生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 釣りガール急増中!意外とハマる奥深い釣りの魅力とは

釣りガール急増中!意外とハマる奥深い釣りの魅力とは

2015年05月01日作成

 views

「一生幸せでいたかったら釣りを覚えなさい」という中国の古いことわざもあるように、釣りは一生の趣味とも言われます。おじさんくさいとも思われがちな趣味ですが、最近では釣り好きな若い女性、通称「釣りガール」も増えているのだとか。

しかし、釣りをやらない人にとっては、何がそんなに面白いのかわかりませんよね。魚を釣るだけでしょ?ずっと川や海にいるなんて耐えられない!そもそも魚、ちょっとこわい・・・。そんな声も聞こえてきそうです。

そこでこの記事では、どうして釣りが多くの人を惹きつけて離さないのか、その魅力をご紹介したいと思います。これを読めば、あなたも釣り人の仲間入りをしたくなるかもしれませんよ!

実はここが楽しい!釣りの8つの魅力

魅力1:釣れたときの喜び

釣りをするのだから、やはり1番の魅力は釣れたときの喜びです。釣れた魚が大きければそのぶん嬉しさも大きくなりますし、それが狙っていた魚であれば最高の気分になります。

魅力2:釣れなかったときの悔しさ

反対に、釣れなければ1番の楽しみを味わえないことになります。しかし、一度釣った喜びを覚えてしまえば、釣れなかった悔しさもまた魅力の1つです。

次こそは釣ってやろうというモチベーションにもなりますし、今度はこうしてみようか、ああしてみようかと考えてるだけでワクワクしてくるものです。

魅力3:魚との駆け引き

魚も生きものなので簡単には釣られてくれません。当然バレバレの仕掛けにはかからないので、いかに仕掛けで魚を惹きつけるか、工夫する必要があります。

また、魚が仕掛けに食いついてからも、竿を引いたりリールを巻くタイミングを間違えば逃げられてしまいます。この魚との真剣勝負が釣りの奥深さであり、釣れたときの喜びにつながっているのです。

魅力4:無心になれる

釣り好きの人の多くは、無心になれることも魅力だと言います。これは単にボーっとして何も考えないという意味ではなく、魚との駆け引き、糸や水面の微妙な動きに意識を集中することで、日常の悩みや仕事のことなど、釣り以外のすべてを忘れられるということです。

釣りをやらない人からすると、釣れないときはヒマなんじゃないかと思ってしまいますが、魚がかからないときも集中しているので釣れなくても時間があっという間に過ぎてしまうのです。

魅力5:種類の多さ

釣りの奥深さの1つには、魚の種類の多さ、場所の多様さがあります。「バス釣り」「ヘラブナ釣り」、あるいは「海釣り」「渓流釣り」というように釣りは細かく分けられ、それぞれに異なった魅力があります。

場所や目的の魚によって使う道具や釣る方法が違い、それぞれを違った気分で楽しむこともできれば、自分に合った釣りを深く掘り下げることもできます。それが釣りの懐の深さであり、多くの人が惹きつけられる魅力にもなっているのです。

魅力6:釣った魚を食べる

釣りはもともと食料を確保するために始まったものであり、当然いまも自分で釣った魚を食べるのが醍醐味の1つとなっています。釣り好きのなかには、釣ること自体よりも釣った魚を食べることを目的にしている人もいるようです。

お店で買えば高級な魚も、自分で釣ってしまえばタダで食べられますし、自分で釣った魚ならより美味しく感じられます。

魅力7:大きさ自慢

大きな魚を釣り上げたときの喜びや達成感は何ものにも代えがたいものですが、そのときのエピソードを釣り仲間に話したり、大きさを自慢するのもこの上ない楽しみです。

釣り好きが集まりお酒を飲めば、どれだけ大きな魚をどれだけ苦労して釣ったかで自慢合戦となり、まさに酒の肴(さかな)となるのです。

魅力8:自然との対話

釣りに複数人で行ったとしても、釣っているときは1人で自然と向き合うことになります。普段、人や機械を相手に生活をしている人にとっては、自然の中に入り込み、自然の一部になることは、究極の癒やしです。釣りをしているなかで、気持ちをリフレッシュさせることができます。

また、少し前まで自然の中で狩猟・採集をして暮らしていた人間にとって、釣りは本能的な原体験。実は人間は無意識に釣りを求めているのかもしれません。

一時の趣味でも

釣りが一生の趣味と言われる理由が少しでもご理解いただけたでしょうか?

もちろん、ここまで読んでも何が面白いのかわからないという人もいたかもしれません。ただ、実際にやってみたらハマっちゃったということもありえます。一生の趣味にしようと重く考えずに、興味が少しでもあれば一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages1 2 3 4 5 6 7 8 9)

この記事で使われている画像一覧

  • 5ff33be8 8133 4726 9808 f22e62245a63
  • 2b87ec77 8e3d 4c11 b279 8cec0e057593
  • 6f87d140 ac85 4250 b66f 5074c1dc1510
  • 9a4456c1 2084 4de5 9021 996b64e292a6
  • 7fe4ef89 c8f9 4f51 9648 9ea893964b8f
  • 6997d727 84cc 43fa b11f d83efe57a641
  • 33abfdbc a40f 4634 ba17 e3eb4f5fa904
  • 37d43d05 b398 4812 a39b 573480b1cb4c
  • Db90f084 2985 4a98 93ba aaacd16acba4

本記事は、2015年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る