生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 余ったタレで簡単!「冷やし中華タレの煮卵」の作り方

余ったタレで簡単!「冷やし中華タレの煮卵」の作り方

2015年04月17日作成

 views

冷やし中華のタレが余っていると、冷蔵庫に保存しておきたくなりますが、そのまま忘れ去られてしまうことも……。

そんな時は、せっかくおいしいタレなので、煮卵のタレとして使って簡単な1品にしちゃいましょう。お酒のおつまみとしてもおいしいですし、ラーメンなどのゆで卵が煮卵なら嬉しいですよね。

ここでは、「冷やし中華タレの煮卵」の作り方をご紹介します。

材料(4個分)

  • 卵・・・4個
  • 冷やし中華のタレ・・・50g×2袋
  • 封ができる袋、バット(もしあれば)
今回、卵は4個にしましたが、保存袋に入るだけ作ることができます。

作り方(調理時間:180分~)

STEP1:ゆで卵を作る

鍋に卵とかぶるくらいのお湯を入れて、沸騰してから12分茹でてゆで卵を作ります。

著者は子供がいるので固ゆでにしています。半熟が好きなら6分で!火加減によって時間は変わるので5分30秒~6分30秒の間で調整してみてください。

STEP2:密封袋に入れる

ジップロックなどの口が封できる袋を用意して、皮を剥いたゆで卵、冷やし中華のタレを入れます。

空気を抜いて封をして、バットに入れて冷蔵庫で保管します。3時間程度置いて、外側がタレの色にほんのり染まればできあがりです。

STEP3:完成!

好みの色になったら2つに割ってお皿に盛りつけて完成です!

作り方のコツ・注意点

今回は、50gのタレを2袋使って卵を4個作りましたが、タレの量や卵の量は厳密ではなくて調節ができるので、タレが1袋だけ余った場合や卵をもっと多く入れたい場合でも応用できます。

ほんのりタレの色に染まったゆで卵は、お酒のおつまみとしても活躍します。ラーメンのゆで卵にも使っていいですし、冷やし中華に添えるのもOK。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20150413202732 552ba824bcd37
  • 20150413202759 552ba83fd8797
  • 20150413202817 552ba851add62
  • 20150413202846 552ba86e01942
  • 20150413202902 552ba87e2a573
  • 20150413202923 552ba8933e412
  • 20150413202732 552ba824bcd37

本記事は、2015年04月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る