生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 大学新入生は要チェック!?やばいサークルを見分ける方法

大学新入生は要チェック!?やばいサークルを見分ける方法

2015年03月26日作成

 views

お気に入り

厳しい大学受験を乗り越えて、春から華の大学生!という人にとって、一番楽しみにしているものの1つはサークル活動ではないでしょうか?

サークルでは、高校生では体験できなかったような刺激的・本格的な活動が楽しめるもの。「大学4年間はサークルに入り浸っていた!」という大人もとても多いですよね。

しかし、そんな楽しいサークルを悪用しようとたくらんでいる人もいます。せっかくの楽しい大学生活が、壊されてしまわないように、健全なサークルを選びたいですね。

そこで、今回は危険なサークルの見分け方をご紹介します。

目次

やばいサークルとは?

やばいサークルといっても、何がどうやばいのかよくわかりませんよね。ここでは、よくあるやばいサークルの例を挙げていきます。

お酒の飲み方がおかしい「飲みサー」

大学のサークルではお酒を飲まない方が珍しいです。しかし、飲めない人や女性にまでお酒を強要するサークルは、悪質なサークルだといえるでしょう。

性欲の吹き溜まり「ヤリサー」

下半身と脳みそが直結している男が集まっているサークルです。お酒を無理やり飲ませたり、先輩というアドバンテージを使ったり、あの手この手で性的に迫ってきます。

後輩は下僕としか考えていない「先輩君主サークル」

上下関係が異常に厳しいサークルもあります。体育会系部活動などでは、厳しく上下関係を規律を整えるために必要とされる場合もありますが、パシリやお酒の強要などが横行すると悪質なサークルに発展してしまいます。

サークルを隠れ蓑にした「新興宗教」

大学生というのは年齢的にも精神的にも大人に近づきつつありますが、まだ社会には出ていない存在です。詐欺まがいの方法で学生からお金を巻き上げたり信者にしようとしたりする団体もあります。要注意です。

本当に危険なサークルは、上記の複数の要素を満たしたモンスターであることも。

危ないサークルを入る前に見極める方法

新歓コンパに行ったが最後、勝手に部員として登録され、そのまま抜け出せないパターンもあります。そんな事態を防ぐために、事前にサークルプロフィールや新歓でサークルの危険度を読み取り、身を守りましょう。

やたらと自由をうたっている

新歓ではサークルお手製のパンフレットやチラシが配られます。そんな中でやたらと「自由」を強調するサークルは危険かもしれません。結局、活動内容があいまいだったり、お酒を飲むだけのサークルの可能性が高いです。

男女比率がおかしい

お酒を強要されたり、セクハラなどの被害になりやすいのは女性です。例えば、テニスなどの性別に関係なく楽しめる活動をしているサークルなのに女性の数が異様に少ない場合は、女性が離れてしまう要因があると考えられます。

一度入ったら抜け出せない

サークルは入るのも辞めるのも基本的に自由です。しかし、中には一度入ったらやめることができないといわれたり、掛け持ちはできないといわれるサークルもあります。

そういったサークルは後ろめたいことがあるのかもしれません。ブースで説明している人やパンフレットを配っている人に、サークルの掛け持ちなどができるか確認しておくことをおすすめします。

大学の認可が下りていない

サークルには、大学から認可が下りているサークルと、そうでないサークルがあります。認可が下りているサークルは、大学から部費のようなものが支給されたりします。その代わり、活動報告などをするので、認可が下りているサークルのほうが安全だといえるでしょう。

認可が下りているサークルには、活動スペースが大学から与えられていることが多いです。しかし、認可が下りていないサークルはスペースがもらえないので、食堂の片隅を占拠することも。

なので、プロフィールなどに活動場所が記載されていない場合は、認可が下りていないこともあります。

インカレサークル

大学をまたにかけて活動しているサークルのことです。もちろん、しっかりと活動をしているサークルもありますが、ただたくさんの女性を集めたいだけのヤリサーの危険性もあります。

大学の垣根を超えるインカレサークルといいながら、サークルメンバーの男性は東大/早慶大などの名門校で、女性が女子大のみで構成されているサークルは危険度が高いと言えます。男性への免疫がない女子大の女性を集めている場合があります。

オールラウンドサークル

「楽しいことはなんでもするよ!」というサークルです。「ゴールデンウィークにはBBQをして、夏には海に行って、冬にはスノボに行くよ!」というのが定番のフレーズです。

一見楽しそうですが、オールラウンドサークル以外でもそれくらいのことはしています。結局なにをする団体なのか不明瞭で、お酒を飲んでいるだけの飲みサーという可能性があります。何を主軸に置いている団体なのか、しっかりと見極めましょう。

やたらとコネを強調する

就職活動は誰でも気になるものですから、将来を見据えて一年生のころから精力的に活動する人もいます。そんな人にやたらと就職に有利そうなコネをちらつかせる人や団体は、活動自体の実態がない場合もあります。

すごい人には機会さえあれば誰でも会えますが、すごい人になれるのはすごいことをしている人です。自分が成長できる活動をしているサークルかかどうか、しっかりと見極めたいところですね。

WEBサイトがない

今は誰でも簡単にWEBサイトが持てる時代です。WEBサイトがあるとどんな活動をしているのか簡単にわかります。もちろんWEBサイトがない=危険なサークル、というわけではありませんが、WEBサイトがあったほうが自分に合っているサークルかどうか判断しやすいはずです。

危ないサークルを新歓コンパで見極める方法

サークルの雰囲気が一番よく分かるのが、新歓コンパです。実際に所属している人がどんな人たちなのか、見極めるチャンスなので、雰囲気にのまれずに周囲を観察してみましょう。

イッキコール

お酒を飲み慣れている人でも、一気飲みをするとすぐに酔いが回ります。飲み慣れていない人ならなおさらですよね。

体質的にお酒を受け付けない人が無理やり飲まされたり、その場の雰囲気から断れずに飲んでしまうと、最悪の場合、死に至ります。

せっかく大学に入ったのに、そんな理由で命を失うなんてバカげています。一気飲みするようにはやし立てるイッキコールがそこかしこで聞こえるようなサークルは、避けるべきでしょう。

一年生にお酒を強要する

一年生の多くは未成年です。未成年にお酒を強要するようなサークルは避けるべきでしょう。

また、一年生が未成年でなかったとしても、相手のペースを無視してお酒を飲ませてくるようなサークルは、いいサークルとはいえません。

ボディータッチの激しい男がいる

一年生の女性は男性から狙われやすい傾向があります。お酒の席に不慣れで警戒心が薄いところにつけこんで、よからぬことを考えている男性も多いです。「お酒に酔って」というのはセクハラを正当化する常套句です。

また、連絡先をやたらと聞いてくる男性がいる場合も要注意です。そういったことが平然と行われ、それをとがめる人がいないサークルは、ヤリサーの危険性があります。

性格などに偏りがある

いろいろな個性を持った人が仲良くしているかどうかというのは、楽しいサークルを見極める一つの基準になります。ちょっと人見知りな人でも楽しく活動できるのは、個々の個性を認め合っているサークルです。

一方で、明らかに似たような性質の人が集まっているサークルは、そのサークルの色になじめない人を排除する傾向があります。新歓コンパで雰囲気を見て、なじめなそうだと思ったら、離れてしまうのが一番かもしれません。

評判が悪い

新歓の時期は色々なサークルに顔を出してみるのが一番です。そんな中でちょっと気になるサークルがあれば、他のサークルの新歓コンパで話を聞いてみるといいかもしれません。

どこのサークルも自分たちのサークルに入ってほしいので、手放しで褒めるようなことは少ないと思いますが、口をそろえて危ないといわれるようなら、本当に危ないサークルの可能性が高いです。

入ってから気づく危ないサークル

入るまではいい雰囲気でも、入ってから一年生の扱いがガラッと変わるサークルもあります。

唐突に対応が変わる新歓合宿

新歓コンパでは、多くのサークルが穏やかな雰囲気で新入生をサークルに入れようとします。しかし、手続きも済ませてサークルの仲間入りをした途端に飲み会が激しくなるサークルもあります。

新歓合宿はだいたいゴールデンウィークに行われます。そこまでを一つの新歓期間として考えておいたほうがいいかもしれません。新歓合宿後の扱いに疑問を感じたら、すぐにサークルを離れるようにしましょう。

宗教の勧誘が始まる

サークルを入り口に宗教の勧誘をしている場合もあります。最初のうちは普通のサークルと見分けがつかない場合が多いですが、そっと呼び出されて「君だけに話したいことがある」と親密さを演出しながら新興宗教の勧誘をされてしまう場合があります。

サークルを隠れ蓑にしている宗教団体は、怪しい活動をしていることもあるので要注意です。

そもそも活動していない

テニスサークルなのに、テニスをしていないサークルがたまにあります。そういうサークルはお酒を高い頻度で飲んでいて、また飲み方も過激なことが多い典型的な飲みサーです。

もちろん、お酒が好きな人にとっては楽しいかもしれませんが、本当にやりたかったことができずにお酒だけを飲むことになるかもしれません。時間を有意義に使うためにも、そのサークルに居続けていいのかは再度考えてみましょう。

「なんで飲み会こないの?おかしいじゃん」メールが来る

飲み会は友達を増やしたり、先輩後輩が交流する機会でもありますが、飲み会の優先度は人によってまちまちです。

サークルの活動を絶対に優先しようとするサークル至上主義の人が多いと、息苦しく感じてしまいます。あらかじめ知ることは難しいですが、サークルは息苦しさを感じてまで続けるものではありません。

「スピリタス」というお酒が登場する

ビールやサワーのアルコール度数は3~5%です。ワインやウィスキーでも15~30%が一般的です。しかし、スピリタスというお酒はアルコール度数90%超えというモンスター。

ニュースにもなるほどの事件を起こしたサークルでは、このスピリタスをサワーなどに混ぜて女性に飲ませていたこともあるそうです。いきなりサワーのアルコールをきつく感じたり、苦味を感じたりしたら、飲むのをやめたほうがいいでしょう。

スピリタスは本来、水で割ったり果実酒を作るために使われるお酒です。ストレートで飲めば喉がやけどすることもあります。正しい飲み方以外で飲むのはやめましょう。

サークルを見極めて楽しい大学生活を!

危険なサークルもありますが、もちろん健全なサークルもたくさんあります。サークルは今までとは違った活動を楽しんで、自分の交友範囲などを一気に広げるチャンスの場でもあります。

最初のうちはいくつかのサークルを掛け持ちして、自分に合うサークルを探してみるといいかもしれません。どんなサークルが自分に合うかというのは、一度入ってみないとわからないものです。それに、サークルを掛け持ちすると危ないサークルから抜け出しやすくなります。

新歓などを活用して、自分にあったサークルを探してください!

(image by amanaimages1 2 3 4 5

この記事で使われている画像一覧

  • 580d65e4 8ef9 42e3 a06c 5077e97d2526
  • 852ae342 168b 42f8 a1bd bbae3638e16e
  • 12e48289 a9ff 43c5 95be b150d03d92ed
  • 909df03c 4b13 446d 8cf7 619697ee259c
  • 049f0c41 9b37 42e2 ac40 c70baa3c8f02

本記事は、2015年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る