生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 歴旅京都。清水寺と秀吉の正妻ねね様ゆかりの圓徳院とねねの道のポイント

歴旅京都。清水寺と秀吉の正妻ねね様ゆかりの圓徳院とねねの道のポイント

2010年12月10日作成

 views

はじめに

嵐山花灯路、祇園祭に紅葉、そして歴史散策。憧れの京都の街の中で清水寺から高台寺に向かう、二年坂を越えた高台寺道の『ねねの道』までのいくつかの静かにまわれるポイントを押さえておきたいと思います。

4つの楽しみ方

ポイント1:清水寺には電車で行くのがベスト

紅葉シーズン時などの京都、清水寺や嵐山付近では交通渋滞が続きます。特に清水寺付近の道は、一方通行が多く車道も車一台分ぎりぎりなので徒歩の方がスムーズにいけます。

清水五条駅下車 東へ徒歩約25分 坂道が続くので注意です

ポイント2: 清水寺、成就院(月の庭)がお勧め

毎年春秋の二回、短い期間特別拝観。豊臣秀吉寄進の「誰が袖手水鉢」などがある京都三大名庭「雪月花の庭」のひとつ『月の庭』があります。清水寺の混雑を他所にとても静かに景色を眺めれるのでお勧めです。

拝観料600円

ポイント3: ねねの道

京都らしい風情あるねねの道は、ぜひ歩いてみたい道です。人力車もありますが、紅葉などのシーズン中は道が混雑しているので避けたほうがいいかもしれません。

ポイント4: 圓徳院(えんとくいん)の秘密の茶屋

ねねの道を挟んで高台寺の前にある圓徳院。ねね様がその晩年を過ごした場所として有名で、美しい庭園が見られます。紅葉シーズンはライトアップもされており、高台寺より静かに景色を楽しめることができます。

圓徳院の横の小道から中庭に入れる所があり、アメリカン・エクスプレスのカードを提示すると中の茶屋に入らせてもらえ、別庭を眺めながらお茶をいただけます。入館料も無料になりますので、ぜひ利用したいところです。

拝観料600円

おわりに

今回は京都の中でもわかりやすいポイントを書いてみました。歴史深い京都の町を1日で見てまわる事はできませんが、混雑のシーズン中でもゆっくりと古き時代を思い描けるお手伝いができればいいなと思います。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101209162114
  • 20101210135138

本記事は、2010年12月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る