生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 男性がデートをドタキャンしてきたときのデキる女の対応

男性がデートをドタキャンしてきたときのデキる女の対応

2015年05月14日作成

 views

お気に入り

大好きな彼とのデートのために、影ながら努力をしている女性は少なくないはず。遅刻しないように効率的に仕事を終わらせたり、メイクや服装にも気をつかったり・・・。

とても楽しみにしていたのに彼の都合で突然のキャンセルに!ということはありませんか?そういう時女性は残念な気持ちを相手に直球でぶつけ過ぎて険悪なムードになりがちです。

そこで、彼氏がデートをドタキャンしてきたときの女性の対応をお教えします。

目次

責めずに気遣いを

ドタキャンされた側としてはカチンとくることもあるかもしれませんが、ここで大切なのは相手を責めないということです。

まともな男性だったら好きこのんでドタキャンをしているわけではなく、どうしても来れない事情があるはずです。「楽しみにしてたのに!」「せっかく早く仕事を終わらせてきたのに!」「服に気合入れてきたのにバカみたい」などと彼を責めるのはやめましょう。残念に思っているのは相手も一緒だからです。

仕事のトラブルや体調不良という辛い状態で彼女に責められたら相手もムッとなるのは当然ですよね。喧嘩を回避するためにも、フリだけでいいので相手を気遣う連絡をしてあげましょう。

具体的には「お仕事大変だけど頑張ってね!」「お仕事に一生懸命なところが好きだから応援してるよ」「体調大丈夫?ゆっくり休んで早く元気になってね」など、思っていなくても相手をねぎらう様子を伝えてあげると男性は安心します。

了解の返事を淡白にしすぎない

責めないところはクリアしても、「了解」「無理しなくていいよ」とあっさりしすぎた返事をするのもNGです。

そういう連絡をされると男性は「俺のことそんなに好きじゃないのかな?」と自信をなくしてしまうようです。それどころか、「こいつはドタキャンしてもあっさり許してくれるんだ」と思われ、都合の良い女にされる危険もあります。彼との関係をアツアツに保つためにも、会いたかった旨やとても残念に思っている旨を一回だけ伝えるようにしましょう。

例文「お仕事大変そうだね。とても残念だけど無理しなくていいよ」「会いたかったけど、また今度ね!頑張って!」などが無難でしょう。

「会いたかった」や「残念」というワードを使い過ぎるとイヤミと捉えられやすく、喧嘩の元になりがち。あくまでも1回だけ使うようにしましょう。

次の予定を急かさない

会いたい気持ちはわかりますが、焦って次の約束をするのはお勧めできません

よほどのことがあってドタキャンをしている場合、ほとんどの男性は気持ちに余裕がないはずです。そんな中で「じゃあ明日は?」「次いつにする?」などと聞かれてもすぐに答えられません。誠実な相手なら1週間以内に埋め合わせの連絡がくるはずですが、しばらく経っても連絡が無い場合は2~3日経ってからソフトに様子を伺うのが懸命です。

「お仕事落ち着いた?」や、体調不良の男性には「体調どう?」と聞くのがベストです。「落ち着いたら埋め合わせよろしくね!(笑)」という明るい感じでチクりと刺してみるのも良いでしょう。

疑わない

心配性な女性が陥りやすいのは「もしかして他の女性と会っているのでは?」「私のこと好きじゃないのかな」と相手を疑ってしまうことです。それを相手に伝えるのはかなり危険です。修復できないほどの喧嘩にもつながりかねないので絶対にやめましょう。

彼を信じてあげて気が休める環境を自分が作ってあげる気持ちで寛容に対応しましょう。

おわりに

社会人なら恋人とのデートよりも優先させなくてはならない事がどうしても出てきます。そのことに腹を立てるのではなく、精神面でサポートするつもりで彼をフォローしましょう。ただし、何回もドタキャンが続くような彼はドタキャンが常習犯のダメンズの可能性があるので、さっさと見切りをつけて次の恋に期待するのも大切です。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 14b1d92e 4af2 42c7 94cd 5259fe7bc57f

本記事は、2015年05月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る