生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 相続税の課税対象者が大幅に増加!相続対策はいつまでにするのか?

相続税の課税対象者が大幅に増加!相続対策はいつまでにするのか?

2015年03月26日作成

 views

2015年1月1日より、相続税の基礎控除額が引き下げられ、課税対象者が大幅に増加します。

2012年の相続発生件数に対する相続税納税者の割合は、全国平均4%、名古屋6%、首都圏7%でした。しかし、相続税が改正となり、全国では6%、首都圏では20%を超えるかもしれないと一部では報道されています(国税庁『平成24年分の相続税の申告の状況について』参照)。

基礎控除額の引き下げ

改正前:5,000万円+法定相続人×1,000万円
改正後:3,000万円+法定相続人×600万円

税制改正により、相続税の基礎控除額が4割減になりました。配偶者と子供1人の場合、基礎控除額は、改正前7,000万円であったのが改正後4,200万円となります。

相続対策

相続対策は、まずお客様の現況を把握することが一番大切となります。相続手続きのスケジュールは相続発生後10ヶ月の間に、遺産分割を決めると同様に様々な手続きが必要となります。時間に限りがある中で、相続手続き進めていかなければなりません。

よりスムーズな相続手続きを行うために、事前対策を行うことで相続トラブルも防げます。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • E7575a9c 9c0c 4a66 96bb ad518153ecb5

本記事は、2015年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る