生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3. 顔じゃない。NO.1キャバ嬢の「また会いたい」と思わせるコミュニケーション術

顔じゃない。NO.1キャバ嬢の「また会いたい」と思わせるコミュニケーション術

2016年11月18日更新

 views

お気に入り

新しい環境へ飛び込むと、人との出会いはつきものですよね。なかには「人見知りで…」「コミュ障で…」と飲み会や遊びへのお誘いを断ってしまっている人もいるのではないでしょうか?「嫌われたらどうしよう」「失敗したらどうしよう」とますます不安は高まるばかり。そうは言っても、生きていくうえでコミュニケーションは欠かせません!

そこでここでは、ファッションブランドのプロデュースを手がけたり、モデル活動をしたりと多岐にわたって活躍されているカリスマキャバ嬢・愛沢えみりさんに、コミュニケーション術について聞いてきました。愛沢さんは最近では「キャバ嬢社長 歌舞伎町No.1愛沢えみりとしての生き方」を出版し、若い女性を中心にその生き方を支持されています。

キャバ嬢は華やかな職業。見た目を着飾って男性のハートを虜にしていると思われがちですが、実はそうではありません。何よりも大切なのは、見た目よりも中身なんです。キャバ嬢が実際に使っている「また会いたい」と思わせる話術や心構えとはどういったものなのでしょうか?早速、愛沢さんのコミュニケーション術を教えていただきましょう!

目次

  • 「また会いたい」と思われる3つの心得
  • 基本が大事!好感を持たれる話し方
  • 好感を持たれるリアクションの取り方
  • 覚えておきたいコミュニケーション術
  • コミュニケーションが苦手な人へ

「また会いたい」と思われる3つの心得

仕事での取引先や飲み会などのシーンで、相手から「また会いたい!」と思ってもらうためには、どのような心持ちで接すればいいのでしょうか?

1:好かれようとしないこと

愛沢えみりさん「私は相手から好かれようとするよりも、まずは自分が相手のことを好きになるようにしていますね。相手にどう思われているのかは考えてもきりがないし、相手の考えはわからないから…。聞いてみても本当のことを教えてくれるかわからないじゃないですか。だから、相手からどう思われるのかを気にしても仕方がないと思うんです」

「嫌われたらどうしよう」とはまったく思わないという愛沢さん。そんな考えに至ったのにはこんなエピソードがあるそうです。

愛沢えみりさん「キャバクラを始めて慣れていなかったころは、好かれようとしていいことばかりを言ったり、いいところを見せようとして気を使って失敗しちゃうこともありました。でもお客さんは気を使われることを望んでいるんじゃなくて、その場を楽しみたいって思っているんだなってわかったんです」

自分ばかりが好かれようと思っていると、相手の求めているものに答えられない…。それどころか余計に気を使わせてしまったり、退屈させてしまったりするかもしれない…。そう気づいた愛沢さんは、無理に好かれようとするのはやめたそうです。

2:不快な思いをさせないこと

愛沢えみりさん「あと、好かれようとするんじゃなくて、嫌な思いはさせないようにしようって。そのためにはやっぱり、相手に対して感謝の気持ちを持つことが大事だなって思います。感謝の気持ちを持っていると、自然と相手との接し方も変わってくるなって思って」

感謝の気持ちを持って接する…!忘れてしまいがちですが、とても大事なことですね。そうは言っても、嫌な思いをさせないようにしようと思うと、つい言いたいことが言えなくなったりしませんか?

愛沢えみりさん「私は思っていることはちゃんと言います。それを言わないと、話しているっていう感じがしないので。それでも失礼なことや不快な思いをさせずにすむのは、相手に対して感謝の気持ちがあるからかなぁ…。できるだけ相手の好きなところやいいところを見るようにしています

相手の気持ちに立って、相手のいいところに目を向けていれば、思っていることを話しても失敗することはなさそうですね。

3:気持ちよく「バイバイ」すること

愛沢えみりさん「最後は気持よくバイバイするようにしています。"またね"とか"楽しかった"ってちゃんと笑顔で伝えます。"また連絡するね〜"って自然な感じで」

終わりよければすべてよしとは言いますが、笑顔でお別れをすることで「楽しかったな」という印象を持ってもらえそうですね!

恋愛でも帰り際にかけひきなどはしないほうがいいですか?

愛沢えみりさん「かけひきはしないほうがいいと思いますよ。自分が"会いたい"っていう素直な気持ちを伝えれば、相手も悪い気はしないと思うんです」

基本が大事!好感を持たれる話し方

その場がぱっと華やぐようなオーラを持つ愛沢さん。日頃、どんなことに気をつけたり心がけたりしているのでしょうか?

1:笑顔でいること

愛沢えみりさん「明るくしゃべるようにしていますね。疲れた感じではなくてハッピー!みたいな。そのためにも笑顔は必須です!コミュニケーションが苦手でも笑顔と挨拶がきちんとできれば相手に嫌な印象は与えないと思って」

人と話すのが苦手な人でも、笑顔を浮かべることはできるはず!好感を持たれる話し方のなかでも、「笑顔」は欠かせない要素のひとつのようです。

2:だらだらしゃべらない

愛沢えみりさん「あと、だらだらしゃべらないようにしています。しゃべりすぎてしまっても相手を引かせてしまいそうなので。短い切り返しが多いですね」

勢いよく話し続けてしまうと、相手を置いてきぼりにしてしまうもの。できるだけ短めの返しをするのがグッドだそうですよ。

3:相手に身体を向ける

愛沢えみりさん「話すときは相手のほうに身体を向けるようにしています。ちゃんと聞いているよっていう意思表示です。身体を向けていないときちんと話をしていてもいい印象にはならないなって思うので」

話すときは身体ごと相手にむけることが大切!たとえ仕事や作業をしているときでも、一度手を止めて相手に身体を向けたほうが好印象です。

4:相手の目をみて話す

愛沢えみりさん「相手と目を合わせている時間は、じっと見つめ過ぎると相手もびっくりしてしまうので、口元を見るようにしています。あまり見過ぎても威圧してしまうし、きょろきょろするのも失礼だし…」

相手にプレッシャーを与えない程度に目を見て話すのが鉄則。目を見るのが恥ずかしい人は相手の額や口元を見るようにしましょう。

好感を持たれるリアクションの取り方

愛沢さんはリアクションをとるとき、どんなことに気をつけているのでしょうか?

相手の話をきちんと聞く

愛沢えみりさん「相手を褒めるのも大事だと思いますが、まずは相手の話に興味を持って聞くことですね。聞くときにはうんうんって相槌を打ちます。ちゃんと聞いているのに、目線をそらしたり相槌を打たなかったりすると冷たいって思われてしまうので、もったいないです!」

自分がリアクションをすることよりも、まずは相手の話に興味を持ってよく耳を傾けることが大事。きちんと聞いているよ、という相槌は相手を安心させますね。

ワキをしめる

お話を伺っている最中にも、品のある動きが目立っていた愛沢さん。可愛らしいリアクションをとるポイントってあるんですか?

愛沢えみりさん「えー、本当ですか?(笑)手を叩いたり動かしたりしながら、声だけでなくてちゃんと聞いてるよっていう意思表示はしますね!」

なるほど!たしかに言葉だけでなく身体も動かしたほうが相手に伝わりそうですね。とはいえ、身体でリアクションをとろうとすると下品になってしまうこともあると思うのですが、何か気をつけていることはありますか?

愛沢えみりさん「動きを大きくしすぎると下品に見えてしまうので、手を叩くときもワキはしめるようにしています!小さい範囲で動かしたほうが女性らしく見えますよ」

姿勢を正す

愛沢えみりさん「感じのいい聞き方っていうのは、聞く態度にあると思うんです。だから姿勢をよくするようにしています。姿勢は簡単に直るものではないので、ジムに行って運動したりして鍛えています」

きちんと聞いているようにみせるためには、姿勢を正しくすること。ほかに何かありますか?

愛沢えみりさん「あと腕を組んだり脚を組んだりもしないかな〜」

ワキを締めて、脚も組まずに閉じるのが正しいリアクションの基本スタイルのようです。

覚えておきたいコミュニケーション術

コミュニケーションをとっていると、何かと気まずいシーンも出てくるはず。そんなとき愛沢さんはどのようにして切り抜けているのでしょうか?

話題がないとき

愛沢えみりさん「話題がないときは、相手の着ているものや身に着けているものについて聞きます。テレビの話を振っても相手は見ていないかもしれないし、自分の昔の話をしてもつまらなくて気まずい雰囲気になっちゃうかもしれないので。その場でいっしょに話せる話題にしますね

なるほど。相手の持ち物について褒めたり聞いたりするのはよさそうですね。服や持ち物にこだわりがなさそうな人にはどうやって接していますか?

愛沢えみりさん「持ち物にこだわりがない人にも"それ素敵だね"とか"こういう服が似合いそうだね"っていう話をしますね。相手に似合いそうなものを言うと、結構盛り上がります」

たしかに「これ似合いそう」「あなたにはこんな色が素敵」などと言われたら楽しくなりそうです!

会話を広げるコツ

愛沢えみりさん「相手に興味を持つことですね。どんなにちっちゃいことでもいいので気づいて褒めたり質問をしたりすると、結構話に乗ってもらえたりするので」

天気や食べ物といったマニュアル化された質問内容を投げるのではなく、目の前にいる相手に興味を持つことが会話を弾ませる一番のポイントのようです。

緊張してしまったときは

愛沢えみりさん「私も緊張して顔に出てしまうほうです(笑)。相手との関係性にもよるんですが、伝えてもいい相手だったら"今緊張してるんだよね"って言っちゃいます」

あえて「緊張している」と言っておくことで、相手も気持ちをわかってくれるというメリットがあるそう。また、自分の気持ちを伝えることもコミュニケーションのうちですね。

しゃべらない人への対処法

愛沢えみりさん「飲み会とか盛り上がる場所でしゃべらない人がいたら自分から話しかけていきます。"どうしたのー?"とか"なんでしゃべんないのー?"とか"いつもそうなのー?"って。そのままにしていたら距離ができてしまうので"乾杯しようよー"って話しかけにいきますね」

なんとなくその場になじめない飲み会でこんなふうに話しかけられたら、それだけでもうコロッと落ちてしまいそうです…。

親しくなっても礼儀正しく

愛沢えみりさん「自分より目上の人の場合は、仲がよくても敬語を使います。敬語だからって相手と距離ができるわけではないと思うし、タメ口だから仲がいいっていうわけでもないと思うので」

たしかに、親しくなっても相手への尊敬の気持ちを忘れずに持っていることは大切ですね。愛沢さんが愛される秘訣はそこにあるのでしょうか。年上の人とはどうやって仲良くなるようにしていますか?

愛沢えみりさん「言葉よりは表情で親しくなりたいという気持ちを伝えるのがいいと思いますよ。相手にどう伝わるのかっていうのを考えていれば、失礼な言動はしないと思います」

言葉の形式にとらわれるよりも、表情や気持ちで親しみをこめたほうが相手との距離もぐっと縮まりそうです。

愛情も感謝も惜しまず伝える

愛沢えみりさん「ありがとうとか好きっていう言葉は惜しまずに言いますね。そうじゃないと伝わらないから。それでケンカになったとしても伝えたらお互いに話せるじゃないですか。伝えないっていうのはそれだけでもう、コミュニケーションをとれなくなるということだから、思っていることはどんどん言ったほうがいいと思います」

とはいえ、恥ずかしがってなかなか伝えられない人も多いはず。自分の心のなかで思っているだけではダメなのでしょうか?

愛沢えみりさん「自分の心のなかで納得して自己完結するのはコミュニケーションではないです。会話なので相手に伝えてはじめてコミュニケーションになるんじゃないかなって」

なるほど!たしかに相手に伝えなければ何もはじまりませんね!

コミュニケーションが苦手な人へ

お話しているだけでどんどん引きこまれていく魅力をもった愛沢さん。愛沢さんにとってコミュニケーションとはなんですか?

愛沢えみりさん「うーん…。コミュニケーションはすべての基本だと思います!やっぱりひとりでは何もできないので。コミュニケーションさえとれれば友達関係もそうだし、仕事の人間関係もそうだしなんでもできると思います」

読者の方で「コミュニケーションが苦手だな…」という人に向けてアドバイスをお願いします!

愛沢えみりさん「コミュニケーションをとらないともったいないと思います!やらないといけない、というよりは、やらないともったいない。"やらなきゃ"って思うと面倒だけど、楽しいのでもったいないからしゃべったほうがいいと思いますよ

人の懐にぴょんと飛び込んでいくような身軽さと人懐こさを持っていた愛沢さん。年代や性別問わず、多くの人から愛されている理由がわかった気がしました。「また会いたい!」と思われる人になるためには、自分から「また会いたい!」と思えるように相手と接すること。

せっかく出会ったきっかけをムダにしないよう、相手と積極的にコミュニケーションをとって、楽しい毎日を過ごしていきましょう!

お話を伺ったのはこの方!

愛沢えみりさん:一晩で2900万円の売上を叩きだしたこともあるという新宿歌舞伎町のナンバー1キャバクラ嬢。小悪魔ageha人気モデルを経て、現在ではファッションブランドのプロデュースやメディアで大活躍されています。

(image by nanapi編集部)
(image by PresenPic1 2 3 4)
(ライター:小林リズム)

この記事で使われている画像一覧

  • 848ba46c 8cea 489b 8b91 cec580f0cb51
  • 77683710 aae4 46cc 8c98 16f9cce16d9b
  • 262339b8 b1e3 470c a623 da9c4883e238
  • 061885aa f7e1 4180 aa19 a3c6f2cd90ca
  • F8873e83 2c0c 4c6b 9c4e 3ca6db34bf27

本記事は、2016年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る