生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3. 万能調味料「マッサ」の基礎知識

万能調味料「マッサ」の基礎知識

2015年04月09日作成

 views

お気に入り

「最近、毎日の食事がマンネリ化してきたなあ……」と思っている方、いませんか?結局いつも作りやすいものばかり作ってしまっている方も多いのではないでしょうか。かといって、新しいメニューを習得するのも面倒ですよね。

そんな主婦の皆さんに紹介したいのが「マッサ」です。マッサとはポルトガルの伝統的な調味料で、食材、料理のジャンル問わず何にでも合う万能調味料なんです。

また、2015年4月15日には、「塩麹」や「塩レモン」などのブームの火付け役となった池田書店がマッサのレシピ本を発売することになっています。本の著者は料理家の栗山真由美さん。栗山さんはポルトガル料理を中心とした料理教室を主催しており、本場の味が期待できるのではないでしょうか。

そんな注目度がにわかに高まっているマッサですが、台所に常備する調味料の1つに加えてみませんか?いつものメニューが並んでいるばかりの食卓にも、新たな風を吹かせてくれるはずです。今回は話題になりつつあるマッサの基礎知識を紹介します。

目次

マッサって何?

ポルトガルの伝統調味料

マッサ(マッサ・デ・ピメント/マッサ・デ・ピメンタン)とは、ポルトガルの伝統的な調味料です。パプリカをペースト状にしたものであり、鮮やかな赤色が特徴です。

赤いので唐辛子などが入っているのではと思われがちですが、そういった香辛料は一切入っていません。塩とパプリカのみで作られているので塩辛く、料理に入れると豊かなコクが出ます。

ポルトガルの北部ではあまりポピュラーなものではないそうですが、中南部に位置するアンテレージョ地方でよく使用されているそうです。肉や魚などのマリネや、腸詰の材料などに使われています。

何にでも使える万能調味料

マッサは万能調味料といわれています。とても便利で、料理に気軽に使えることから人気が高まってきているようです。

簡単に作れて保存がきく

マッサは赤パプリカと塩のみで作られており、家庭で作るのも簡単です。

余計な添加物も一切入っていません。そのために保存には向かないのかというと、なんと発酵食品のため保存もある程度の期間であればOK。とても便利な調味料です。以下に簡単な作り方を載せておきます。

  • STEP1:赤パプリカを切る
  • STEP2:煮沸消毒した瓶の中にパプリカと塩を入れる
  • STEP3:1週間の間、朝晩振り混ぜる
  • STEP4:ペースト状につぶす

というステップで作れます。参考にしたレシピにはハーブが入っていますが、伝統的なものには入っていないので、入れなくても十分楽しめるでしょう。

あらゆる料理に使用可能

肉、魚、野菜、どんなものと合わせてもよくなじみ、炒めもの、煮物などどんな調理法でもおいしくいただくことができます。

発酵食品ならではのうまみ

マッサはポルトガルではメインの味付け、下味、隠し味などさまざまな用途で使われています。

その用途の多様さは、日本の伝統的な発酵食品である味噌にも似ています。料理に入れたり食材に揉み込んでおくだけで味に深みが出て、料理の腕が上がったような錯覚を覚えるかも知れません。

マッサを使った料理

マッサで豚肉炒め

見た目は生姜焼きっぽい豚肉の炒めものです。味付けはマッサとにんにくのみとシンプル。簡単なのですぐにレパートリーの1つに取り入れられそうなレシピですね。

豚肉とアサリの炒めもの

アサリと豚肉というあまり見ないような取りあわせですが、意外にもとても相性がいいそうです。マッサが魚介類ののコクを引き立てています。

とはいえ、味の想像がつきにくいものを作るのは難しいと思われます。ポルトガル料理店などに行ってみて、料理を食べてみてから作ってみるのがいいかもしれませんね。

とても使いやすく、トレンド入り間違いなし!?

マッサはシンプルな材料で簡単に作れ、またさまざまな食材と相性がいいということで、日本でも流行りそうですね。多くの家庭で使用される日もそう遠くはなさそうなので、気になる方は要チェックです!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 0bce0513 1007 43fa a94a d6f505b708db

本記事は、2015年04月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る