生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3. テストで簡単にいい点を取る方法

テストで簡単にいい点を取る方法

学生時代で印象に残っていることの一つとして、必死で勉強したテスト期間を思い出される方も多いのではないのでしょうか。中間テストや期末テストの度に徹夜をした方も少なくないのでは?テストでいい点をとるために、塾に行く方も多いかと思いますが、今回は自分で簡単に実践できる、テストでいい点をとるやり方をご紹介しています。こちらの方法は、どんな教科にも応用可能とのこと。次こそは絶対いい成績をとりたいと思っているあなた、ぜひチャレンジしてみてください。

2015年05月20日作成

 views

定期テストの時期が近づくと、勉強勉強と大変ではないですか?

そんなあなたに今からテストで少しでもいい点を取れる方法を教えます。

用意するもの

まず最初に必要なものがあります。用意するのは簡単です。

  • ノート
  • 書くもの(フリクションボールがおすすめ)
  • 勇気(色々な先生と喋るから)
  • コミュ力

です。

あったほうがいいもの

  • 演技力
  • マーカーペン(何色か)
  • やる気
  • 観察力

以上です。

実行

では早速本題に入ります。

  • まず最初に答えから問題を作ります。(全ての教科&テスト範囲以内で)
  • 次に自分で解きます。(解らない問題は飛ばします)
  • そして、解らなかった問題を教科の先生に見せて教えてもらう。

ここからが本番です。

  • 先生が特に熱心に教えてくるところを記憶する。(そこは基本的にテストに出ます)
  • あとは必要な部分だけ覚える。

運が良ければ自分の作った問題がテストに載ります。数学などは数字は変わるかもしれませんが、基礎は変わりません。

まとめ

つまり私が言いたいことは出そうなところを絞るということです。これはあくまで私がやっていることなので人それぞれのやり方があると思います。

自分に合ったやり方でやるのが一番ですし、普通に勉強したほうがいいと思いますが、少しでも参考になればうれしいです。

本記事は、2015年05月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る