生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 『イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密』で注目のアラン・チューリングの経歴をまとめてみた

『イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密』で注目のアラン・チューリングの経歴をまとめてみた

2015年03月25日作成

 views

第87回アカデミー賞脚本賞を受賞し、8部門にノミネートされた映画『イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密』。実在した数学者、アラン・チューリングにスポットを当てた作品ですが、一体彼はどういう人物なのでしょうか?

そこで今回は、アラン・チューリングの功績をまとめてみました。

チューリングの経歴

1912年、ロンドンに生まれたアラン・チューリング。数学者として活躍しつつ、第二次世界大戦中にはドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読したとして知られています。

さらに、アラン・チューリングの功績として外せないのが、「コンピューター」の仕組みの元をつくったことです。コンピューターの仕組みに関しては実に様々な功績を残していますが、特筆すべきは主にふたつ。

計算機のもととなった「チューリングマシン」

ひとつめは、機械による計算の理論を提唱した「チューリングマシン」。これは、「無限の長さのあるテープ」「情報を読み書きするヘッド」「情報を記憶するメモリ」の3つのパーツから作られています。ヘッドが情報を読み込むと、その情報の組み合わせにより、テープへ情報を書き込んだり、読み込むテープをヘッドが動くことで変えたりします。

現在の計算機の動きは、「チューリングマシン」の原理をベースにしたものとされています。

「人工知能」の定義化

アラン・チューリングはまた、「人工知能」に対して深い興味を抱いていたといいます。そこで、「何ができたら『人工知能』として認められるか」を考えたときに提唱したのは次のテストでした。

  • 実験対象者に対して、計算機またはタイプライター(機械)、あるいは人と会話をさせる
  • 会話をしたのが機械か、人間かを実験対象者に判断してもらう

アラン・チューリングは、これで実験対象者が、機械と人を区別できないのであれば、それが「人工知能」だと主張しました。これは「チューリングテスト」と名付けられ、今なお「人工知能研究」において役立てられているそうです。

映画ではどういう風に描かれている?

映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』では、アラン・チューリングが第二次世界大戦中にドイツ軍の暗号「エニグマ」を解読するまでの流れと、その後の人生についてスポットを当てています。

序盤では、天才だからこそ周囲から孤立しているアラン・チューリングが「エニグマ」を解読するために奇天烈な機械を作り、周囲から訝しげな目を向けられます。しかし、話が進むに連れて、徐々に仲間を得て、暗号を解読させます。

戦争の収束に一役かった人物ですから、その後も英雄的な扱いを受けるのかと思いきや、その後は事態は思わぬ方向に進んでいくのです。

アラン・チューリングはどうなってしまうのか?その結末はぜひ、映画をご覧ください。

画像を表示

<公式>映画『イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密』オフィシャルサイト|大ヒット上映中

ベネディクト・カンバーバッチが、世界最強の暗号解読に挑む!第二次世界大戦時、解読不可能と言われたドイツ軍の暗号<エニグマ>に挑んだ、天才数学者アラン・チューリング。英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の秘密と数奇な人生とは――?!

imitationgame.gaga.ne.jp

パソコンに天才数学者を想う

私たちが普段なにげなく使っているコンピューターは、アラン・チューリングがいないと生まれなかったかもしれません。そう考えていると、普段見ているパソコンの画面に、アラン・チューリングの姿が思い浮かぶ…かもしれませんね。

(image by 足成)

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • C401d30b bad0 4998 940d 094bec64e123

本記事は、2015年03月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る