生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. お腹に優しい!「ヨーグルトとバナナのシャーベット」の作り方

お腹に優しい!「ヨーグルトとバナナのシャーベット」の作り方

2015年05月25日作成

 views

お気に入り

これからの暑い季節、冷たいデザートがおいしいですよね。しかし、冷たい食べ物は食べすぎてしまうと、お腹の調子を崩してしまいがちです。

そんな体調管理が難しい季節にぴったりのさっぱりとしていながらも、お腹の調子まで整えてくれるヘルシーデザートのレシピを考えました。

ここでは、「ヨーグルトとバナナのシャーベット」の作り方をご紹介します。

目次

材料(4人分)

  • バナナ:大きめ2本
  • ヨーグルトプレーンタイプ(砂糖なし):200g
  • 生クリーム:100cc
  • 牛乳:100cc
  • 砂糖:大さじ6杯
  • レモン汁:大さじ1杯
砂糖をはちみつ(砂糖と同量)に代えて作ることができます。

「ヨーグルトとバナナシャーベット」の作り方

STEP1:バナナをカットして潰す

バナナを厚さ1cm〜2cm程度に包丁でカットします。

カットしたバナナをボウルに入れ、大きめのフォークの背で潰します。果肉が少し残る程度に潰れ、どろっとしたピューレ状になったらレモン汁をかけて冷やしておきます。

STEP2:バナナにヨーグルトと生クリーム、牛乳、さらに砂糖を加える

ボウルのバナナに分量どおり計量したヨーグルト、生クリーム、牛乳を加え泡だて器でよく混ぜ合わせます。

さらに、砂糖を加えて滑らかになるまでよく混ぜ合わせます。

STEP3:固める容器に移し替え、冷凍庫で冷やす

固める容器にボウルから移し替え、冷凍庫に入れて20分ほど冷やして固めます。

STEP4 : 冷凍庫から取り出し、シャーベットに空気を含ませる

20分ほどすると半分固まった半冷凍状態になっているので、容器を取り出し、スプーン等を使ってシャーベットを容器の底からすくい、全体をザクザク混ぜ合わせます。

シャーベット全体が空気をよく含んだシャリシャリとした見ためとなったら、再度冷凍庫で1時間ほど冷やし固めます。

STEP5 : 冷凍庫から取り出し、好きな器に盛り付けて完成

冷凍庫で再度冷やし固めたら、お好みの容器に移し替えて完成です。

作る際の注意点

ポイントは、冷凍庫で冷やし固める際に1度取り出して空気を含ませることと再度冷やす際は冷やしすぎないことです。

空気を含ませることで、シャリシャリとした爽やかな食感となり、おいしさが倍増します。

また、冷やし固める時間が長すぎるとシャーベットがカチカチになってしまい、取り分けがしにくくなってしまうので、レシピ通りに1時間程度で取り出して食べる方法がおすすめです。

おわりに

バナナは消化もよくお腹に優しい食材です。また、ヨーグルトは腸内環境を整えてくれます。バナナとヨーグルトが主な材料のデザートなので消化も良く、食欲がないときや体調不良のときにもおすすめのレシピです。

また、作り方もとても簡単で、冷やし固める時間を除くと正味5分〜10分以内にできてしまうので、この夏ぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150518124018 55595f224b3b2
  • 20150518124428 5559601cebb6b
  • 20150518124920 555961400909f
  • 20150518125012 55596174b881e
  • 20150518125256 55596218cc2b4
  • 20150518125406 5559625ea609b
  • 20150518125525 555962ad77643
  • 20150518125651 55596303827f0
  • 20150518125825 555963613bab4
  • 20150518130049 555963f1a2537
  • 20150518130201 5559643982f4f
  • 20150518130507 555964f3d9fb7

本記事は、2015年05月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る