生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. これでお前のハートは俺のもの!女子が喜ぶ「エレチュー」って?

これでお前のハートは俺のもの!女子が喜ぶ「エレチュー」って?

2015年04月22日作成

 views

お気に入り

小鳥のようについばむキスや、盗むようなふいうちのキス。キスの仕方やシーンにはいろんな種類がありますが、みなさんはどんなキスがお好みですか?どうせするならお目当ての相手を虜にしてしまうような、とろけるキスをしたいと思う人も多いはず。

そこでここでは、女子のハートを射抜く格別なキス「エレチュー」をご紹介します!

女子が喜ぶ「エレチュー」って?

「エレチュー」はエレベーターのなかでキスをすることの略称です。モテのプロ・ホストさんも使っている、極上テクニックなのだとか。プロ御用達のモテキス、もっと詳しく知りたいですよね!

それではさっそくエレチューの魅力をご紹介しましょう!

密室というドキドキ感

エレベーターは扉さえ閉じてしまえば密室状態です。エレベーターに誰も乗っていなければふたりだけの空間になります。突然外の世界から遮断され、ふたりきりだけになってしまうと、いつも以上にお互いを意識してしまうもの。

緊張した空気とちょっとした非現実感に、ドキドキがとまりません!

人に見られてしまうかもしれないハラハラ感

いくらエレベーターといえど、そこは立派な公共の場。たとえ誰も乗っていなくとも、途中の階で人が乗ってくる可能性もあります。イケナイことをしているようなハラハラ感にふたりの興奮も最高潮!エレベーターならではの醍醐味ですね。

見られそうで見られない、やきもきしたシチュエーションが刺激的ですね!

エレチューの種類

ひとくちにエレチューといっても、いろんな仕方があります。どれも胸キュン必至。みなさんはどのスタイルがお好きですか?

片手間エレチュー

ふたりきりのエレベーターに入った瞬間にキス!エレベーターの階数ボタンを片手で押しながらキスを続ける「片手間エレチュー」。キスをしつつも他の手はしっかりエレベーターを操作するこなれ感が、女子のハートをわしづかみ!

左手でそっと相手の肩をよせつつ、右手でボタンを押しましょう!

追い詰めエレチュー

誰も乗っていないふたりきりのエレベーター内で徐々に距離を詰めていき、相手を壁に追いやってする追い詰めエレチュー。このとき、話題の壁ドンを活用することもできます。密室からの壁ドン…からのエレチュー!3段階のドキドキにロマンチックが止まりません。

とはいえエレベーター内に居られる時間は限られています。そわそわしている暇などありません。短時間でビシッと決めてくださいね!

ささやきエレチュー

エレベーターに乗り込み、数秒の沈黙を経たうえで「やっとふたりになれたね」と耳元でつぶやいてからエレチューに至る「ささやきエレチュー」。男は目で、女は耳で恋をする…なんて言われていますが、まさに女子の耳を狙った手法!密室なためどんなに恥ずかしくても身動きがとれず、逃げ場がないのもポイントです。

「ずっとふたりになりたかった」「ふたりになれて嬉しい」など、ふたりという言葉を強調することでドキドキ感もアップします。

番外編:ひそひそエレチュー

密室でなければ使いにくいエレチューですが、集団でエレベーターに乗ったときにあえて誰にも見えない後ろのほうを陣取り、こっそりとキスをする「ひそひそエレチュー」もオススメです。ほかの人全員が前を向いているのがポイント。見られそうで見られない緊張感に心臓もバクバクです。

誰かが振り返ったら何事もなかったようにシラを切りましょう。

エレチューでとびきりのキスを!

というわけで、エレベーター内でのキスは通常のキスよりもときめきが3割増しになることがわかりましたね!恋人との関係がマンネリ化してきたみなさんもぜひトライしてみてはいかがでしょうか?いつもと違ったキスにドキドキが再来するかもしれません。

エレベーターには監視カメラが設置されています。怪しまれないようご注意を!

(image by amanaimages 1 2)
(ライター:小林リズム)

この記事で使われている画像一覧

  • 606cf5ed 697a 46fd 816f 7dcec176da75
  • 69498fe2 e41d 4aa5 81e9 b9afaf0f7409
  • 6e005244 18af 4759 bdb5 515ae4cc2cd9

本記事は、2015年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る