生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 家庭で使うならこれで充分!生クリームの代用品レシピまとめ

家庭で使うならこれで充分!生クリームの代用品レシピまとめ

2015年05月13日作成

 views

お気に入り

お菓子作りには欠かせない生クリーム。しかし、他の乳製品に比べてちょっと値段が高めで、余るとあまり使い道がありません。結局捨てることになってしまい、不経済だと感じている人も多いのではないでしょうか。

甘くて子どもたちも大好きな生クリーム、家にある他のもので代用できたらいいと思いませんか?今回は生クリームの代用品を作る方法をまとめてみました。

最後に紹介した牛乳から生クリームを作る方法以外は時間がかかってしまうものもあります。ご了承ください。

生クリームの代用品レシピまとめ

ヨーグルトクリーム

ヨーグルトと砂糖を使ってクリームを作ることができます。生クリームというよりはホイップクリームに近い食感で、さっぱりした味になるようです。

材料

  • ヨーグルト(500g)
  • 砂糖(大さじ3〜4)

まず、ヨーグルトを水切りをします。ヨーグルトの水切りには半日程度の時間がかかるので、ヨーグルトクリームが必要な方は前日からあらかじめ準備しておくことをオススメします。

キッチンペーパーを敷いたざるの中にヨーグルトを入れたり、コーヒーメーカーとフィルターの上にヨーグルトを乗せておくことでも水切りができます。冷蔵庫の中に入れて約半日ほど待ちましょう。

ヨーグルトの水切りを済ませたらボウルに入れ、砂糖を入れて混ぜれば完成です。

豆腐クリーム

豆腐クリームは低カロリーかつアレルギーの心配もほとんどなし。また生クリームは少々値段がお高めですが豆腐は安いです。体にも家計にも優しいですね。

材料

  • 木綿豆腐(1丁)
  • メープルシロップ(大さじ3)
  • レモン汁(小さじ1)
  • 塩(少々)
  • (あれば)バニラエッセンス(少々)

まず、豆腐をしっかり水切りします。豆腐の水切りもやり方によっては20〜30分程度の時間がかかるので、それを見越して調理をし始めてください。

キッチンペーパーにくるんで電子レンジで加熱したり、まな板などの重しをのせたり、ふきんにくるんでしぼるなど豆腐には色々な水切り方法があります。この場合には形が崩れても大丈夫なので、ふきんにくるんで絞るのが一番簡単かもしれません。

水切りが終わったら上記の材料を全てフードプロセッサーに入れ、混ぜあわせれば完成です。フードプロセッサーがない場合はボウルに入れて手動で滑らかにしましょう。

牛乳

牛乳も牛のミルクからできるものなので、牛乳を使って生クリームに似たものを作ることができます。

材料

  • 牛乳(3/4カップ)
  • バター(1/3カップ)

耐熱容器にバターをいれ、ラップなどでフタをしてレンジでトロトロになるまで溶かします。溶けたら牛乳とよく混ぜ、クリーム状になったら完成です。

牛乳が無脂肪の場合は小麦粉を少々加えるとコクのある味になるようです。少々バター臭いのが難点ですが、生クリームを少ししか使わない場合などに試してみてください。

意外と簡単に代用できる生クリーム

市販品の味をそのまま再現するのは難しいですが、家庭で出すおやつや食事に添えるには代用品ぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。今すぐに生クリームがほしい方、ちょっとしか使わないのにわざわざ買うのはもったいない、と感じている方はぜひお試しください。

(image by amanaimages1 2 3)

この記事で使われている画像一覧

  • E443c0a9 3508 4019 bc19 d2e087b1d112
  • 420a64d8 1bf5 4b55 9708 8447979c12a1
  • 9b298ad5 d2d2 44d1 9c7d ac701dc42c9a

本記事は、2015年05月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る