生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. これでおさらば!完全版「場所別」カビ対策

これでおさらば!完全版「場所別」カビ対策

2015年03月23日作成

 views

カビの主な原因は湿気。カビ除去の基本は部屋の湿気を減らし乾燥させること。浴室やキッチンの換気扇を回したり、窓を開けたりと、こまめな換気予防を心がけます。

さて、とはいえ場所や時期によってはそうした基本の対策だけでは事足りなくなってしまうのも事実。そこでこの記事では、浴室・洗濯機・窓まわり・その他箇所の場所ごとにカビ対策のやり方をまとめました。

カビ取りは「春」から始めましょう!湿気の多い梅雨に入ってからでは手遅れになってしまうことも……。

目次

浴室のカビ対策

お風呂場は家の中でも特にカビが生えやすい場所。掃除すべき場所を細かく分けてご説明します。

1:天井・壁・床

お風呂場掃除の基本は、高いところから掃除をしていくこと。「天井→床→壁」の順番にきれいにしていきましょう!

床や壁は、全体だけでなく目地まで綺麗にしたいところ。細かい部位の掃除にはスポンジの他に、使わなくなった歯ブラシやメラミンスポンジを用意するといいですよ。

メラミンスポンジは樹脂加工のプラスチック製品などに使うと、その製品に小さい傷を付けてしまうことがあります。まずは目立たない箇所で試してみることをおすすめします。

2:浴槽

浴槽にはカビの原因となる汚れや湿気が溜まりがちです。お風呂を入れる前にきれいにするのはもちろん、お湯を落としたあとの掃除が効果的です!また、浴槽に傷が付かないスポンジを選ぶことも大切です。

3:ドアまわり

意外と掃除を忘れがちなのがドアパッキン。長いあいだ放置してしまったカビを除去するには、単にカビ除去剤を付けて洗い流すだけでは足りない場合も。ラップを活用し、除去剤を汚れ箇所に浸透させましょう!

4:窓まわり

窓は浴室に風を運ぶ場所です。窓まわりにカビが生えているとせっかくのカビ対策も無駄になってしまうかも。窓まわりの清潔さを保ち、きれいな空気で換気できるようにしましょう!

5:排水口まわり

カビや雑菌の巣窟である排水口は、言わずもがな綺麗にしておくべき場所ですよね。掃除だけでなく、工夫を入れた予防が大切です。

窓のカビ対策

窓まわりは結露などが原因となってカビが生えやすく、常に掃除リストに入れておくべき箇所です。

1:窓ガラス

窓ガラスが濡れているのに気付いたら、ふきんで水気を取る必要があります。定期的に除菌スプレーを使った掃除もしておきたいところです。

2:窓まわり

窓冊子やゴム部分、カーテンなど、見逃しがちな部分も多いので気をつけましょう!

洗濯機のカビ対策

「洗った服にカビが生えていた!」なんて経験はございませんか?洗濯機の中にもカビは潜んでいます。定期的に酸素系漂白剤を使い、汚れを取り除きましょう。

洗濯機の汚れをごっそり取ったあとは、汚れにくくする工夫を!毎日のちょっとした予防がカビ除去につながります。

その他のカビ対策

押入れやキッチン、家具の裏側などカビ対策をすべき箇所はいくつもあって困ってしまいますよね。毎日大掃除をするわけにはいかないので、家具の配置や予防に力をいれることをおすすめします。

こまめな掃除が大切と言うけれど……

カビ対策を場所別にご紹介しましたが、多くの方がそうであるように、なかなかこまめな掃除まで手が回らないという方がほとんどですよね。

まずは「帰ってきたら短時間でも窓をあける」「家にいないあいだは換気扇をまわしておく」など、かんたんにできることから始めてみるのがおすすめ。一気にやろうとするのではなく、週ごとに掃除場所を分けてもいいかもしれません。

カビ対策関連レシピ

(image by PIXTA)
(ライター:びすたゆうじ)

この記事で使われている画像一覧

  • F9b861e7 ac43 4523 86a3 4130555cd9f8

本記事は、2015年03月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る