生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. わざわざ買わなくてもOK!ケーキ型を代用する方法まとめ

わざわざ買わなくてもOK!ケーキ型を代用する方法まとめ

2015年06月10日作成

 views

お気に入り

バレンタインデーや誕生日会など、イベントの雰囲気を盛り上げてくれるのがケーキです。しかもそれが手作りだったりすると、またテンションが上りますよね。

しかし、ケーキを普段から作る人はあまりいないもの。そう何回も作るわけではないのに、ケーキ用の調理器具を揃えるのってちょっとイヤではないですか?

今回は「ケーキはちょっと作ってみたい。でもこれからも作っていくとは限らない…」という人向けに、ケーキ型を代用する方法をまとめてみました。

目次

牛乳パック(厚紙)

牛乳パックの側面を切り取り、長方形の箱型にして使う方法です。パウンドケーキを焼くときによく使われるやり方ですね。

液が漏れないように、口だった部分をホッチキスでしっかり留め、内側にアルミホイルを貼ります。その上にオーブンペーパーを敷けば、焼き型になります。

牛乳パックを応用

牛乳パックが大量にある場合は、切り抜いて好きな形にアレンジもできます。好きな形のケーキ型を作りましょう。

ティッシュ箱

牛乳パックもない!という方は、ティッシュ箱を使うという方法もあります。牛乳パックと全く同じ作り方でケーキ型を作れますよ。

紙コップ

マフィンやシフォンケーキを作るにはちょうどいい大きさです。マフィン用のカップより手が汚れなくていいかもしれませんね。紙コップの場合も内側にアルミホイルを貼り、その上からオーブンペーパーを敷き、生地を入れて焼いてください。

お菓子などが入っていた缶

クッキーやおせんべいなどが入っていた缶。ついついとっておく人は多いのではないでしょうか。今こそ、その缶を使うときです。丸い缶だと、ホールのデコレーションケーキを作るのには最適ですね。

缶を使う場合にも、中にはオーブンペーパーを敷いてから焼きましょう。

バット

ロールケーキ用の薄い生地を焼くときに重宝するのがバットです。アルミやステンレス製、またホーロー製のものもオーブン加熱が可能です。バットを使う際にも、焼くときはオーブンペーパーを敷いておきましょう。

取っ手の取れるフライパンや鍋

小さめで取っ手の取り外しができるフライパンや鍋なら、オーブンに入れて焼くことができますね。オーブンペーパーを使う必要もないので簡単です。

身近なもので代用できる!

ケーキ型を持っていない方は、上記のようなもので代用してみてはいかがでしょうか。けっこう身近なもので代用できることもあるので、工夫して使ってみてください。

ティッシュケースや缶に印刷されたインクは熱を加えると匂いがします。気になる方は型を使用してください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • E1ab1e8b bb77 4db7 a00d ead8adf40d03

本記事は、2015年06月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る