生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 副菜に最適!「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の作り方

副菜に最適!「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の作り方

2015年05月25日作成

 views

毎日のおかずやお弁当に入れるメニュー。メイン料理は決まっても副菜には頭を悩ませることってありますよね。

そこで今回は、「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の作り方をご紹介します。

普段のおかずの副菜としてはもちろん、味付けがしっかりとしているので、作り置きしておいてお弁当のおかずに入れてもおいしく食べられる万能副菜レシピです。

目次

材料(3人分)

  • いんげん:20本
  • ちくわ:4本
  • しらすぼし:25g
  • すりごま:大さじ1杯
  • 砂糖:大さじ1杯
  • めんつゆ:大さじ1杯

「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の作り方

STEP1:いんげんの下処理をする

いんげんは筋を取り除き、両端をカットしてから長さ4cmほどに包丁で刻みます。

鍋に水を入れて沸騰させたら、中火でいんげんに火が通るまで4〜5分茹でます。茹であがったら、ざるにあげ水をきっておきます。

STEP2 : ちくわをカットする

ちくわは、厚さ1cm弱の斜め薄切りに包丁でカットしておきます。

STEP3:ごまだれをつくっておく

分量通りのすりごま、砂糖、めんつゆをよく混ぜ合わせ、ごまだれをつくっておきます。

STEP4:ボウルにいんげん、ちくわ、しらすぼし、ごまだれを入れてよく和える

ボウルに茹でて水切りしておいたいんげん、カットしておいたちくわ、しらすぼしを入れます。別の容器に入れて作っていたごまだれをかけて、よく和えます。

具材にしっかりごまだれが絡むように菜箸で混ぜ合わせてください。

STEP5 : 完成

「いんげんとちくわ、しらすの胡麻和え」の完成です。

作る際の注意点

ごまだれを別の容器で先に作っておくことがポイントです。先にごまだれを作っておくことで、味が分離せず具材にしっかりとなじみます。

おわりに

このレシピは、時間が経っても味がしっかりとついているので、お弁当のおかずとして冷めてもおいしく食べることができます。

多めに作っておいて冷凍しておいたり、翌日のお弁当の具材にする等、忙しい人にもありがたいレシピなのでぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150520131106 555c095af0489
  • 20150520131322 555c09e26d640
  • 20150520131524 555c0a5c064f9
  • 20150520131559 555c0a7f761a0
  • 20150520131744 555c0ae8dc512
  • 20150520131859 555c0b331fbb0
  • 20150520132033 555c0b91e2377
  • 20150520132202 555c0bea10390
  • 20150520132242 555c0c127f18c
  • 20150520132340 555c0c4cd7ef3

本記事は、2015年05月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る