生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 簡単にできる!自分にピッタリな結婚相手の見つけ方

簡単にできる!自分にピッタリな結婚相手の見つけ方

2015年06月17日作成

 views

頑張って婚活を続けていても、そもそも自分に合う相手がどんな人か分からなければ、お付き合いに踏み切れないですよね?今回は自分にピッタリの結婚相手を見つける方法をお伝えします!

目次

自分の中の条件を再確認

「こんな人は嫌い!」を書き出してみる

「タバコを吸う人は絶対無理!」「浮気をする人はNG」など、まずは絶対に『こんな人は無理!』というNG条件を書き出してみましょう。ここで書き出した条件に1つでも当てはまる人は、今後もし他の部分でいいなと思っても除外するくらいの心構えを。

「こんな人が好き!」を書き出してみる

今度は逆に『こんな人がいいな』というOK条件を書き出します。ここでは自分に正直に理想の条件を挙げていくことが大切!また「優しい」「かっこいい」などぼんやりとではなく、「歩くペースを気にしてくれる」「○○に似ている人」など、なるべく細かく具体的に書き出すことがポイントです。

OKもNGも条件を書き出して、自分の条件を整理してみることが大切!

ブラッシュアップのために、とことん出会ってみる

条件外の人とも会ってみましょう

せっかく条件が分かったのに矛盾しているのでは?と思うかも知れませんが、家探しと同じで、実際にたくさん見るうちに、本当に自分が求めているものが見えてくるものです。書き出した条件に少し合わないなと思う人でも、まずは会って話してみる機会を作りましょう。

条件のブラッシュアップ

色々な人に出会ったら、最初に書き出した条件が本当に譲れないものかどうかを再検討します。「意外と背が高くない人でも気にならない」「年収はもう少し低くても大丈夫かな」など、『ここは譲れる』という条件は修正していきましょう。そうすることで、今後はブラッシュアップした条件の相手に絞って探していくことが出来ます。

迷ったら「自分に似ている人」を選ぶ

「似たところが多い2人ほど末永く一緒にいられるが、逆に違いがあればあるほど長続きしない可能性が高い」というデータがあります。離婚の原因第1位が“性格が合わない”であることを考えても、最初から合わないことが多いと、次第に埋められないミゾが深まってしまうかもしれません。

お付き合いを決める前に迷ったら、外見や雰囲気、出身、家族構成、趣味など、自分と共通点の多い人を選ぶようにしましょう!

似た者同士はうまくいきやすい

おわりに

無理に妥協しようと思っても葛藤に苦しんでしまいます。大切なのは、自分にどんな相手が合うのかを明確にすること!そのためには頭で考えすぎず行動も必要ですよ。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 3a54bf21 7fb7 4926 a654 404671a46df0

本記事は、2015年06月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る