生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 父の日に贈りたいメッセージの書き方と文例まとめ

父の日に贈りたいメッセージの書き方と文例まとめ

2015年05月07日作成

 views

お気に入り

父の日はお父さんが主役になる唯一の日です。日頃の苦労をねぎらって、お父さんにちゃんと感謝の気持を伝えたいものですね。

父の日にはお父さんに何らかのプレゼントをする人が多いと思いますが、小さなカードなどを添えてメッセージを贈ってみてはいかがでしょうか。ただプレゼントをするより、子どもが何を思っているかを知れたほうが、お父さんもきっと喜んでくれるはずです。

しかし、お父さんに何を書いたらいいのかわからない……という人もいるかもしれません。そんな人のために今回は父の日に向けたメッセージの書き方と文例をまとめてみました。

目次

お父さんへのメッセージ、何を書いたらいいの?

お父さんに向けて手紙やメッセージを書いたことがない……という人にはちょっとハードルが高い作業なのかもしれません。

以下にメッセージを書くときのポイントをまとめてみました。

シンプルに「ありがとう」

基本的に父の日に伝えるべき気持ちは「お父さんいつもありがとう!」という感謝の気持ちだけです。何を書いたらいいのかどうしても思いつかない……という人は、その一文だけでも充分だと思われます。

自分の思いを素直に書く

「どう書いたらいいのかわからない」という人は、もしかすると「いいことを書かなければ!」と思い込んでいるのかもしれません。しかし別にいいことを書く必要はなく、自分が思ったことを素直に書けば大丈夫です。

例えば、小さいころの思い出や、お父さんをすごいと思ったときのエピソードなどなど。それがなぜ思い出に残っているのか、なぜすごいと思ったのかを書ければ、お父さんも喜んでくれるのではないでしょうか。

父の日に贈るメッセージ文例まとめ

ここに載せている例はあくまで例です。自分でちゃんと考えて書いたものの方が喜ばれるに決まっているので、参考にしつつ自分で書いてあげてくださいね。

お父さんをねぎらうメッセージ

「私たちの大切なお父さんへ、父の日おめでとう。毎日、お仕事たいへんですね。体に気をつけて、いつまでも元気でいてください。」(引用:父の日に贈るフラワーギフトのメッセージカード文例集

「お仕事たいへんですね」「体に気を付けて……」などのお父さんをねぎらうコメントが入っているのはよいですね。お父さんを気遣う優しさがあふれています。

結婚後に贈りたいメッセージ

「これまで家族のために頑張ってくれて本当にありがとう。
こうやってみんなが幸せにいられるのも、お父さんのおかげです。
私も家族をもちお父さんの偉大さと苦労が身にしみてわかりました。
いままで色々と苦労をかけてごめんなさい。これからは私がお父さんに恩返しをしていくから、いつまでも元気でいてね。」(引用:父の日に贈るフラワーギフトのメッセージカード文例集

「自分も色々な経験をして親を尊敬するようになった」なんてお父さんも嬉しいのではないでしょうか。「これからは私がお父さんに恩返しをしていくから……」というコメントも子どもの成長を実感できると思います。

息子から贈るメッセージ

「オヤジ、心配ばかりかけている親不孝なオレですが、
今はオレなりに精一杯頑張っています。
だからほんの少し安心してください。」(引用:父の日に贈るフラワーギフトのメッセージカード文例集

これは男性向けですね。心配ばかりかけてごめんなさい。というしおらしい言葉に、お父さんもグッときてしまうかもしれません。

昔のエピソードを交えたメッセージ

「昔は「お父さんそっくりね」って言われてイヤだったのに、今は嬉しく思います。普段は恥ずかしくて言えないけど、父の日だからホントの気持ち伝えます。お父さんの子供に産まれて本当によかった♪」(引用:父の日に喜ばれるメッセージ文例集

昔のエピソードを引用して感謝の気持を伝えるのもいい方法ですね。昔のことを色々思い出せるのでお父さんも楽しいのではないでしょうか。

お父さんの性格に言及したメッセージ

「いつも頑固で無口なお父さん。でも、お父さんが大黒柱でいてくれてこその我が家です。お母さんと仲良く、いつまでも元気でいてください。」(引用:ほっと電報

お父さんのキャラクターに触れているところがいいですね。「頼りにしています」というメッセージをさり気なく伝えているのもポイント高いです。

尊敬するお父さんへのメッセージ

「辛いときも、お父さんのことを思い出すと頑張ろうという気持ちになります。これからもずっと、強くたくましい父親でいてください。」(引用:ほっと電報

お父さんのことを尊敬していることがひしひしと伝わってくる文面ですね。

義父への父の日メッセージの書き方・文例まとめ

実の父親よりも義理のお父さんへのメッセージのほうが何を言おうか迷ってしまうかもしれませんね。義父へのメッセージのポイントとしては以下の2つがあります。

  • 感謝の気持ち
  • 健康を願う気持ち

義理のお父さんなので、同居しているなどの場合を除くと、そこまで思い出がない、思い入れがないという人も多いのではないかと思います。そういう場合には最低でも感謝の気持と、健康を願う気持ちをメッセージの中に入れておきましょう。

感謝の気持ちを伝えるメッセージ

「お父さん、いつもありがとうございます。
いつまでも若く、そして元気でいてくださいね。
日頃の感謝の気持ちです。
気に入っていただけたら嬉しいです。」(引用:父の日のメッセージの文例を紹介!義父には?英語は?

プレゼントを添えて、感謝の気持ちを伝えましょう。

健康を気遣うメッセージ

「お父様、いつもありがとうございます。
お酒やタバコもほどほどにして、お元気で長生きしてくださいね。
感謝の気持ちを込めて贈ります。
気に入っていただけたら幸いです。」(引用:父の日のメッセージの文例を紹介!義父には?英語は?

何より丁寧に、敬語を使って書くのがキモ!丁寧に書けば真心は伝わるはずです。

なかなかない機会、お父さんへの感謝を伝えよう

父の日にメッセージを贈るなんていい年して恥ずかしい、と思うかもしれません。しかしただプレゼントをもらうよりも、少しでもいいからメッセージをもらったほうがお父さんは嬉しいのではないかと思います。1年に1回しかない機会なので、お父さんに感謝の気持ちを伝えてみてください。

(image by amanaimages1 2 3)

この記事で使われている画像一覧

  • 51ba1561 e0c9 414e 8995 a2d4e027629e
  • 254fd14b 99b2 43f8 bfb6 0448e1cf1a77
  • Ba6a3b62 9058 4afc a956 b0f846da9930

本記事は、2015年05月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る