生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3. 復縁結婚のきっかけ6選

復縁結婚のきっかけ6選

2015年04月29日作成

 views

今、復縁結婚が静かなブームだというのは、ご存じですか?

芸能人でいうと、ロンドンブーツの田村淳さんや、モデルの道端ジェシカさんも過去にお付き合いしていた相手と復縁し結婚をしています。どちらもニュースになりご存じかもしれませんが、この復縁結婚ブームは芸能人だけのものではありません。

忙しく出会いの少ない現代社会。なんとなく久しぶりに連絡をとった元恋人と、恋心が再び芽生えることは誰にでもあることなのです。

そんな静かなブームの復縁結婚の、きっかけを6つ紹介しますね。

目次

復縁結婚のきっかけ1:同窓会で久しぶりに会う

昔の恋人と同窓会で会って意気投合、もう一度付き合う事になり、そこからのゴールインは良くある話です。

過去にどんな理由で別れたとしても、そのわだかまりが時間とともに薄れて久しぶりに出会った2人は、過去の良い思い出が蘇り、強く意識してしまうものです。

しかも一度別れという苦難を乗り越えた2人ですから、もう一度付き合う場合、絆は普通のカップルより強い傾向もあります。だからこそ復縁結婚に繋がりやすいのですね。

復縁結婚のきっかけ2:悩みを相談していたら

別れても普通に連絡を取り合える環境の場合もあります。この場合は、恋人ではないにしろ、お互い何でも話しやすい関係にあるはずです。

ですので、仕事での悩みや、新しい恋人との悩みなど、相談するパターンも少なくないでしょう。そんななかで、親身に相談にのってくれたりすると

「やっぱりこの人が一番わたしのことを考えてくれる…」

と惚れ直してしまうのです。

こちらも一度、別れそして改めて付き合う覚悟により、復縁結婚に繋がりやすいと言えます。

復縁結婚のきっかけ3:別れたのに体の関係をもってしまった

お互い別れても恋人気分がぬけずに、体の関係をもってしまうこともあります。これは都合の良い関係にならなければ、お互いもう一度異性として見つめ合う良いチャンスになるのです。

付き合っていたときよりも、別れてからの体の関係のほうが、盛り上がることもあり、そういったドキドキ感が2人の愛の炎を再び燃え上がらせます。

そんな盛りあがった気持ちのまま、勢いで復縁結婚してしまうカップルも実は多いのです。

復縁結婚のきっかけ4:友達からの噂を聞く

別れても共通の知り合いがいる場合は、いやでも相手の情報がはいってきてしまうものです。共通の知人から、

「○○って最近、何だかかわったみたい」
「すごく素敵になってた」

なんて良い噂を聞くと、不思議と自分から別れたとしても相手のことが気になってくるものです。こうなると、相手の事を考える時間、気にしている時間が多くなり、再び恋心が芽生える可能性が高いのです。

こういった状況からも、2人の関係を周りが認めてくれる感もあり、復縁結婚をするカップルが多いのです。

復縁結婚のきっかけ5:時間を置き告白する

別れた直後は、何らかのイヤな部分、嫌悪感がありますが、時間を置くことで、そういったものが無くなるケースもあります。そういった場合は時間を置き、再び連絡をとり気持ちを伝えることで復縁し、そのままゴールインする方もいます。

時間を置いて、お互い離れた場所で2人の関係、未来のことを真剣に見つめ直す事ができるので、復縁した場合は、結婚へ直ぐに向かう事が多いのです。

復縁結婚のきっかけ6:他の恋人と付き合う

別れてから他の恋人と付き合う事で、元恋人の良さが改めてわかることがあります。

お互いが新しい恋人と付き合い、それでも惹かれあった事実で復縁をしたならば、結婚へそのまま向かう気持ちも良くわかります。

復縁結婚のきっかけ6選まとめ

元恋人に未練があるけど復縁し結婚なんて無理かも…、なんて感じてるかもしれませんが、チャンスは必ずあります。またそのチャンスを掴もうとする気持ちがなければ、目の前にあるチャンスすら逃してしまうのです。

本当に忘れられない元恋人がいるのなら、復縁結婚を目指してみるもの一つだと思いますよ。あなたの幸せな復縁成功を心より願っております。

(image by amanaimages)

自分で出来る復縁方法を探していませんか?

100組のカップルが別れの理由も100通り、復縁方法だって100通りあります。

あなたの状況に合った復縁方法を下記のオススメサイトで探して下さいね。

▼女性はコチラ▼
元彼との復縁方法

▼男性はコチラ▼
元カノとの復縁方法

この記事で使われている画像一覧

  • 91191655 a135 4cdb 81c5 e260339748f4

本記事は、2015年04月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る