生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. ジェネレーションギャップがすさまじい、デジタルに進化した「あの頃のおもちゃ」

ジェネレーションギャップがすさまじい、デジタルに進化した「あの頃のおもちゃ」

2015年05月08日作成

 views

お気に入り

「もうおもちゃなんて買うような歳じゃない」そう思って、私たちがおもちゃから遠ざかっている間に、おもちゃはずいぶんと進化しました。

最新のおもちゃはハイテクなだけでなく、ハイクオリティ。私たちが昔遊んだようなおもちゃが、今、デジタル技術の進化によって子どもの手には余るほどに高品質になっています。

もはや懐かしいとは言いづらいほど進化した、最新おもちゃをご紹介します。

その進化に驚愕する、最新「あの頃のおもちゃ」

進化したファービー!「PLEO」

ぱっちりお目々にふさふさボディーから響き渡る「ナデナデシテー」の声。全世界で5000万台も売り上げたメガヒット商品「ファービー」。もしかしたら、今も家の片隅でナデナデされるのを待っているかもしれません。

そんな「ファービー」の生みの親、ケイラブ・チャンがその次世代機を生み出しました。

その名も「PLEO」。生後一週間の「カマラサウルス(恐竜)」をモデルとして作られたPLEOは、センサーやモーターを使って様々な動きを実現しただけでなく、育成することもできます。

誕生直後から幼少期、少年期までの3つのステージにおける接し方によって様々な性格に成長するというハイテクぶり。ぜひ、たくさんナデナデしてあげてください。

ファービーで鍛えたあなたはロボの成長には一家言あるはず。お子さんが育て方を間違えそうになった時は、ナデナデして正しい育て方を背中で語りましょう。

あの高級車があなたの家に

男なら一度は憧れるマイカー。子どもの頃には、プラスチック製のおもちゃの車で、座席の下に空いた穴から足を出して、必死に前進していた人も多いのではないでしょうか?

それも今は昔。今は、子どもがベンツに乗る時代です。

あのベンツから、子供用自動車が販売されています。アクセルを踏めば前に進んで、ハンドルを切れば左右に曲がる。危ないと思ったら遠隔操作もできる優れもの。

本物は高くて買えない、けれど、子供用なら・・・そんなあなたは、ぜひ子どもベンツで憧れの生活を手に入れましょう。

サイズ的に大人は乗り込むことができません。大人のドライビングテクニックを子どもに伝授するくらいにとどめておきましょう。

最強の地球儀

かつて、私たちの学習机の上にもあった地球儀。勉強そっちのけで、くるくる回して、地球の裏側、海を超えた先にある国々に思いを馳せた人も多いと思います。

そんな地球儀が進歩に進歩を重ねて、今や半球体のLEDディスプレイに投影された「WORLDEYE」として生まれ変わっています。

WORLDEYEは世界地図はもちろん、人類が地球中に広がっていった足跡、さらには太陽系や星座など、地球に関わるありとあらゆるものを、ディスプレイに映しだしてくれます。

家族の思い出の写真もアップロードすることで投影することができます。子どもの勉強だけでなく家族の団らんに一役買ってくれそうですね。

ホーム・アローン的ラジコンカー

指先ひとつで右に左に、自由自在に動き回るラジコンカー。ついつい遠くまで走らせて、見失ってしまうこともしばしば。また、日中の明るい時にしか遊ぶことができないという欠点もありましたよね。

しかし、新世代のラジコンは距離にも暗闇にも屈しません。ラジコンに搭載されたカメラから動画をリアルタイム受信、暗くなれば暗視カメラに切り替えることができます。

これさえあれば、誰にも気付かれずに遠くの景色を昼夜問わず覗くことができます。今や、ラジコンはスパイツールになっているのです。

子どもが倫理的に問題のある使い方をしないように、目を光らせながら一緒にスパイごっこを楽しみましょう。

3Dプリンター

ビーズやプラモデルをちくちくと作った幼少期。「パーツがちょっと違う…」「ビーズじゃ立体感が出ない…」なんて思ったことがあったかもしれません。

そんな悩みはすべてこいつが解決してくれました。

巷で人気の3Dプリンターが家庭に。子供のおもちゃにしては家計をかなり圧迫しそうなお値段・・・というか子供に預けてしまうのはかなりもったいない!

子供から大人まで、というかほとんど大人が楽しむことになるそんな近未来の玩具が、3Dプリンターなのです。

3Dプリンターには緻密な設計が求められますし、これからの時代の主力テクノロジーとも言えます。子どもへの先行投資と考えれば、ライバルたちに差をつけることができるかも?

ロボットをこの手で

「自分で作れるロボットキット」は数あれど、最初から完成形が決まっていて、自分の作りたいロボット像とは少し違う。

そんな思いが解消されました。

部品がブロックで出来ているから、誰でも簡単にロボットを作れるだけでなく、自由に形を作っていくことができます。

さらに動きにも幅があって、きっとあなたの情熱を満たしてくれるはずです。

親子間、新旧イカしたロボットデザインコンテストの幕開けです。作ったロボットで戦わせることもできるかもしれませんね。

子どもにはもったいない!

最新デジタル玩具の数々、いかがでしたか?あまりに進化していて驚いてしまったかもしれません。

しかし、歳をとっても遊び心はなくなりません。これを気に童心に返って、デジタル玩具でおもいっきり遊んでみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages

この記事で使われている画像一覧

  • 95ddc627 8731 4add 90d5 51ed4204b80a

本記事は、2015年05月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る