生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. あなたは結婚に向いている?結婚が近づく秘訣!

あなたは結婚に向いている?結婚が近づく秘訣!

2015年04月16日作成

 views

お気に入り

「結婚=忍耐」という言葉があります。決してそれだけとはいえませんが、確かに自分勝手に生きるだけでは結婚は成立しないもの。全く違う人生を歩んできた2人が生活を共にするには、それなりの覚悟が必要だからです。

筆者が先日お会いしたある女性が、「結婚はしたいけれど、なかなかいい人がいない」と定番のお話をしてくれました。よくよく話を聞いてみると華やかな彼女は、結婚しても今の自分の趣味中心の生活を乱したくない、また今以上のレベルの生活を求めている、ということがわかりました。

でも正直にいうと、そう考える人は実はそのままでは「結婚には向いていない人」かもしれません。ここではそんな彼女が結婚に近づく考え方をお話します。

なぜ恋愛ではなく結婚?

自分の好きなことをやるだけなら、結婚ではなく恋愛で十分。恋人のままの方が気兼ねもなく、よっぽど現実的です。

結婚しても今以上の暮らしをさせてくれる、そんな男性を夢見る女性は多いでしょう。ですが、それが実現できる男性は実際ごくわずか。余裕のある男性ほど、ある程度の年齢まで「結婚しなくても良い」と考え、羽を伸ばす人は多いもの。そうして今まで1人で自由に使えたお金を、結婚して将来女性と分かつということになれば、おのずとパートナーへの理想が高くなるわけです。

恋愛より責任が伴う結婚。男性は自分本位な女性ではなく、支えてくれる女性を選びます。

そしてあなた自身はあなたの理想のパートナーにふさわしいお相手といえますか?「理想の結婚像」は楽をして手に入るものではありません。

自分の理想は高くないと思うあなたも

自分は相手に多くを望まないから、自分らしくいられる相手なら大丈夫…という人も中にはいるでしょう。でも、もしそれが一方的ならば、自分らしさではなく単なる自分勝手です。結果的に相手に依存し過ぎたり、極端に負担をかけることになるのであれば、結婚は成立しません。

いずれは「結婚したい」と思うなら、そもそもなぜ自分は結婚したいのかを改めて考えてみてください。一人よがりになっていませんか?

当然ですが、お相手もあなたと結婚したいと思わなくては結婚できません。結婚したいけど自由気ままにいたい、と思ううちは、そもそも「結婚に向いていない」状況なのです。

おわりに

「この人とずっと一緒にいたい」、と思える人と出会ったなら、意識せずとも自然に「自分がしたいこと」よりも「相手にしてあげたいこと」をイメージできるはずです。その時が「結婚に向いている」時。あなたの気持ちがお相手に伝わるならば、お相手も結婚を真剣に考えるでしょう。

そんな運命の人に会うために、今から自分が「結婚に向いているか」を考えてみましょう。

「結婚=幸せ」にするのはあなた次第です。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • B2cfd7e9 159c 4c94 92f7 08e384e0f030

本記事は、2015年04月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る