生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 花を飾って自宅を癒し空間にする方法

花を飾って自宅を癒し空間にする方法

2015年05月13日作成

 views

生活のメリハリがなく、季節感も曖昧で、疲れた体を引きずって会社と家を往復する毎日を送っていませんか?

実は、花を生活に取り入れるだけで、そんな生活とはオサラバできるのです。

ここでは、自宅に花を飾るコツについて紹介します。

目次

花を自宅に飾ると何がいいの?

花は季節を感じさせるだけでなく、見た目や香りでも私達を楽しませ、癒やしてくれます。実際、部屋や玄関などに花を飾ることで、気分が安らぐ経験をした人も多いのではないでしょうか。

これは、単に気のせいではありません。みずほ情報総研株式会社社会政策コンサルティング部の調査によると、次のようなデータが得られたそうです。

生花がもたらす心理的効果を測定したところ、花の無い部屋に比べて花のある部屋では「活気」の気分プロフィールが大幅に増加し、「混乱」、「疲労」、「緊張・不安」、「抑うつ」、「怒り・敵意」が低下することが明らかとなりました。
(参考元:みずほ情報総研株式会社

上記のとおり、花を飾ると活気が生まれ、疲労や混乱、緊張など、マイナスの感情が薄まるというワケ。つまり、ストレス社会に生きる現代人にとって、花は重要な癒やしアイテムなのです。

飾り方

花を飾るのに、必ずしも花瓶や剣山を使用する必要はありません。小瓶やコップなど、身近な器を代用してもOKです。形別に飾り方のポイントとなるのは下記の点です。

背の高い器

花をひとつだけ入れる「一輪挿し」にするときにおすすめの器です。花を入れるときは、器と、器からでる花や茎の高さが、1:1になるようにしましょう。バランスが良く、まとまりがあるように見えます。

口が広い器

花が、器の縁にのるように入れましょう。茎が長過ぎたり短すぎると花が浮いてしまうので、器の底につくくらいの高さで切るのがポイントです。

平皿に花を浮かべる

茎をカットし、花だけを水を張った器に浮かべるのも、おしゃれな印象となります。花を浮かべるだけなので、花の位置や向きに悩むこともなく、初心者にも簡単に楽しめます。

場所別!花を取り入れるポイント

花を生活に取り入れるうえで、最も簡単な方法が自宅に飾ることです。例えば、次の場所に置くといいでしょう。

  • 玄関
  • ダイニングテーブル
  • リビング
  • トイレ
  • 風呂
  • 寝室

では、それぞれみていきましょう。

玄関

玄関は、外から帰ってきたときに一番はじめに目にする場所です。ここに花があると、一日の疲れも吹き飛ぶような気持ちになれます。また風水の観点でも、玄関に花を置くと、運気を呼び込むとされています。

どんな飾り方、花が良いか

玄関に広いスペースがあるなら、華やかな印象を与えるおおぶりの花がおすすめです。活け花や花瓶、どちらでも綺麗に飾れます。

玄関にそこまでスペースがないときは、コンパクトな花瓶を使用するといいでしょう。

ダイニングテーブル

食事を楽しむダイニングテーブルに花を飾ると、食卓がおしゃれな印象となります。来客時やホームパーティのときも、華やかになるのでおすすめです。

どんな飾り方、花が良いか

ダイニングテーブルに大ぶりの花瓶や剣山を置くと、食器を運ぶときや食事の最中に邪魔となります。また、背の高い容器に入れると、花や花粉が落ちて料理に入ってしまう可能性も。できるだけ、背が低くコンパクトな花瓶を選びましょう。

また、ユリのように香りの強い花は食事の香りを台無しにしてしまうことがあります。ガーベラのように香りの控えめな花を選ぶとよいでしょう。

リビング

リビングに花を置くと、インテリアのアクセントとなります。季節に応じて花を変えれば、四季の移ろいを感じられます。

どんな飾り方、花が良いか

インテリアのアクセントとして使うなら、大ぶりのものが良いでしょう。ユニークな形の花瓶に一本だけ花を入れて、一輪挿しを楽しんでもOK。香りが強めの花を選ぶと、部屋の中に花の香りが漂うので、リラックス効果も生まれます。

トイレ

無機質な印象の強いトイレも、花を取り入れることでグッと華やかな印象となります。また、清潔感も出るので、トイレタイムが豊かになるでしょう。なお、照明を間接照明にするとモダンな雰囲気も演出できます。

どんな飾り方、花が良いか

狭いスペースに置くこととなるので、小さく小ぶりなものがいいでしょう。白や青系の花なら、清潔な印象を与えられます。また、ピンクや黄色でも華やかな印象となります。

風呂場

高温多湿の風呂場は、花を飾るのには適していません。風呂釜に花を浮かべて、花風呂とさせることをおすすめします。ゴージャスな気分になり、見た目や香りによるリラックス効果も期待できます。

ただし、入浴後には花を回収することを忘れずに。そのまま流してしまうと、水道管が詰まってしまいます。

どんな花が良いか

風呂に浮かべる花として特におすすめなのがバラです。一節にはクレオパトラもバラ風呂を愛したのだとか。バラ風呂は、ストレス解消や疲労回復に効果的といわれています。

桜やカーネションなどを浮かべるのも、華やかな気分になるので◎。ただし、市販の花には農薬が付いていることがありますので、風呂に浮かべる前に水でよく洗いましょう。

寝室

一日の終わりを迎える寝室にも、花はおすすめです。花の香りに包まれれば、リラックスしながら眠りにつけます。

どんな飾り方、花が良いか

睡眠のための部屋なので、あまり派手なものでは落ち着きません。シンプルなものがいいでしょう。ラベンダーのようにリラックス効果のある香りや、スイートピーなどの甘い香りもおすすめです。

花を取り入れて、生活を豊かに

花を生活に取り入れるのは、決して難しいことではありません。自分が一番目にするところから、お気に入りの花を飾ってみてくださいね。

(image by amanaimages1 2 3 4 5 6 7)
(image by photoAC)

この記事で使われている画像一覧

  • E897e306 c9df 496b a955 c67f7fefe676 thumbnail
  • 108f9fbe 4270 437f a581 1adbd0068fe5 thumbnail
  • E516a357 268b 483e b323 a8a0dd90ec0e thumbnail
  • C0c9808c 18f2 46fe b4bb 24b36a53b008 thumbnail
  • 14470287 be5f 4de2 bd89 5b67d9c32569 thumbnail
  • 201437fb 16a1 43cd 8304 aefcb00ff7a1 thumbnail
  • 5f13003b b261 4f82 932c 99a736b45d97 thumbnail
  • 84bb5f0a b056 43c5 8d7c e0235df65d2c thumbnail
  • D723fb35 2c77 4166 819f 5b79a8efd6f1 thumbnail
  • 2a226edf 9fb4 4356 ab9e 2f0f7fa53294 thumbnail

本記事は、2015年05月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る