生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 運動会何着ていく?パパとママにオススメのコーディネートまとめ

運動会何着ていく?パパとママにオススメのコーディネートまとめ

2015年04月28日作成

 views

お気に入り

子育て世代にとって我が子の活躍が見られる一大イベント「運動会」。他の子の親御さんたちが集まる場でもあります。屋外なのであまり着飾るのも変ですが、カジュアルすぎてもNGとなると、どんな格好をしていけば良いのか迷いますよね。

そこで今回は、運動会に着ていく服装のポイントと、オススメコーディネートをまとめてみました。

目次

運動会の洋服は何に気をつけるべき?

ヒールのある靴は避けよう

運動会にヒールのある靴を履いて行ってはいけません。ヒールで運動場の土を掘ってしまい、凹凸をつけてしまう可能性があります。

フォーマルすぎる格好は浮く可能性が

運動会というハレの日ですが、メインは運動をする行事です。フォーマルすぎる格好では、浮いてしまう可能性があります。ほどよくカジュアルな格好にしましょう。

ミニスカートは避けよう

ミニスカートを履いていくと、周囲の人から眉をひそめられる可能性があります。余計なトラブルを招くことになりかねないので、避けた方が無難でしょう。

汚れていい服装にしよう

幼稚園や小学校のグラウンドは砂塵が舞いやすく、転ばなくても洋服が汚れます。洋服の汚ればかりに気がいって、我が子の活躍が見れなかったようでは本末転倒。汚れてもいい服で臨みましょう。

UV対策は周囲に気を遣おう

天候に恵まれた場合、グランドには強力な日差しが降り注ぎます。紫外線が気になるからといって日傘を差すと、周囲の人の邪魔になることも。日傘を差すなら、保護者席の一番後ろで、周囲に人がいないことを確認してから差しましょう。

最前列で我が子の活躍を見たいときは、サンバイザーや帽子が必需品です。

ママにオススメのコーディネート

では、ママにオススメのコーディネートを見ていきましょう。

1:デニム×ストライプカーディガン

カジュアルなダメージデニムにストライプのカーディガンを合わせたコーディネートです。足元にはオペラシューズを合わせて、女性らしさをオン。ノーヒールのものにすれば動きやすさもバッチリです。

2:グレーカットソー

シンプルなグレーのカットソーにデニムを合わせたコーディネートです。夏用のビーニーキャップをかぶれば、直射日光から頭を守れます。

3:Tシャツ×ハーフパンツ

ゆるっとしたハーフパンツにTシャツをあわせたスタイルです。肌寒いときや紫外線の気になるときは、肩にかけたカーディガンを羽織りましょう。

4:ポロシャツ×スキニーパンツ

白色のポロシャツとスキニーパンツを合わせた、動きやすいシンプルスタイルです。鮮やかな青色のスニーカーがよく映えるバランス良いコーディネートといえるでしょう。ベースボールキャップをかぶるとオシャレ度が増します。

5:デニムカットソー×チェックパンツ

デニムのカットソーをチェックパンツにイン。屈んでも下着の見えない優秀スタイルです。シャツインをしたので、茶色のメッシュベルトを合わせます。コーディネートのポイントになるだけでなく、全体のバランスがとれます。

パパにオススメのコーディネート

次に、パパにオススメのコーディネートをみてみましょう。

1:ワンポイントTシャツ×カモフラージュ柄ハーフパンツ

白いTシャツにカモフラージュ柄のハーフパンツを合わせたコーディネートです。ポイントとなるよう、足元にはオレンジのスニーカーを合わせます。

2:ブルーシャツ×ブラックハーフパンツ

カジュアルなハーフパンツを使いつつ、清潔感に溢れたコーディネートです。その秘訣は、ライトブルーの半袖シャツ。そこにグレーのスニーカーを合わせてスポーティな印象に仕上げました。

3:ボーダーカットソー×デニム

ボーダーカットソーとデニムに、スニーカーを合わせたコーディネートです。デニムはロールアップして、スニーカーとのバランスを整えます。さらに、ポイントとしておおぶりのスカーフをオンすれば、オシャレ上級者の素敵なパパスタイルの完成です。

4:ジャケット×細身パンツ

爽やかなブルーのカットソーにジャケットを合わせたスタイルです。フォーマルな印象が強いアイテムを合わせながら、カラーリングに遊び心が現れた、バランスの良いコーディネート。

5:ジャージ×デニム

運動会らしく、ジャージを合わせたコーディネートです。赤のニットを合わせて、タウンライクな印象をプラス。ストレートのデニムもロールアップさせれば、スマートなシルエットのスニーカーとの相性も抜群です。

運動会は動きやすく目立ち過ぎない格好で!

運動会では、動きやすく、周囲から浮かない格好がベターです。しかし、園や学校の雰囲気によって、カジュアル寄りだったり、フォーマル寄りだったりと、「浮かない格好」は変わってきます。

幼稚園や保育所なら送り迎えで、小学校なら他の行事などで、周囲の親御さんたちの格好を見て、ベストな雰囲気を探ってくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • A4c407fd af25 41e7 a7c8 74a2d9c1b9a4

本記事は、2015年04月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る