽しむ「水風船」

子どものころ夢中になって遊んだ「水風船」。キラキラと光を反射してきれいなので、実は大人でもじゅうぶん楽しめます。

遊び方は様々。水を入れて投げ合って楽しむのが一般的ですが、大人なら賭け要素を入れてみては?2人同時に水風船に水を入れ始め、破裂させないギリギリでストップできたほうが勝ち。破裂させてしまった、もしくは水が少なかったほうが負けです。見ているほうは、どちらが勝つかを予想して賭けましょう!

大人だからこそ楽しい「ビニールプール」

幼児が遊ぶものである「ビニールプール」も、大人なら違った楽しみ方ができます。ずばり、「足湯」ならぬ「足水」!冷たい水を入れて足をひたせば、暑い夏もひんやり涼しく過ごせます。

自宅の庭に置いてスイカを食べながら足をひたしてもよし、BBQに持っていってみんなでワイワイ足をひたしてもよし。実は様々なシチュエーションで活躍しますよ。

BBQグッズとしてもおすすめな「水鉄砲」

子どものおもちゃ「水鉄砲」、実はBBQに使えるってご存じでしたか?火が燃え盛ってしまったとき、鎮火するのにぴったりなんです。ピンポイントで火を狙えるのがBBQに最適なんだとか。

もちろん、BBQが終わったら普通に水鉄砲として遊んでも◎!夢中になりすぎて夏風邪をひかぬようお気をつけくださいね。

子供にはできない大人の水遊びをしよう!

「水遊び」と聞くと、幼い感じがしてしまうかもしれませんが、言葉の響き以上にスリリングで大人でもがっちり遊べてリフレッシュできるものは意外にも多いものです。大人だからこそできる水遊びをするために、この夏は水辺に出かけてみませんか?

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 39a5715c 14e4 4a0e 8ce1 c4f9d03c7d57

本記事は、2015年06月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る