生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「社是」と「社訓」はどう違う? ちょっと細かい意味と違い

「社是」と「社訓」はどう違う? ちょっと細かい意味と違い

2015年03月26日作成

 views

学校にも教育理念があるように、会社にもその理念や方針を示す「社是」や「社訓」というものがあります。

すべての企業にこういったものがあるわけではありませんが、やはり明文化された方針があると会社の意志が社員に浸透しやすいのでしょうか。売上高が高い企業ほど「社是」「社訓」などの方針を持つ割合も高いということが宮田矢八郎さんの『収益結晶化理論』に書かれています。

ところでこの「社是」と「社訓」、いったい何が違うのかご存じですか?今回は「社是」と「社訓」の意味とちょっと細かい違いを説明したいと思います。

「社是」とは

「社是」の「是」という漢字には、正しいこと、道理にかなっていること、という意味を表します。つまり「社是」とは会社にとって正しいとされることを意味します。

それでは、実際に企業で掲げられている社是をいくつか見てみましょう。

京セラ株式会社の社是

「敬天愛人」
常に公正明大 謙虚な心で 仕事にあたり 天を敬い 人を愛し 仕事を愛し 会社を愛し 国を愛する心
出典:京セラグループ

「敬天愛人」とは天を敬い、人を愛すること。

京セラの創業者である稲盛和夫さんが影響を受けたという、出身地鹿児島の英傑・西郷隆盛の信条から取ったそうです。

人、会社、社会を思い、何事にも愛を持って取り組むことが正しいという思いが込められているというわけですね。

株式会社日本経済新聞社の社是

「中正公平、わが国民生活の基礎たる経済の平和的民主的発展を期す」
出典:日本経済新聞社

こちらは、日本経済新聞の社是です。

意見が偏ることなく、公平な言論を通じて国民の経済と民主主義の発展に貢献することを基本理念としていることから、この社是が企業の是とする考えであることが伺えます。

「社訓」とは

「社訓」の「訓」という漢字には、教え、という意味を表します。つまり「社訓」とは、会社が示す従業員はこうあるべきという教えのことのようです。

それでは、実際に企業で掲げられている社訓をいくつか見てみましょう。

株式会社リクルートホールディングスの旧・社訓

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」
出典:GLOBIS知見録

情報サービス会社、リクルートの創業者である江副浩正さんによる言葉です。現在では正式な社訓ではありませんが、今でもこの社訓を大切にしているベテラン社員やOBがいるとか。

「機会をただ待っているのではなく、自ら動いて機会を創りだし、その機会を成長の糧とせよ」というこの社訓。「社是」のような会社としての正しさというよりも、従業員への教えの意味合いを強く感じさせます。

株式会社電通 

電通の社訓「鬼十則」
1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。
出典:吉田秀雄記念事業財団

こちらは大手広告代理店、電通の4代目社長である吉田秀雄が1951年につくった「鬼十則」と呼ばれる社訓です。

その名の通り厳しい言葉が並べられており、「君」という言葉からもやはりこうあるべきという、社員へ向けた教えというニュアンスを含んでいます。

どちらも会社の理想へ向かうためのもの

両者を比較してみると、「社是」は会社が正しい、是とする行動や考えのこと。いわゆる企業理念のようなもので、「社訓」は社員への教えであり、行動指針のようなものと言えそうですね。

とはいえ、どちらもその延長線上に「こうありたい」という企業の理想があります。社員としては、自分の働く企業の社是と社訓を知って、会社と自分の成長につなげていきたいものですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 70e3e673 2b7c 4b30 ba34 07da80137437

本記事は、2015年03月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る