生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 20代の節約術

20代の節約術

2010年12月10日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

この不景気はいつまでの続くのだとみなさん常々思っていると思います。だからこそ、お金は大切にしないとねと財布のヒモをきつくしているでしょう。

今回は、若い人向けの節約術を紹介したいと思います。ただでさえ未来が見えない現代において必要な知識を紹介します。

ポイント1: 実家に住む

可能であれば必ず実家に住みましょう。社会人として独立したのだから、一人暮らしをするべきだという考えはよくわかりますが、現実的に考えれば一人暮らしはただの贅沢です。

一緒に住むことによって様々な経費が節約できます。よって、その差額を貯金することが可能になるのです。

例えば、家賃月六万円と仮定したならば、実家住まいになることで年間72万円の節約になるのです。

実はお金持ちの子どもは基本これを実行しています。会社に入社しても給料など高がしれています。

よって、まとまったお金を貯めるにはそれなりの時間が必要になります。しかし、実家住まいであれば、その時間が短くなります。

本当に子どものことを思うのならば、自立だと言って一人暮らしをさせることには何の意味もありません。

ポイント2: 生活費を記録する

自分が生活するために必要な金額は月いくらなのかを調べるためにも、家計簿をつけてください。

頭の悪い人は、節約をするぞ!と最初から生活費に月六万円までと上限を決めて節約をはじめたりします。

その金額が適性であれば良いのですが、そうでなければ無駄なストレスを貯めるだけで、良いことは何もありません。

あくまで切り詰めるのはできる範囲内での話です。よって、その範囲を見つけるためにも日々の生活費を記録する必要があるのです。

意外な無駄使いが見つかることがよくあります。

ポイント3: 中古、レンタルを検討

物を買う場合は、中古品、レンタルなどで代替できるか否かを一度考えてみましょう。

また、電化製品などでは、型遅れ品などを検討するのも良いです。人によっては中古は生理的に嫌だという人もいます。

よって、無理に勧めはしませんが、できるのならば大きな節約になります。

おわりに

節約とは頭を使って考えることです。何が削れるかという問題に頭をフル回転させるのです。

決して根性で乗り切るものではありません。根性だけでは途中でダメになるでしょう。

持続的に続けるには考えなければいけません。まだまだ節約できることはたくさんありますよ。

本記事は、2010年12月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る