生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. やっぱり美味いのはお袋の味?お弁当で定番なおかずまとめ

やっぱり美味いのはお袋の味?お弁当で定番なおかずまとめ

2015年05月14日作成

 views

お気に入り

サラリーマン(働く人)の昼食を紹介する「サラメシ」というテレビ番組や「駅弁特集」などで紹介されるお弁当のなかに入っているおかずに、必ずといっていいほど登場するおかずがあります。

それは、定番のお袋の味。お持ち帰りのお弁当屋さんやコンビニ弁当にも入っています。なぜ、お袋の味が好まれるのでしょう。それは、子どもの頃から慣れ親しんだお袋の味は繰り返し食べても飽きないものだからです。

今回はお弁当のおかずといえばこれ!というような定番のおかずのレシピをまとめました。お弁当初心者は、まずこのレシピからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?定番といっても自分のレシピとはちょっと違った味かもしれませんので、お弁当上級者もぜひチェックしてみてくださいね。

目次

もう迷わない!定番おかずのレシピ…nanapiから

お袋の味定番のおかず紹介です。味つけはそれぞれの家庭の味で様々。友だち同士で分けあって、味の違いに驚いた経験もあるのではないでしょうか。

甘いのが好き?それともしょっぱいの?たまご焼き

ダントツでたまご焼きを思い浮かべた方が多いはず。まさにお袋の味付けで甘味派と塩味派に分かれる懐かしいおかずですね。

冷めても美味しいから揚げは?

たまご焼きに並んで定番のおかずですね。フライドチキンではなく、から揚げ。ここまでおいしいおかずは他にないのでは?

ウィンナーはタコさんだけじゃない?

かわいらしいタコさんの姿でお弁当に登場してくるのは実はまれだったりする、ウィンナー。お子様ランチを思い出す、お弁当に入っていると嬉しい一品です。

タコさんウィンナーだけでない凝った飾り付け方もあるので、ぜひ参考にしてください。

ウィンナーのかわいい飾り付け方はこちらで!ウィンナーで作る!こいのぼりのお弁当の作り方| nanapi [ナナピ]

時代はジューシーハンバーグ!

弁当箱を開けたときに入っていたらガッツポーズすること間違いなし。子供が好きなおかずでも上位にランクインする、ちょっと贅沢なおかずです。

おしゃれな花切りミニトマト!

いつも弁当箱のどこかにいたミニトマト。どんなおかずにも合い、主役を引き立ててくれます。

ただ乗せるだけでなく、少しおしゃれにミニトマトを飾りたいという方は、花切を試してみてはいかがでしょうか。

ミニトマトの花切りのやり方はこちらで!ミニトマトの小さな花切りのやり方| nanapi [ナナピ]

ヘルシーなクリームコロッケ

柔らかい衣をかんだ瞬間、口の中に広がるクリームがたまりませんね。普通のコロッケではなくクリームコロッケという贅沢感!

こちらでは豆乳を使ったヘルシーなクリームコロッケの作り方を紹介します。

クリームコロッケの作り方はこちらで!豆乳クリームコロッケの作り方| nanapi [ナナピ]

オーブンでエビフライ!

学校の行事があるときになど登場するエビフライ。入っていたら豪華な気分になれる、嬉しい一品ですね。

こちらでは揚げずにオーブンで作るというエビフライの作り方を紹介します。油を使うのが嫌な方にはおすすめです。

バター入りポテトサラダの味は?

サラダの定番です。混ぜられたポテトとにんじんやきゅうりなどの野菜とご飯がマッチングします。

こちらでは基本的なポテトサラダの作り方ともう1つアレンジの加え方を紹介します。

ムラなく焼けるさけの塩焼き

おかずに入っている定番の魚料理といえば、さけの塩焼きです。白いご飯との相性はバツグン。おにぎりの具にも必ず入っているひと品ですね。

こんなお袋の味もお弁当に入れられる!

お弁当に入れるイメージのない「お袋の味」メニューもありますが、実はお弁当箱を工夫すれば持ち運び可能!まさか入っているとは思わなかった料理がお弁当で食べられるのは、かなり魅力的ですよね。

ということで、おすすめのメニューとお弁当箱をあわせてご紹介します!

カレー

2段の弁当箱を開けたら、入っていたのはカレーのルーとご飯。持ってくるのが大変そうですが、カレーはニッポンの味。子どもの好きなメニューのひとつです。

こちらの弁当箱はどんぶり型で2層になっているのでごはんとルーを分けることができます。

さらにワイドなサイズで、食べるときにご飯の上にのせれば作りたてのカレーを味わえます。

おでん

具がおでんでぎっしりのお弁当は、少し恥ずかしい気もしますがたまには嬉しいものです。今やどこのコンビニにも置いてあります。

魔法瓶と同じ構造で、熱いものから冷たいものまでの熱々のスープやシチューを入れることができるフードコンテナー。

さらに大きいサイズだと具がたくさん入るので、おでんを入れるにはぴったりです。

そうめん

夏の暑いある日のお弁当はそうめんとつゆ。ここまで簡素でおいしいお弁当はありませんね。

よく考えてみると、実は夏バテでさっぱりとしたものがいいだろうというお袋の気の利いたお弁当なのかもしれません。

こちらのお弁当箱は、麺のツルツルしたひんやり感をキープできるという優れた機能つきで、麺好き必見です。

そんなに作る時間がない…という方はコレ!

連日仕事が続いていて、少しはゆっくり寝たい方や朝あまり時間がない方にとって、しっかりした手料理を作るのは難しいことですよね。

しかし、子どもには美味しいものを食べさせてあげたい、というのが親心というものです。そこで、「おふくろの味」を再現してくれた惣菜パックがあるので、こちらをご紹介します!

れんこんのきんぴら

ご飯との相性や栄養のバランスを考えて、こういったおかずは是非1品入れておきたいところですよね。

少しピリ辛な味付けなので、中高生のお子様にはぴったりではないでしょうか。れんこんは嫌いなお子様も比較的少ないと思われるので、安心です!

里芋の煮っころがし

こちらも老若男女から大人気のおかずですね。お弁当に入っていたら、喜ぶこと間違いなしです。

しかし、こういったおかずは汁をしっかり切っておかないと、ご飯の方に流れていた、などがっかりしてしまうパターンにつながりかねないので注意が必要です!

野菜のうま煮

野菜のうまみを閉じ込めるようにして煮込んだお惣菜です。こちらも好きな方は多いのではないでしょうか。

野菜となると、お子様の好き嫌い問題があるかもしれませんが、こういったところから克服に向かうかもしれません。バランスが重要ですが、お子様に聞いてみてチャレンジしてみるのも1つの手ですよ!

BENTO…日本から生まれた言葉

学生時代はみんなで一緒にお弁当を食べるのが楽しいものです。その楽しさがマンガで海外に発信され、進化して「BENTO」と親しまれるようになりました。

日々進化しているBENTOですが、昔からみんなに愛されている定番おかずはやっぱりはずせませんね。おふくろの味をマスターして、お弁当上級者を目指してみましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 35aacd66 5a4f 4216 bba1 a82c6df796b3

本記事は、2015年05月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る