生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. これで完璧!2016年クールビズの最新トレンドまとめ

これで完璧!2016年クールビズの最新トレンドまとめ

2015年04月10日作成

 views

お気に入り

環境省が2005年から提唱し始めた「クールビズ」、今年でなんと11年になりました。最初の頃は「本当に定着するのか?」と疑問を持っていた方も多いでしょうが、今では百貨店などが総力を上げて特集を組むほどに受け入れられてきました。しかしながらみなさんは「クールビズ」のしっかりとした定義をご存知ですか?

今回はそんな「クールビズ」の定義と、着こなしのポイントを紹介していきます。しっかりとマスターしていきましょう。

クールビズって?

ここではまずクールビズとは何かを解説していきます。

クールビズの意味

クールビズは夏季中に冷房温度28℃のオフィスでも快適に過ごせるように軽装化を促進する、環境省主導のキャンペーンのことです。冷房の温度を下げる代わりに軽装をすることで省エネ効果をもたらし、CO2などの温室効果ガスを減らすというのが趣旨です。

最近ではクールビズよりもさらにラフな服装を推奨する「スーパークールビズ」もあり、ワークスタイルの変革が進んでいます。

実施期間

2016年のクールビズの実施期間は5月1日〜9月31日と予定されています。

クールビズのアイテム

クールビズの服装は軽装ならば何でも身につけて良いというわけではありません。環境省が提示している目安は以下のとおりになっています。

  • ◯:可
  • (◯):可だが、徹底されていない
  • △:TPOに応じた節度ある着用に限り可
  • ×:原則不可
アイテム クールビズ スーパークールビズ
ノーネクタイ
ノージャケット (◯)
半袖シャツ
かりゆしシャツ (◯)
ポロシャツ ×
アロハシャツ ×
Tシャツ ×
ランニングシャツ × ×
チノパンツ (◯) ×
ジーパン ×
ハーフパンツ × ×
スニーカー ×
サンダル ×

なお、これらはあくまでも目安ですので、営業活動などで外回りする際は、往訪する企業の基準に合わせたほうが無難です。

クールビズの注意したいポイント

普段のスーツスタイルと同じようにクールビズをすると、思わぬところで相手に不快感を与えてしまう恐れがあります。ここではクールビズをする際に気をつけたいポイントをまとめてみました。

ワイシャツを選ぶ際は襟に注意

ノーネクタイ、ノージャケットだと一番上に着るものがワイシャツになります。なので自然と他人の視線がシャツに向くことになります。クールビズ用のシャツを選ぶ際は襟に気をつけて選びましょう。

ノーネクタイの場合、普通の襟のシャツをそのまま着ると、ネクタイで絞めない分、襟が広がってしまいます。そのためクールビズ用のシャツを選ぶ際は、ボタンダウンのものやスナップボタンなど襟の形が崩れにくいものまたは襟が広がってもおかしくないものを選びましょう。またクレリックシャツなども、涼しげな印象をあたえるため良いとされています。

半袖シャツを選ぶ際は、サイズ感に気をつけましょう。普通の半袖シャツだと身幅が大きく、袖口も広いため、ダボダボになってしまいます。なるべく身体に合うようなフィットするもの、そして袖口が狭いものを選ぶと今風にスタイリッシュに着ることができます。

インナーは首元に注意

クールビズの服装をするときは汗でシャツが体にベッタリとつかないように、下に一枚インナーを着ることをおすすめします。

その際、首元の詰まっていないVネックやUネックなどの無地のシャツを選びましょう。ワイシャツのボタンを開けて着る場合にインナーが見えているのは非常にかっこ悪いです。また脇の汗ジミを作らないよう、ノースリーブのものも控えたほうがよいでしょう。

ネクタイは涼しげな印象のものを

環境省はノーネクタイを推奨していますが、重要な取引先へ往訪する際などにはやはりノーネクタイでは気が引けるもの。とはいっても、いつも通りのネクタイを着用しても暑苦しい印象を与えかねません。

涼しげな印象をあたえるネクタイとしてニットタイが挙げられます。どのジャケットにも合わせやすいので一本持っておくと便利でしょう。またニットタイの他には、シルク素材のネクタイや麻でできたものも涼しく見える効果があります。

クールビズのコーデまとめ

言葉で説明されても実際にどんな感じにコーディネートしていいかわからない......という方のためにクールビズのコーデをまとめてみました。是非参考にしてみてください。

半袖シャツ×ニットタイ

半袖シャツにクロップドパンツだけだとカジュアルダウンしすぎな印象がありますが、ニットタイを合わせることでフォーマルな印象に仕上がっています。

ジャケットスタイル

ジャケットとパンツの色を変えることで、重くなりすぎずいい感じにまとまっています。靴に白色がワンポイントで入っているのもポイントです。

チェックシャツスタイル

クールビズスタイルで人気の高いチェックシャツ。ボタンを開けていても襟が小さいためスッキリした印象を与えてくれます。

ボタンダウンシャツスタイル

クールビズ定番の、ボタンダウンシャツをつかったコーディネートです。普通のシャツよりも袖口がしゅっとしていて、スタイリッシュにまとまっています。

節度のある格好を

クールビズと一口に言ってもビジネス上でのことなので、やはり色々な制約やマナーは多いのが現実です。しかしながらそんな制限の中でオシャレに着飾るのも、ひとつの楽しみですよね。涼しい服装をして、快適に仕事をしてみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 144c7c08 da23 4d39 9bcb b10dbf191c90

本記事は、2015年04月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る